究極の音へ──“信頼”という名のブランド

お問い合わせ

機能(Function)

Network Audio Server

HFAS1-X・HFAS1

オーディオユーザーを真に考えた各種機能

fidata

ネットワークオーディオサーバーTOP 筐体(Chassis) ストレージ(Storage) 回路設計(Circuit Design)/電源(Power Supply) 機能(Function) 仕様(Specification)

サーバー機能

DLNA認証取得

DLNA(Digital Living Network Alliance)は、AV家電をはじめ、パソコンやスマホ、タブレット端末など、
機器やメーカーを問わず、LANを通じて音楽や映像などをやりとりできるようにするためのガイドラインです。
HFAS1に保存した音楽データは、有線/無線LANでつながった複数のDLNA対応の機器で再生可能です。
例えばリビングにあるHFAS1に保存した音楽ファイルを、
他の部屋にあるネットワークオーディオプレーヤーで聴く、といった楽しみ方もできます。

img/DLNA

カスタマイズしたTwonky Server7でさらに使いやすく

楽曲データの管理・送信・配信を担うソフトウェアには、
デファクト・スタンダードとして広く普及しているTwonky Server7を採用。
様々なメーカーのネットワークプレーヤーとの互換性も高く、使いやすさに定評があります。
大量の楽曲データをきめ細かくソートできるナビゲーションツリー機能を備え、高解像度のアルバムアート表示を可能にするなど機能も充実。
HFAS1ではさらに、楽曲やアーティスト名を正しく表示し、楽曲もアルバムの曲順通りに表示できるようカスタマイズ。
CDなどディスクメディア時代では考えられなかった使い勝手の良さと、スケーラビリティを提供します。

さまざまな方法で楽曲の検索ができるメディアサーバー「Twonky Server」

《 目的の楽曲が簡単に見つけられる豊富な分類 》
  • ・フォルダー
  • ・最近追加された曲
  • ・アーティスト
  • ・アーティストインデックス
  • ・アルバム
  • ・アルバムインデックス
  • ・作曲者
  • ・フォーマット
  • ・日付
  • ・アーティスト/アルバム
  • ・ジャンル/アルバム
  • ・ジャンル/アーティスト/アルバム
  • ・ジャンル/楽曲
  • ・プレイリスト
  • ・パーソナルレーディング
  • ・全てのミュージック
  • ・タイトルインデックス

wav・flacに加え、dsdもサポート

Twonky Server7から、32bit 384kHzまでのPCM(wav)やFLAC(flac)方式に加え、
最大11.2MHzのDSD(dff・dsf)方式のファイル形式への対応もできるようになりました。※2015年9月現在

標準設定で高解像度アルバムアート表示

オーディオ用途を前提として設計し、標準で高解像度のアルバムアート配信に設定。
動作確認済の対応機器(※)であれば難しい設定なしで美しいアルバムアートをお楽しみいただけます。
※最新のファームウェアにアップデートが必要な場合があります。

一般的な低解像度表示

高解像度表示

e-onkyo musicからの自動ダウンロード機能搭載

ハイレゾ音源を購入できるサイト「e-onkyo music」と連携。
例えば外出先でスマホを通じて購入した楽曲を自宅にあるHFAS1に自動ダウンロードできる機能など、
設定を済ませていればスマホやタブレットなどパソコンに頼ることなく、誰でも手軽にハイレゾ音源を入手できます。

img/e-onkyo music

シンプル&スマート、誰でも簡単にセットアップ

セットアップは、HFAS1をネットワークオーディオプレーヤー、ルーターとLANケーブルで接続するだけ。
さらに設定操作を行う場合は、管理ソフトである「Magical Finder」をパソコンやタブレット、スマホにインストールして実行。
対話形式の画面にしたがって機器を選択することで、設定操作画面にアクセスできます。
e-onkyo musicからの楽曲購入、自動ダウンロードなどを設定できます。

img/設定操作画面

AC側からの電源断にも対応

HFAS1では、システムのキャッシュデータを随時ドライブに解放しているので、
データ書き込み中以外の突然の電源断の場合にも、システムおよび音源データが破損・損傷することはありません。
他のオーディオ機器同様の感覚で電源断を行うことができます。

img/本体正面

USB-DACプレーヤー機能

OpenHome Media対応。高いユーザビリティを提供するfidata USB-DACプレーヤー

img/USB-DAC

USB Audio Class 2.0対応

一般的なUSB Audio Class 2.0に対応したUSB-DACをUSBポートに接続するだけで自動認識。
HFAS1がネットワークオーディオプレーヤーとして動作します。

