もっと詳しくチェック!→ http://www.iodata.jp/product/lcd/tv/lcd-dtv222xbr/

2008年10月15日 08-PN173

■気になる地デジ放送をながら見できる、PinP機能搭載
    パソコン作業をしながら、子画面で地デジ視聴も可能。
    (親画面はDVI-D接続画面。子画面は地デジ放送、D5映像、S映像、コンポジットビデオ)
 
 
■液晶保護フィルム(別売)を貼れば、光沢画面に!
    21.5型ワイド対応の液晶ディスプレイ用抗菌保護フィルム「DA-PFG222」を貼れば、液晶画面をキズ・汚れから守り、光沢のある画面に変えることができます。
    21.5型と21.6型のサイズの差は、縦の長さ、横の長さともに1mm以下のため、本製品を21.6型の製品にもご使用いただけます。

【添付品】

●デジタル接続ケーブル(2.0m) ●アンテナケーブル(2.5m) ●オーディオケーブル(1.8m) ●ACケーブル(1.8m) ●B-CASカード ●リモコン ●単4電池×2(動作確認用) ●B-CASカード固定用金具 ●ネジ ●取扱説明書

【仕 様】

●パネルタイプ:TFT 21.6型ワイド ●最大表示解像度:1920×1080 ●表示面積:477.5×268.6mm ●最大表示色:1677万色 ●視野角度(上下:160° 左右:170°) ●最大輝度:300cd/m2 ●コントラスト:1000:1 ●応答速度:5ms ●入力信号:デジタルHDCP対応DVI-D、HDMI×2、D5映像、Sビデオ、コンポジットビデオ、地上デジタルTVアンテナ ●音声入力:ステレオミニジャック φ3.5 ●スピーカー:2.5W+2.5W(ステレオ) ●フォン端子:ステレオミニジャック φ3.5 ●各種調整機能:子画面設定(オン・オフ、入力切換、位置、音声入換)、画面モード(標準、映画、CG、ナイト)、バックライト、コントラスト、色温度(6500K 7200K 9300K ユーザー)、ガンマ(1.8 2.2)、アスペクト比(リアル、ズーム、スマートズーム、レターボックス)、色相(赤、緑、青、シアン、マゼンダ、イエロー)、高音、低音、左右バランス、サラウンド、明るさ、色合い、色の濃さ、シャープネス、節電モード、スムージング、ブロックノイズ除去、ノイズ除去、三次元Y/C(オフ、固定、自動)、チャンネル設定、ボーダー色、プライオリティ、ブルースクリーン(オン・オフ)、オールリセット、入力切替、ボリューム、ミュート ●定格電圧:AC 100V 50/60Hz ●消費電力:最大時:70W、通常使用時:TV表示 60W/PC表示 50W ※弊社実測値、待機時:7.2W ※節電モードON時 ●外形寸法(W×D×H):522×215×411mm ●質量:6.6kg(梱包時:8.6kg) ●チルト角:上: 20°下:5° ●各種規格:RoHS指令準拠、J-Moss、PSE、S-mark ●3年間(液晶パネル・バックライトは1年)

地上デジタル
チューナー機能
放送種類 地上デジタルテレビジョン放送
受信チャンネル UHF 13ch〜62ch
CATV 1ch〜63ch
HD(ハイビジョン)対応
CATVパススルー対応
字幕放送
EPG(電子番組表)
番組視聴予約(オンタイマー)
データ放送 ×
双方向(データ放送)サービス ×
放送波のエリア内であっても、建物や地形により電波がさえぎられる場合や電波の受信状況によっては、視聴いただけない場合もあります。
地上デジタル放送受信に関して
地上デジタル放送を受信するには、地上デジタル放送に対応したUHFアンテナやブースター、混合器などが必要になる場合があります。
本機には録画機能はございません。
⇒ニュースのTOPページへ

TruSurround XT、SRS と (●)記号はSRS Labs,Inc. の商標です。TruSurround XTはSRS Labs, Inc.からのライセンスに基づき製品化されています。
HDMI、HDMIロゴ及びHigh-Definition Multimedia InterfaceはHDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。
このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。
この製品について詳しくはこちら