2限目 無線LANで校内どこでもICT化

2限目/無線LANで校内どこでもICT化

導入のポイント/無線LAN

ICT学習の主流はタブレットPC。校内どこでもネットワークにつながる無線LAN環境が必須!

(1) ネットワークにつながる無線LAN環境が必要な
タブレットPCを、いつでもどこでも活用できる。
(2) 無線LANならケーブルの取り回し不要で配線がすっきり。
配線による生徒の転倒の心配もなく安心。
(3) アイオーの無線LANシステムなら、既存のLAN配線を利用。
追加の電源工事(壁内工事)不要で、無線LAN環境を整備。
校内どこでもタブレットPC活用で、授業はより多彩にわかりやすく。生徒の好奇心向上に役立ち、先生の校務もスムーズ。

校内どこでも

廊下など移動中も無線LANが途切れることなく、どこでもネットワークにつながる環境を実現。

廊下など移動中も無線LANが途切れることなく、どこでもネットワークにつながる環境を実現。

普通教室

先生と生徒一人一台タブレットPCを使う多人数での同時使用にも安定したネットワーク接続。

先生と生徒一人一台タブレットPCを使う多人数での同時使用にも安定したネットワーク接続。

多目的室・図書室

無線LAN環境だからタブレットPC、ノートPCでのインターネットによる調べものも自在。

無線LAN環境だからタブレットPC、ノートPCでのインターネットによる調べものも自在。

階をまたぐ接続にも

無線LANの中継器としても使用できるため、LAN配線設備が1フロアにしかない場合も他のフロアでの通信が可能に。

無線LANの中継器としても使用できるため、LAN配線設備が1フロアにしかない場合も他のフロアでの通信が可能に。

今回使用した商品情報

無線LANアクセスポイント

新規導入にも既存のネットワーク環境への増設も柔軟に対応!

無線LANアクセスポイント WHG-NAPG/A

商品詳細ページ

●IEEE802.11nに準拠し、2.4GHzと5GHzの同時使用が可能。
●学校で望まれるポートセパレーター機能に対応。
●VLAN、IEEE802.1dスパニングツリーといった高度な機能や
IEEE802.1x/EAP認証の高度な暗号化にも対応した安心のセキュリティ機能。
●LANケーブルで電源供給できるPoE対応だから、設置場所は壁面・天井取り付けも可能。
※PoE給電に対応したHUBもしくはPoE給電装置が必要です。

PoE給電装置

電源を気にせず無線アクセスポイントを
設置できる

PoE給電装置 POE-PS1F

商品詳細ページ

●LANケーブル一本でデータの送受信と、最大15.4Wまで電源供給を同時に行う、
IEEE802.3af /at(Type1)対応PoE装置。

【PoEとは】Power over Ethernet の頭文字をとった略語で、イーサーネットの通信ケーブルを利用して電源を供給する技術のこと。
電源を得ることが困難な場所に配置された機器に電力を供給して動作させることできます。

PoE給電装置使用イメージ

安心ポイント

安心ポイント

先生と生徒の無線通信を切り分ける、安心のセキュリティ。

無線LANは便利だけどセキュリティが心配…という先生も多いのでは? ポートセパレーター機能で、成績や住所録などの個人情報を誰でも閲覧できないように、先生のネットワークと生徒のネットワークをグルーピングして切り分け、セキュリティを高めることができます。

無線LAN環境調査サービス

無線LAN環境調査サービスイメージ

電波環境調査(オプション) ヒートマップ
1.電波環境調査(オプション)
専用機器を用いて、無線LANアクセスポイントの必要台数、最適な設置場所、混信しにくいチャンネル番号を報告。
2.ヒートマップ
無線LAN電波の強度を、調査エリアをくまなく歩き回り測定することで、見取り図に色分けしてヒートマップを作成。

学校の環境を調査して、無線LAN導入時・使用時の問題点を事前解決!

アイ・オーのスタッフがお客様の環境を調査し、導入前の機器選定や、設定から導入後のトラブル原因の発見までお手伝いする有償サービスです。

◎無線LANアクセスポイントの
最適設置スポットをチェック!

無線LANアクセスポイントを複数設置する際に、混信せずにエリア全体をカバーできる設置場所を把握するのは困難です。事前調査により最適な設置場所を割り出します。

◎適したチャンネルをチェック!

正しい無線LANのチャンネル設定には、専門知識が必要です。

◎調査完了後に調査報告書を提出します。

調査報告書

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】