株式会社アイ・オー・データ機器

Press Release
08-PR011
2008年6月13日

株式会社アイ・オー・データ機器

Microsoft® Windows Vista®のWindows Media Centerに
対応した地デジチューナー
〜3種類のインターフェイスで、OEMニーズに柔軟にお応えする〜

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市 代表取締役社長:細野 昭雄 以下、アイ・オー・データ)は、このたび地上デジタル放送に対応するマイクロソフト株式会社のWindows Vistaに搭載されたWindows Media Center向けの地デジチューナー3製品を開発いたしました。アイ・オー・データは2008年5月より、一般市場向けにフルセグチューナーボード「GV-MVP/Hシリーズ」を投入しておりますが、このたびは、PCI Express Mini Card / PCI Express ×1 / PCIという3種類の接続形態のモジュールをパソコン製造者にOEM提供することで、地デジ録画機能搭載パソコンの普及、さらなる市場拡大に貢献してまいります。

【接続形態別に3種類のモジュールを提供】
PCI Express Mini Card接続型のモジュールは、30 × 51 mmという非常にコンパクトな基板サイズの地上デジタル放送チューナー搭載モジュールです。そのコンパクトサイズを活かし、ノートパソコンから省スペースパソコンにいたるまであらゆるサイズのパソコンへの組み込みが可能となります。また、PCI Express ×1およびPCIは、ほとんどすべてのパソコンで採用されている汎用性の高い拡張用インターフェイスで、主にデスクトップパソコンでの使用を想定しております。地上デジタル放送に対応するWindows Vistaの「Windows Media Center (メディアセンター) 」機能を視聴・録画にそのまま利用できますので、本モジュールの供給を受けたパソコン製造者は、ソフトウェアを独自開発することなく地デジ機能搭載パソコンを構成することができます。

「Windows Media Center」の詳細に関してはマイクロソフト株式会社のホームページをご覧下さい
http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/features/details/mediacenter.mspx
さまざまな接続形式で提供
さまざまな接続形式で提供
「Windows Media Center」の操作画面と番組ガイド
「Windows Media Center」の
操作画面と番組ガイド

【Windows Media Centerについて】
「Windows Media Center」はWindows Vistaに搭載されるマルチメディア統合アプリケーションです。10フィート (約3m) 離れたところからでもリモコンで簡単に操作できる大きなアイコンやメニュー構成でマルチメディアコンテンツを快適に再生・管理することが可能です。従来の「Windows Media Center」においては、アナログ地上波の受信のみ可能でしたが、パソコン製造者にこのたび提供されるWindows Media Center TV Packによって地デジ放送の視聴・録画に対応します。地デジに対応したWindows Vistaは、プリインストールパソコンとして、各メーカーより順次出荷される見込みです。本チューナーモジュールをパソコンに組み込むことで、Windows Vista標準の機能で地デジをお楽しみいただけます。


※:本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】
アイ・オー・データ機器  広報宣伝部 広報課
担当:武井・納富(のうとみ)・毘比野(ひびの)
TEL:03-6859-1054

【本製品に関するお客様の問い合わせ窓口】
インフォメーションデスク
TEL:03-6859-0389 / 06-4705-5544 / 076-260-1024

【会社概要】
株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

プレスリリース