お知らせ 2013年

2013年03月13日 13-NR037

大好評!クラウド状態管理サービス「NarSuS」がWindows Storage Server 2012に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加

NAS製品の管理者の負担を軽減する、クラウド状態管理サービス「NarSuS」がWindows Storage Server 2012搭載NASに対応しました。対象製品をお持ちの方はアプリをダウンロード・インストールすることによりNarSuSをご利用いただくことができます。

Windows Storage Server 2012搭載モデルも対応開始!

Windows Storage Server 2012を搭載したHDL-Z4WLCRシリーズ、HDL-Z2WMシリーズとHDLM3-GWINシリーズ※に対応。NarSuSアプリをダウンロードして適用ください。
※HDLM3-GWINシリーズはWindows Storage Server 2008 R2を搭載しています
※HDLM3-GWINシリーズにてNarSuSアプリをご利用の際は、事前にHDLM-G Manegerを最新バージョンにアップデートしてください。

ダウンロードはコチラ(サポートライブラリ)

HDL-Z2WMシリーズ HDL-Z4WLCRシリーズ HDLM3-GWIN
HDL-Z2WMシリーズ HDL-Z4WLCRシリーズ HDLM3-GWIN

NarSuSとは?

NarSuSについて

登録したNASから管理に使用するステータス情報のみ送信し、クラウドに集積するためセキュリティを気にすることなく、インターネット接続環境であればどこからでも状態管理ができます。トラブル時には、管理画面に対処方法を表示。スムーズにご対応いただけます。

クラウド状態管理「NarSuS(ナーサス)」

NarSuS登録者にはさらに特典が付きます!

(1)専用ダイヤル、土日もサポート
NarSuSに登録いただいたお客様のみが利用できるサポートダイヤルを設置。土日も対応しているので、より安心してNAS製品をお使いいただけます。

受付時間 9:00~17:00
サポート内容 電話によるサポート

※電話番号についてはNarSuS内にて告知しています。

(2)有償修理金額を20%引き
保証期間が切れた場合など、有償修理時の料金を20%引きいたします。
※NarSuS管理画面から取得できる専用の修理依頼書からお申込みください。

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】