NASのセキュリティ対策で情報漏えいから会社を守る

不正アクセスやウイルス感染など、企業における情報漏えいリスクはさまざまです。一方で、マイナンバー制度が開始されたこともあり、企業には従来よりも厳格な情報管理が求められています。会社の重要なデータを預かる機器として、NASのセキュリティ対策も見直しましょう。

ウイルス対策編貴社のNASは放置したままになっていませんか?

case1

そもそもNASのウイルス対策方法がわからない

図:NASのウイルス対策方法がわからない

case2

NASの管理にまで手が回らず放置していた

図:NASの管理を放置していた

case3

セキュリティソフトの導入やパターンファイル更新が面倒

図:セキュリティソフトの導入やパターンファイル更新が面倒

↓

NASがウイルスの媒介となって
社内に蔓延!

NASは多くの社員が共有するストレージです。そのためNASにウイルスが混入すると、被害が拡大するリスクがあります。

図:ウイルス被害が拡大

↓

防ぐ大切な情報の漏えいを未然に防げる

NASにウイルス対策機能を搭載することで、ウイルスの侵入をリアルタイムで監視します。万が一ウイルス対策の不十分なパソコンをネットワークに接続し、ウイルス感染したファイルをNASに転送した場合も、ファイルを隔離もしくは駆除し、NASを介したウイルスの蔓延を防ぎます。

図:漏えいを未然に防く

選べるラインアップ

「ESET File Security」と「Trend Micro NAS Security」の2つのウイルス対策ライセンスをご用意しお好みでお選びいただけます。

Trend Micro NAS Security ESET Security
LANDISK H ◎ ○
LANDISK XR ◎ ―
  • ◎:追加ライセンス及びインストール済みモデル有り
  • ○:追加ライセンスのみ

必要に応じてウイルス対策ライセンスを購入できる

インストール済みモデル

追加ライセンス

手間もかからず安心して導入可能!
ウイルス対策機能をもたないNASに後から機能追加できます。

  • ※Trend Micro NAS Securityのみ

図:ウイルス対策機能をもたないNASに後から機能追加できます

延長できるライセンス

ウイルス対策機能のライセンス期間を1年単位で延長できます。
「ESET File Security」は最長6年まで、「Trend Micro NAS Security」は最長5年まで可能です。

図:ウイルス対策機能のライセンス期間を1年単位で延長できます

新種のウイルスもブロックできる

「ESET File Security」は、ウイルスに特徴的な挙動を見て未知のウイルスでも判別できる高度な検出システム「ヒューリスティック技術」を搭載。パターンファイル照合だけでは防ぎきれない新種や亜種のウイルスなどにも対応が可能です。

図:新種のウイルスもブロックできる

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】