I-O PRODUCTS NEWS
もっと詳しくチェック!→ http://www.iodata.jp/product/lcd/wide/lcd-usb7x/
2009年2月12日 09-PN018

USBケーブル1本で、どこでもマルチディスプレイ!

【NEW!】WVGA(800×480) USB 2.0接続7型ワイド液晶ディスプレイ
LCD-USB7Xシリーズ
ホワイト LCD-USB7XW オ−プン価格
<JANコード:4957180080505> 3月下旬出荷予定
ブラック LCD-USB7XB オ−プン価格
<JANコード:4957180080512> 3月中旬出荷予定
LCD-USBバスパワー接続 7型 モデルX White/Black

ケーブル1本でバスパワー駆動&自動ドライバインストール
  • USBケーブルを挿すだけ接続は、USBケーブル1本をパソコンにつなげばOK。バスパワー駆動なので、ACアダプターは不要です。さらに自動的にドライバがUSB経由でインストールされますのでCDドライブを用意する必要はなく、ネットブックなどにも最適です。
    ※Mac OS用のドライバは別途Webからのダウンロードが必要となります。また、Windows 2000およびMac OSは手動でのインストールが必要となります。
  • ディスプレイは、マルチディスプレイモード、クローンモードに対応。さらに画面回転機能搭載なので、縦置きでも横置きでも表示できます。
持ち運びに便利な収納式のスタンド付き 横置き&縦置きOK、3段階の角度調節が可能
    ワンタッチで横置き、縦置きの変更ができるスタンドで、3段階の角度調節が可能です。
    さらに、スタンドはすぐに収納できるので、モバイル性も抜群です。
高品質にこだわった“日本製”
    あらゆる場所での使用を想定し、VCCIやJ-Mossに適合するなど、国内生産により「信頼」と「高品質」をお客さまにご提供いたします。
日本基準のJIS規格 J-Moss
■Windows Vista(64ビット/32ビット)&Macにも対応
    Windows Vista(64ビット/32ビット)対応。さらにMac OS X 10.4.8以降、10.5.5以降にも対応。
    機種を選ばず、マルチディスプレイを楽しめます。
    ※Windows XP(64ビット)には非対応。MacはIntel製CPU搭載Macのみ対応。
■例えばこんな使い方 気軽に使えるUSBバスパワーで、様々な使い方
  • メールやチャット、株価情報やRSSなどの表示
  • ワンセグなどの動画を、ながら見再生
  • iTunes®や、Windows Media® Playerなどで、プレイリスト表示
  • お気に入りのガジェットをまとめて表示
  • プレゼンや商談で、必要なものだけ相手に表示
  • サーバー用モニターに
■最大6台同時接続可能 ※Macは最大4台
    店舗などでのインフォメーションディスプレイにも。

【添付品】

●USBケーブル(50cm)、フェライトコア
【対応OS】 ●Windows Vista/Windows XP SP2以降/Windows 2000 Professional SP4 Roll Up1以降 ●Mac OS X 10.4.8以降、10.5.5以降
【仕様】

●パネルタイプ:ノングレア 7型 ワイド ●最大表示解像度:800×480 ●画素ピッチ:0.1905mm(H)×0.1905mm(V) ●表示面積:152.4mm(H)×91.44mm(V) ●視野角 上下:120°左右:140° ※画面横置き時(標準時) ●最大輝度:200cd/m2 ●バックライト:LED ●コントラスト:500:1 ●応答速度:25ms ●入力信号:USB 2.0 ●表示モード:マルチディスプレイ(移動)モード、クローン(ミラー)モード ●画面回転角度:左:90°右:90°/180° ※画面横置き時(標準時) ●外形寸法 (W×D×H):187×21×126mm ●質量:390g ●チルトスタンド角:横置き時:70°/75°/85°、縦置き時:70°/75°/85° ●定格電圧:USBバスパワー ●消費電力:Low:2.1W、Mid:2.5W、Hi:2.9W(調整式) ●盗難防止用ホール付き ●規格:VCCI class B、J-Mossグリーンマーク、RoHS指令準拠 ●USBポート:USB 2.0 ポートを搭載していること


このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。
2009/2/13 OS別ドライバインストールについての注釈を修正
2009/2/17 対応OSを修正

この製品について詳しくはこちら 戻る