株式会社アイ・オー・データ機器

地上デジタル

Press Release
08-PR003
2008年4月8日

株式会社アイ・オー・データ機器

アイ・オー・データ、パソコン用 地デジキャプチャボードを市場投入へ

〜 パソコンでハイビジョンを楽しむ3製品をラインアップ 〜


株式会社アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)は、自社開発によるパソコン向け地上デジタル対応TVキャプチャボードの量産体制が整ったことを発表いたします。まずは、いち早くハイビジョン録画環境を構築したいパソコン自作ユーザー向けにPCI Express x1バス接続モデル「GV-MVP/HS」の出荷を予定しています。次いでPCI接続モデルやUSB 2.0接続モデルを順次ラインアップし、デスクトップからノートパソコンまで幅広いユーザーに地デジキャプチャ環境を提供してまいります。

本製品を、お持ちのパソコンに取り付けることで、地上デジタル放送番組をハイビジョン画質のままで録画できます。これまで、著作権保護の観点から、地デジ録画機能が標準搭載されたメーカー製パソコンでのみ利用が可能でしたが、自作パソコンや地デジ録画機能を搭載していないメーカー製パソコンにおいても、本製品を用いることで地デジをそのままの高画質で録画することができます。通常のアナログ放送は、SD画質(解像度:720x480)で、ゴーストとよばれる二重写しにより画質の劣化が発生することがありましたが、地デジにおいては、HD画質(解像度:1440x1080)のままデジタルで録画できることから画質の劣化の心配はありません。

【地上デジタル対応TVキャプチャボード製品写真】

地上デジタル対応TVキャプチャボード製品写真 5年連続シェアNo.1

型番:GV-MVP/HS
インターフェイス:PCI Express x1バス
外形寸法:約125(W)×95.3(H)×14(D)mm
    (スロットカバーおよび突起部含まず)

アイ・オー・データは映像関連部門で5年連続シェアNo.1※1を獲得した周辺機器メーカーです。アナログキャプチャ製品で培った技術を本製品にも活かし、ノイズを極限まで抑える回路設計や、1スロットに収める省スペース基板サイズを実現しました。またアナログキャプチャ製品に添付していた録画・視聴アプリケーション「mAgicTV」をベースに、新たに、地上デジタル放送の特徴であるEPGや字幕、データ放送、双方向サービス※2にも対応した「mAgicTV Digital」を鋭意開発中です。

本製品を投入することにより、映像関連部門 6年連続シェアNo.1を目指します。


※本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※1:株式会社BCN調べ(2003〜2007年の映像関連部門にて)。 ※2:インターネット環境が必要です。

【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】
アイ・オー・データ機器  広報宣伝部 広報課
担当:納富(のうとみ)・武井・毘比野(ひびの)
TEL:03-6859-1054

【本製品に関するお客様の問い合わせ窓口】
インフォメーションデスク
TEL:03-6859-0389 / 06-4705-5544 / 076-260-1024

【会社概要】
株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/


プレスリリース