もっと詳しくチェック!→ http://www.iodata.jp/product/lcd/tp/lcd-ad172f2t/index.htm
2007年11月14日 07-PN200

高品質パネルでより美しく!タッチパネル採用ディスプレイ

【NEW!】抵抗膜方式タッチパネル付17型液晶ディスプレイ
LCD-AD172F2-T   オープン価格
<JANコード:4957180072906>12月上旬出荷予定
LCD - Analog Digital 17 inch model 2 type F2-Touch

液晶ディスプレイ「LCD-AD172F2-T」はタッチパネル機能に対応。直接指先で画面に触れるだけでパソコンの操作が行えます。また、高品質パネル採用により、最大表示色1677万色、コントラスト 800:1を実現。より見やすく表示できるようになりました。


■カンタン操作で誤作動も安心。抵抗膜式タッチパネル採用
  • 直接指先でパネル面に触れるだけでパソコンの操作が行えるので、マウス、キーボード操作に不慣れな方でも安心。PCにタッチパネルドライバソフトをインストールするだけでマウスの代わりにタッチパネルでの操作が可能になります。
  • 異物による誤作動が少ない抵抗膜式パネル採用。手袋をしたままでも反応し、ペン先でも操作できるので様々な用途で使用できます。
■さまざまなシーンでの活用例
    ≪企業・店舗などの受付≫
    お客様への案内表示端末として設置。高価な専用端末を用意する必要がなく、Windowsアプリケーションを使えば円滑な案内が可能です。
    ≪作業現場など≫
    ホコリなどの異物による誤作動が少ないので現場作業などにも設置が可能です。手袋を装着してもいても反応するため、現場での操作性、実用性UPを実現します。ライン管理端末用には最適です。
■高品質パネルでより美しく
    1677万色のファインフルカラーパネル採用。高コントラスト800:1なので、テキストも明るくクッキリ表示できます。応答速度も5msと高速で、動画再生にも威力を発揮します。
■160°広視野角パネル採用
    上下左右は160度の広視野角を実現!見る位置や角度による色調変化が低減され、快適に作業ができます。
■デジタル&アナログ2系統入力
    アナログ入力端子(D-Sub15)に加え、ノイズの影響を受けにくいデジタル入力端子(DVI-D)も装備(ケーブル標準添付)。
J-Mossグリーンマーク、RoHS指令対応 J-Mossグリーンマーク
    地球に優しい製品を目指し、有害物質削減に取り組んで来ました。その結果、欧州RoHS指令に準拠した製品ができました。また日本においてJIS規格『JIS C 0950:電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法、通称J-Moss』のグリーンマーク表示製品とすることができました。

【添付品】

●アナログ接続ケーブル(1.8m) ●デジタル接続ケーブル(2.0m) ●オーディオケーブル(1.8m) ●USBケーブル(1.8m) ●ACケーブル(1.8m) ●ACアダプター(1.5m) ●タッチパネルドライバ(CD-ROM) ●取扱説明書

【タッチパネル】 ●入力方式:抵抗膜方式 ●通信方式:USB1.1 ●透過率:80%(Typ) ●タッチ耐久性:1000万回 ●対応OS:Windows XP/Windows 2000
【仕 様】

パネルタイプ:TFT 17型 ●表示面積:337.9mm×270.3mm ●最大表示解像度:1280×1024 ●画素ピッチ:0.264(H)×0.264(V) ●表示色:1677万色 ●視野角度:上下:160°左右:160° ●最大輝度:240cd/m2 ●コントラスト:800:1 ●応答速度:5ms ●映像入力:アナログRGB D-sub15pin(セパレート同期信号)、デジタルDVI-D ●音声入力:ステレオミニジャック ●スピーカー:1.5W+1.5W(ステレオ) ●定格電圧:AC 100V (ACアダプタより電源供給) ●消費電力:最大時44W、待機時2W ●パワーマネージメント:VESA DPM互換 ●プラグ&プレイ:VESA DDC2B ●チルト角:上: 20°下:5°●外形寸法(W×D×H):384×222×421mm ●質量:7.1kg(梱包時:10kg)

注)TFTカラー液晶パネルは特性として表示面上に黒点(点灯しない点)や輝点(点灯したままの点)がある場合があります。 これは故障あるいは不良ではありません。予めご了承ください。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。
この製品について詳しくはこちら