お知らせ 2013年

2013年12月18日 13-NR200

NASのクラウド連携サービスが更に拡充しました。
NTTコミュニケーションズのBizホスティングCloudn(クラウド・エヌ)に新対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

当社NAS製品のHDL-XRシリーズにNTTコミュニケーションズが提供するBizホスティングCloudnサービスの一部であるパブリッククラウドサービス「Cloudn Object Storage」との連携機能に対応しました。

WEBブラウザから設定を行うことで、HDL-XRシリーズの共有フォルダー内と、「Cloudn Object Storage」を同期させることができます。

※あらかじめ、Cloudnのサービスにお申込みされている必要があります。また、1つで500MBを超えるサイズのファイルをアップロードすることはできません。
⇒詳しくは、当社NAS製品ページ(HDL-XRWシリーズ)をご覧ください

Cloudn(クラウド・エヌ)対応でさらに便利になったクラウド連携

当社「HDL-XRシリーズ」で従来よりご好評をいただいておりますクラウドストレージ同期機能にNTTコミュニケーションズが提供するBizホスティング Cloudnサービス 「Cloudn Object Storage」が追加されました。
高い信頼性、拡張性のクラウドストレージとNASを組み合わせて、より一層の安心と安全な業務運用を実現できます。


 
<対応機種>
LAN DISK XRシリーズ
HDL-XR
HDL-XRW
HDL-XR1.0/2D
HDL-XRW/2D
HDL-XR/TM3
HDL-XRW/TM3
HDL-XRW/TM5
HDL-XR2U
HDL-XR2UW
ASD-XR4.0

<Cloudn  Object Storageとは>
Cloudn Object Storageは、NTTコミュニケーションズが提供するBizホスティング Cloudnサービスの一部であるパブリッククラウドストレージサービスです。
大容量データの保管や配信、データバックアップなどで実際に利用するデータ量に応じて従量課金されるコストパフォーマンスに優れ、日々増加するデータも容量上限を気にせず高信頼に保管できる「高い拡張性」と「高いデータ堅牢性」を備えており、様々なデータ保管用途にご利用頂けます。
Cloudn Object Storageに関する詳細は、NTTコミュニケーションズのホームページをご覧ください。→ Cloudn Object Storage

「HDL-XRシリーズ」クラウド連携のメリット

NASからクラウドへのバックアップを実現します。
NASとクラウドにデータを二重化できるので、サーバー障害、NASの異常などによるデータ消失リスクの他、装置自体が復旧できないような災害においてもクラウド上から他の装置へ業務データを復元できます。
万が一の災害からの復旧時もNASを設置し初期設定をするだけでNASへのリカバリ作業を開始します。

クライアントPC向けソフトウェアが不要です。
普段はNASにファイルを保存するだけ。後はNASが勝手にCloudn object storageにバックアップを行いますのでユーザがバックアップを意識する必要はありません。
・インストール不要
・ブラウザ経由の操作不要
・Active Directoryによるアクセス管理対応(NAS接続時) 


 【NTTコミュニケーションズ株式会社からのエンドースメント】
アイ・オー・データ機器が提供する「HDL-XRシリーズ」とNTTコミュニケーションズが提供する高信頼で低価格なパブリッククラウドのストレージサービス「BizホスティングCloudn Object Storage」を冗長化することにより、お客さまはNASとクラウド環境に安全にデータを保管することができます。
NTTコミュニケーションズはこれからも品質と利便性に優れたICT環境のご提供へ向け、アイ・オー・データ機器との連携を推進して参ります。
 
NTTコミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部 担当部長
 奥平 進 様

NTTコミュニケーションズ株式会社

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。
本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】