HOME > アイオーファン > はじめよう!ホームネットワーク > パソコンをもっと便利に > パソコンで3Dを楽しもう > 3Dコンテンツを観よう

3Dコンテンツを観よう

さまざまなジャンルやサービスで3Dコンテンツが増えてきています。
これからますます期待される「3D」。それぞれの特長と、必要な機器や環境をご紹介します。

ブルーレイ3D

ブルーレイ3D

映画館で観るような迫力の3D映画を、自宅でも楽しむことができます。さらに、映画館での3D上映には「偏光メガネ方式」を用いることが多いですが、自宅のパソコンで楽しむ際には、画質のよさが特徴の「フレームシーケンシャル方式」を使ったフルハイビジョン画質での視聴も可能。フルハイビジョンで驚愕の3D映像をいつでも楽しむことができます!

必要な機器

必要な機器:基本セット+3D対応ブルーレイディスクドライブ/対応3D方式:フレームシーケンシャル方式(NVIDIA 3D Vision)

基本セットの詳細は3D方式の種類と必要な機器をご確認ください。

3D対応おすすめブルーレイディスクドライブ

このページのトップへ

3Dのゲーム

NVIDIA 3D Visionに対応した3Dゲームを楽しむことができます。ゲームの中の主人公が目の前に迫る、驚きの臨場感を楽しめます。

必要な機器

必要な機器:基本セット+ゲームソフト/対応3D方式:フレームシーケンシャル方式(NVIDIA 3D Vision)

基本セットの詳細は3D方式の種類と必要な機器をご確認ください。

このページのトップへ

テレビの3D番組

テレビで放送される3D番組を楽しむことができます。「スカパー!プレミアムサービス」の3D専門チャンネル「スカチャン3D」や、無料で楽しむことができる「BS11デジタル」など、スポーツやCGアニメ、音楽ライブ、自然・景色、お祭りなど、多種多様な3Dコンテンツを思う存分楽しむことができます。

必要な機器

スカパー!プレミアムサービス 3D専門チャンネル または BS11デジタル

必要な機器:3D対応テレビ・メガネ+スカパーチューナーまたは、HDMI出力に対応したBSデジタルチューナー/対応3D方式:フレームシーケンシャル方式、または偏光方式

さらにHDDに録画も

3D番組も、通常の2D番組と同じように、テレビ用のUSB接続ハードディスクに録画することができます。通常のハードディスクに録画ができない「スカパー!プレミアムサービス」の3D放送「スカチャン3D」についても、DTCP-IP対応のハードディスク「RECBOX」なら録画OK!録画した番組は、いつでも自由に再生して、3Dを楽しむことができます。

テレビ録画用HDD(2D番組、3D番組ともに対応)

AVHD-UQシリーズ

テレビ用USB接続ハードディスク

「AVHD-UQシリーズ」

シャープ「アクオス」、東芝〈レグザ〉からの録画、再生に

スカパー!プレミアムサービス 3Dチャンネル対応HDD

RECBOX(HVL-AVシリーズ)

DTCP-IP対応 録画用HDD

RECBOX(HVL-AVシリーズ)

3Dチャンネルの録画、配信に対応

スカパー!プレミアムサービスをHDDに録画

このページのトップへ

YouTube

YouTubeに掲載されている3D動画を楽しむことができます。3D編集・鑑賞ソフトウェア「PLAY3DPC」を使えば、お手持ちの環境に合わせて3Dを再生できるから、3Dコンテンツの視聴も簡単!YouTubeからダウンロードした3Dコンテンツのファイル名の終わりに「_sh」を書き加え(※)、「PLAY3DPC」の動画鑑賞ソフトで再生するだけ。日々増え続ける1万以上の3Dコンテンツを、いつでも好きなだけ、簡単に楽しむことができます。
※例)xxxx.MP4(変更前ののファイル名)→xxxx_sh.MP4(変更後のファイル名)

必要な機器

必要な機器:基本セット+3D編集・鑑賞ソフトウェア/対応3D方式:フレームシーケンシャル方式(NVIDIA 3D Vision)

基本セットの詳細は3D方式の種類と必要な機器をご確認ください。

このページのトップへ

自分で撮影した3D写真、3D動画

3D対応カメラで撮影した3D写真や3D動画。カメラの背面ディスプレイで楽しむだけでなく、3Dパソコンや3Dテレビの大画面、3D対応のフォトフレームなどに映し出して、家族や友達と3Dの楽しさを共有してみませんか?
3D編集・鑑賞ソフトウェア「PLAY3DPC」を使えば、撮影した3D画像をパソコンや3D対応テレビで再生することができます。さらに、画像の立体感や透明度の調整など、細かな編集が可能。本格的な3Dコンテンツを作りたい方に最適です。

必要な機器

必要な機器:基本セット+3Dカメラ+3D編集・鑑賞ソフトウェア/対応3D方式:フレームシーケンシャル方式(NVIDIA 3D Vision) 偏光方式 アナグリフ方式 裸眼交差法、裸眼平行法

基本セットの詳細は3D方式の種類と必要な機器をご確認ください。

「PLAY3DPC」とあわせて使えるおすすめ機器

3D対応デジタルカメラ

富士フイルム社製 「FinePix REAL 3D カメラ」

富士フイルム社製 「FinePix REAL 3D カメラ」

はじめて撮影する人でも、オートでカンタンに、迫力のある3Dハイビジョン動画を残すことができる3D対応デジタルカメラ。撮影した3D写真・3D動画は、3D編集・鑑賞ソフトウェア「PLAY3DPC」を使って、パソコンで再生したり、より本格的な画像に編集することができます。

3D対応ビューワー

富士フイルム社製 「FinePix REAL 3D V1」

富士フイルム社製 「FinePix REAL 3D V1」

専用の3Dメガネがなくても3D映像が楽しめる、3D対応の8.0型液晶3Dビューワーです。多彩なスライドショー再生を3D/2D映像で楽しむことができます。3D編集・鑑賞ソフトウェア「PLAY3DPC」で作った3D写真や3D動画は、3Dビューワー用にファイル変換が可能。自分で作成した3D映像を、スライドショーで楽しむことができます。

このページのトップへ

I-O FUN アイオーファン

スマートフォン、テレビなどのデジタル家電、PCでホームネットワークを構築して、
みんなの暮らしをもっと楽しくもっと便利にする情報をお届けします。

I-O FUN アイオーファン

I-O DATA

COPYRIGHT©I-O DATA DEVICE,INC.