株式会社アイ・オー・データ機器

Press Release
09-PR007
2009年6月8日


超小型ボディのモバイルWiMAX対応データ通信カード登場!
〜最新技術で高速モバイル通信を実現〜

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:細野昭雄、以下、アイ・オー・データ)は、UQコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中孝司、以下、UQコミュニケーションズ) が2009年7月1日より本格展開するモバイルWiMAX※1データ通信サービスに対応したデータ通信カードWMX-Uシリーズ「WMX-U01」と、Wi-Fiルーター「WMX-GW02A」の2製品を発表いたします。
これらの製品は、株式会社ネットインデックス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中芳邦)の開発協力のもと、 サービス開始に先駆け、6月下旬より発売いたします。

各製品の主な特長
(1)USB接続型モバイルWiMAXデータ通信カード「WMX-U01」


【「WMX-U01」外観】

「WMX-U01」外観

製品型番

WMX-U01

発売日

6月下旬

価格

オープン価格

本製品は、高速モバイル通信「モバイルWiMAX」に対応した USB接続型のデータ通信カードです。
オートインストールに対応し、パソコンのUSBポートに接続後、簡単な設定をするだけでモバイルWiMAXによる高速モバイル通信が楽しめます。USBコネクタは約180度回転のため、 パソコン接続時の省スペース化を実現しました。また持ち運びを 考慮し、USBコネクタが本体に収納できるキャップレスボディです。

【接続イメージ】接続イメージ

なお、本製品は、UQコミュニケーションズが提供するWiMAXネットワークを採用するMVNO(仮想移動体通信事業者)※2各社に対応しておりますので、ユーザーはお好きなMVNOを選択し使用することができます。

(2)モバイルWiMAX対応 Wi-Fiルーター 「WMX-GW02A」


【「WMX-GW02A」外観】
「WMX-GW02A」外観

製品型番

WMX-GW02A

発売日

6月下旬

価格

15,700円(税別)

【利用イメージ】

利用イメージ

本製品は、データ通信カード「WMX-Uシリーズ」を用いて固定回線のようにご利用いただける、モバイルWiMAX対応Wi-Fiルーターです。
通常パソコン1台でしか使用できないデータ通信カード「WMX-Uシリーズ」を、本製品のUSBポートに接続することにより、有線LAN機器や無線LAN(IEEE802.11b/g)対応のゲーム機など複数の端末で同時にインターネット接続が可能になります。

【今後の展開】

モバイルWiMAXの出現により、高速ブロードバンド環境が屋内から屋外に拡大されました。アイ・オー・データは次世代ネットワーク対応製品を積極的に市場投入することで、あらゆるシーンでのネットワーク機器の提供、楽しみ方を提案し、更なるユビキタス社会の発展に貢献してまいります。


【UQコミュニケーションズからのエンドースメント】

UQコミュニケーションズは、このたび株式会社アイ・オー・データ機器より、モバイルWiMAX対応のデータ通信カードの発表がされたことを心より歓迎します。弊社は、最先端の高速WiMAXネットワークの構築につとめ、貴社と共に真のモバイルブロードバンド通信環境の実現を目指してまいります。

UQコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長 田中 孝司

※本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
「WiMAX」は、WiMAXフォーラムの登録商標です。
「Wi-Fi」は、Wi-Fiアライアンスの登録商標です。
※1: Worldwide Interoperability for Microwave Accessの略。2.5GHz帯を使用する広帯域移動無線アクセスシステム技術のひとつ。
※2: Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略。携帯電話などの移動体回線網を自社では持たず、保有する他の事業者から借りて、独自の通信サービスを行う事業者。

【本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口】
アイ・オー・データ機器  広報宣伝部 広報宣伝課
担当:毘比野(ひびの)・渡辺
TEL:03-6859-1054

【本製品に関するお客様の問い合わせ窓口】
インフォメーションデスク
TEL:03-3254-1076 / 076-260-3643

【会社概要】
株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

プレスリリース