お知らせ 2011年

2011年08月26日 11-NR175

ED-CCVシリーズ管理コンソールがバージョンアップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティUSBメモリー「ED-CCVシリーズ」の管理者ソフトウェア「InterSafe SecureDevice for EasyDisk(型番:SUM-CCV)」がバージョンアップいたします。

本バージョンアップを適用することにより、管理コンソールの細かい使い勝手が向上します。また、SUM-CCVからED-CCVにもバージョンアップを適用すると、コピー制御環境下でのコピー&ペーストの対象範囲設定など、セキュリティ性を保持したまま利便性の向上を実現します。

主な新機能

バージョンアップにより「SUM-CCV」および「ED-CCVシリーズ」の利便性を向上させることができます。

主なバージョンアップ内容

対象 項目 従来バージョン(Version1.5) 新バージョン(Version2.0) 活用ケース、背景
SUM-CCV
(管理コンソール)
ホストPCリセット機能の強化 ホスト(登録)PCリセット時には、内部のデータを保持。 ホスト(登録)PCリセット時に、内部のデータを保持または消去することを選択可能。 管理者側で、データべースの登録情報に影響なく、初期状態へ戻すことが可能です。
例えばED-CCVシリーズ1本を複数人で使用する際に、貸出運用をしやすくなります。
接続中USBメモリーの明示化 現在PCに挿しているUSBメモリーが、管理コンソールリストのどれかを判別することが困難。 現在PCに挿しているUSBメモリーが管理コンソールリストのどれかをワンボタンで判別可能。 管理者が、管理コンソールで認識しているUSBメモリーの情報を簡単に取得できるようになります。
USBメモリーアップデート方法の強化 管理コンソールにて再登録を行うことでUSBメモリーをアップデート。
再登録時にはデータ全消去。
管理コンソールとは別に提供される専用のアップデータでもアップデートが可能。
ホストPC情報や内部のデータは保持。
管理者の下へ一旦回収しなくとも、USBメモリーのアップデートが可能となります。
アップデート後も再登録などの手間がかかりません。
ED-CCVシリーズ
(USBメモリー)
クリップボード制御機能の強化 ゲスト(制限)PC環境下では、クリップボードの利用自体が禁止される。 ゲスト(制限)PC環境下でも、USBメモリー⇒PCのクリップボード利用のみを禁止するよう設定可能。 セキュリティ性を保持したまま、さらに利便性を犠牲にしない仕様が選択できるようになります。

ED-CCVシリーズについて

ED-CCVシリーズはファイルコピーを制御できるセキュリティUSBメモリーです。USBメモリーからのデータ持ち出し、外部のPCからのデータ持ち込みを制限することによって、オフィスや学校内からのデータの漏えいを防ぎます。あわせてパスワードロック・自動暗号化・ウイルスチェック機能を搭載し、盗難・紛失やウイルスなどの脅威にも対策可能です。

ED-CCVシリーズ詳細

ED-CCVシリーズについて

バージョンアップ方法について

本バージョンアップは、既にご導入済みのお客様が対象となります。サポートサービス登録が有効なお客様へはバージョンアップ方法含め、9/1より順次ご連絡させていただきます。
※本製品はサポートサービス登録初年度加入必須の製品となっております。

対応OS ●Windows 7/Windows Vista SP1以降/Windows XP SP3以降

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】