株式会社アイ・オー・データ機器

Press Release
09-PR005
2009年5月25日


録画したハイビジョン映像を持ち出そう
〜iVDR再生機「iV Player」をアイ・オー直販サイト「ioPLAZA」から先行発売〜

株式会社アイ・オー・データ機器(以下、アイ・オー・データ)は、iVDR※1に対応したハイビジョンメディアプレーヤー 「iV Player(アイヴィ プレーヤー):iV-P100」を、アイ・オー・データ直販サイト「ioPLAZA(http://www.ioplaza.jp/)」から 5月25日より先行予約を受け付け、6月中旬より発売いたします。なお、先行予約特典として、初回限定100台については、USB接続iVDRリーダー・ライター「USB2-iVDR」をセット販売いたします。

■ハイビジョンメディアプレーヤー「iV Player」について
「iV-P100」外観


製品型番 iV-P100
予約受付 5月25日から
発売時期 6月中旬
価格 オープン価格
ioPLAZA販売価格 \29,800 (税込)

【iVDRに録画した地デジ番組を再生】
 iVポケット搭載の日立のデジタルハイビジョンテレビ「Wooo」は、地デジ/BSデジタル/110度CS等のハイビジョン番組を「iVDR-S」に録画することが可能です。 本製品に「iVDR-S」を挿入すれば、他の居室にある他社製のテレビでも録画したハイビジョン番組を再生し、楽しむことが可能です。

「iVDR-S」外観

【多彩なインターフェイスを搭載】
 ハイビジョン再生可能な映像出力端子HDMIをはじめ、D端子(D1-D4)、コンポジットビデオなど多彩な端子を搭載しており、あらゆるテレビとつないで録画番組をお楽しみいただけます。また、パソコン接続端子USBポートを装備し、iVDRリーダー・ライター※2として、かつ、LANポートも装備しているため、ネットワークメディアプレーヤーとしてもご利用いただけるマルチなプレーヤーです。

【スリムなコンパクトサイズを実現】
 薄さ26mm、A5サイズのコンパクトボディのため、カバンにも無理なく収まり、iVDRメディアだけでなく、プレーヤー本体も一緒に手軽に持ち運べ、録画場所に縛られない新しい楽しみ方を提供します。また、縦置きも可能なため、設置面積も小さく、スペースがあまりないテレビ周りでも、スッキリ設置が行えます。

■「ioPLZA」の先行予約特典について
  先行予約特典として100台限定で、パソコン用のUSB接続iVDRリーダー・ライター「USB2-iVDR[定価:9,800円(税抜)]」を販売価格据え置きでセット販売いたします。「iV-P100」と組み合わせることで「iVDR」の利便性がさらに広がります。

「USB2-iVDR」外観

※本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※1: Information Versatile Disk for Removable usageの略。リムーバブルハードディスクの規格の1つで、録画したコンテンツを外に持ち出し、録画した機器以外の機器で再生することができます。
※2: iVDR-Sに録画した地デジ番組は、パソコンで視聴することはできません。

【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】
アイ・オー・データ機器  広報宣伝部 広報宣伝課
担当:毘比野(ひびの)・渡辺
TEL:03-6859-1054

【本製品に関するお客様の問い合わせ窓口】
インフォメーションデスク
TEL:03-3254-1076 / 076-260-3643

【会社概要】
株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

プレスリリース