お知らせ 2011年

2011年12月07日 11-NR258

無料で使える!NASクラウド管理機能
「NarSuS(ナーサス)」近日アップデートにてご提供予定!

このエントリーをはてなブックマークに追加

オフィスでのNASの管理をより簡単に、より便利にすべく、ビジネス向けNASクラウド管理機能「NarSuS(ナーサス)」をビジネスNAS「LAN DISK XR/XVシリーズ」に追加します。

「NarSuS(ナーサス)」では、クラウド上で運用に役立つNASの稼働状態の表示や、トラブル時の対処手順の表示など、ビジネスシーンにおけるお客様のNAS運用の管理負担を大きく軽減します。
NASクラウド管理機能「NarSuS(ナーサス)」

NarSuS(ナーサス)とは?

お客様に代わってクラウドサーバーがNASの状態を把握することで、NAS管理者の負担軽減や情報機器の管理が苦手な方でも安心して運用が可能になる機能です。

対象製品:HDL-XRHDL-XVシリーズ 順次、対象製品を拡大していきます。
開始予定:2011年12月12日(月)
※対象製品のファームウェアアップデートが必要です。
※クラウドサーバーの利用料は無料です。

NarSuSのイメージ図

クラウド管理画面で状態を把握

クラウド管理画面で状態を把握

以下のような情報をクラウドの管理画面でご確認いただくことができるほか、各イベント発生時にはメールにてお知らせします。

・RAID、バックアップ設定などシステム、ハードウェアの異常
・NASの温度、FANの回転数、残容量など

トラブル時の対処方法がわかる

RAIDやバックアップの異常時にはクラウド上の管理画面で対処方法を確認し、どなたでも正しい対処を行いNASの運用管理、復旧を行うことが可能です。

例:冷却ファンの交換

トラブルの対処法が確認できる

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・外観・動作環境などが変更されることがあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】