USB-DAC接続動作確認済機器・アプリ一覧

Network Renderer機能

HFAS1のプレーヤー機能はOpenHomeとDMRの2つのモードを備え、
設定画面上でモードを切り替えることができます。

OpenHomeモード
OpenHome Mediaに対応したコントローラーアプリが利用できます。
DMRモード
DLNA互換のDMC(Digital Media Controller)アプリが利用できます。

MQA出力

MQAフォーマットで保存されたWAV、FLACの出力が可能です。
MQA対応USB-DACでMQAも再生ができます。

PCM出力

16bit/24bit および 32bit float/integerのPCMデータ出力に対応し、
サンプリングレートは、最大384kHzまで対応します。
.wav .aiff .flac .m4a(Apple lossless)といった各種音声フォーマットを劣化させることなく、PCM形式にて出力します。
※再生性能はUSB-DACに依存します

DSD出力

DoP(DSD Audio over PCM Flames)によるDSDネイティブ出力に対応。
DSDの2.8MHz/5.6MHz/11.2MHz出力に対応します。
.dsf .dff のDSD音声フォーマットを劣化させることなく、DSD形式にて出力します。
※再生性能はUSB-DACに依存します

On Device Playlist

OpenHomeモードでは、HFAS1側にプレイリストを保持するOn Device Playlistに対応。
再生中にコントローラーアプリを終了しても、HFAS1はプレイリストに従って再生し続けます。

ギャップレス再生

対応アプリケーションと組み合わせることで、曲間を継ぎ目なく再生するギャップレス再生に対応。
ライブ音源など、継ぎ目のない曲間を違和感なく再生することができます。

※対応ファイル形式は .wav .aiff .m4a(alac) .flac .dsf .dffとなります
※ファイル形式、量子ビット数、サンプリングレートが同一の曲間のみ

CDリッピング機能

fidata CDリッピング

「fidata CDリッピング」は、音楽CDをパソコンなしでHFAS1に取り込む機能です。
本機にUSB外付DVD/Blu-rayドライブを接続することでご利用いただけます。
ボタンひとつ押すだけのシンプル操作で、楽曲情報・アルバムアートを自動取得する利便性と、
ビットパーフェクトリッピングを両立したこだわりの機能です。

●本体ボタンを押すだけの簡単スタート (自動設定も可能です)
●PCM形式(44.1kHz/16bit)でWAV、FLACのどちらかで保存
●FLAC型式は「無圧縮」をはじめ3段階の圧縮レベルから選択できる
●Gracenote®Music ID®による楽曲情報およびアートワークを自動取得
●楽曲データ比較データベース「AccurateRip™」と連携してビットパーフェクト判定
●判定NGの場合は、自動的にリッピング条件を変更してリトライ
●リッピング完了後、DVD/Blu-rayドライブのトレイを自動排出

img/fidata CDリッピング

※Gracenote®Music ID®およびAccurateRip™のご利用にはインターネット接続が必要です。
※本製品で採用しているAccurateRip™は、英国Illustrate Limited社のCDリッピングデータ照合サービスであり、
将来予告なくサービス提供が終了する場合があります。サービス終了後も、照合機能以外のリッピング機能はご利用頂けます。

CDトランスポート

fidata CDトランスポート

「fidata CDトランスポート」は音楽CDをネットワーク上で共有して、直接再生できる機能です。
USB接続DVD/Blu-rayドライブにセットした音楽CDにGracenote®Music ID®で取得した楽曲情報やアルバムアートを添えて、
ネットワーク配信することで、対応USB-DACやネットワークオーディオプレーヤーでCD再生が楽しめます。

●メディアツリー「フォルダー」配下に「#CD:アルバム名」で表示されます。
●USB-DAC接続およびネットワークプレーヤー接続どちらでも音楽CDを再生できます。
●音楽CDをトラック番号ではなく、楽曲名で選択操作ができます。
●音楽CDをネットワークオーディオと同じコントロールアプリ等で操作することができます。

img/fidata CDトランスポート

※USB-DAC接続での音楽CD再生には、USBハブを併用する必要があります。
※楽曲名の表示(Gracenote®Music ID®)にはインターネット接続が必要です。

Back to TOP