メンテナンスツールを起動する
 
メンテナンスツールは、データベース、リソースのメンテナンスを行います。
新たに、監視するドライブやフォルダの走査を行い、サムネイルデータを作成します。
いままでのデータは破棄されます。
 
 
 
1 タスクトレイのアイコンを右クリックし、表示されたメニューの[メンテナンスツール起動]をクリックします。
 
 
1 以下のボタンをクリックすると各処理を行います。
 
 
 

現在のデータベースやリソースファイル(サムネイルなど)を破棄し、現在の環境に対応した情報をもとにデータベース、リソースファイルをあらたに作成します。

 
1 [はい]ボタンをクリックします。
 
データサイズによっては再構築に時間がかかります。
  「データベース」&「リソース」の再構築では、再構築時に監視フォルダに設定されていて、接続されている論理ドライブのみを対象とします。
  再構築時ではカテゴリやQuick:FLO上で設定したプロパティ情報すべてを破棄します。
 
 

データベース上で管理しているもので、サムネイルが無いものはサムネイルを作成します。

 
1 [はい]ボタンをクリックします。
 
 
 

監視フォルダ下に既に存在しない動画ファイルの情報及びサムネイルの削除や監視フォルダ下に新たに追加されているファイルのサムネイル作成及び登録などをおこなう。

 
1 [はい]ボタンをクリックします。
 
 
1 表示されたファイルを選択して、削除またはサムネイルの作成を行います。
 
 
 

ドライブラベルの変更を行います。

 
1 変更するドライブを選択して、[変更する]ボタンをクリックし、ラベル名を入力します。
 
 
 

インポートファイルを読み込み、データベースを更新します。インポートは追加分のコンテンツのみ追加します。

 
1 インポートするファイルを選択します。
 
1 インポートするデータにチェックし、[完了]ボタンをクリックします。
映像ファイルもコピーする場合は、[映像ファイルをコピーする]にチェックします。
 
 
 

作成したデータベースの内容をエクスポートします。
異なる環境で、エクスポートしたデータをインポートすれば作成したデータベースのデータをそのまま引き継ぐことができるので、再度サムネイルを作成する時間や各ファイルのプロパティの内容を入力する手間が省けます。

 
1 エクスポートするデータが入っているドライブをチェックし、[次へ]ボタンをクリックします。
 
 
1 エクスポートするフォルダを指定し、[完了]ボタンをクリックします。
映像ファイルもコピーする場合は、[映像ファイルをコピーする]にチェックします。
 
 
 
Copyright (C) 2008 I-O DATA DEVICE,INC. All Rights Reserved.