株式会社アイ・オー・データ機器

地上デジタル

Press Release
08-PR012
2008年8月5日

株式会社アイ・オー・データ機器

2波に対応したアイ・オーのTVキャプチャボードをデルが採用
〜地上デジタル放送もアナログ放送も録画できるハイブリッドチューナ搭載〜

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:細野昭雄、以下 アイ・オー・データ)は、 自社で開発した地デジ&アナログ両対応TVキャプチャボードが、デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:ジム・メリット、以下 デル)のデスクトップパソコンに採用されたことを発表いたします。

本製品が採用されたパソコンは、デル製XPS™ 420、XPS™ 630、Inspiron™ 530の3機種となります。お客様の使用条件にあわせてパーツを選ぶBTO(受注生産)パソコンであり、注文時に本製品を選ぶことが可能です。

5年連続シェアNo.1アイ・オー・データはTVキャプチャ市場において5年連続トップシェア※1を獲得しております。 この度は、長年のTVキャプチャ製品の開発で培ったノウハウを活かし地上デジタル放送、 アナログ放送両対応のハイブリッドチューナをデル向けに開発いたしました。

本製品は、地デジをフルハイビジョンの高画質のまま視聴し録画することが可能です。また地デジが受信できない地域であっても、放送開始まで従来のアナログ放送の視聴・録画をお楽しみいただけます。地上デジタル放送への過渡期である今、2011年のアナログ放送停波を見据えた本製品であれば、末永く安心してお使いいただけます。

【特徴】
・ PCI Express x1接続の地上デジタル&アナログ放送対応のTVキャプチャボード。
・ 1チューナで、地上デジタルとアナログ放送の2波に対応したハイブリッドチューナ※2を搭載。
・ 地上デジタル放送をハイビジョン画質で視聴・録画。さらに予約録画・字幕表示・電子番組表・データ放送にも 完全対応。


本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※1:BCN AWARD 映像関連ボード部門 より ※2:地上デジタル放送とアナログ放送は、排他利用となります。

【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】
アイ・オー・データ機器  広報宣伝部 広報宣伝課
担当:納富(のうとみ)・武井・毘比野(ひびの)
TEL:03-6859-1054

【本製品に関するお客様の問い合わせ窓口】
インフォメーションデスク
TEL:03-6859-0389 / 06-4705-5544 / 076-260-1024

【会社概要】
株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

プレスリリース