新商品情報 2013年

2013年04月03日 13-NR048

ワイドディスプレイを縦長表示し、作業を効率化!
ピボット対応ディスプレイ用スタンド

このエントリーをはてなブックマークに追加

NEWピボット対応ディスプレイスタンド

型番 JANコード 出荷予定 価格
DA-STAND1 4957180105932 4月上旬 ¥5,300

「DA-STAND1」はピボット(90度回転機能)対応のディスプレイ用スタンドです。
本製品にワイド液晶ディスプレイを取り付ければ、簡単にディスプレイを90度回転させることが可能です。日本のビジネスシーンに多い縦長文書などの閲覧・作成時の作業効率がアップします。また、画面回転アプリ「クルッとな」を使用すれば、パソコン側で設定することなく簡単に画面を回転させることができます。
本製品とディスプレイの固定はネジ4本のみなので、どなたでも簡単に取り付けられます。

ピボット(90度回転)対応で、ディスプレイを縦長に設置!

日本のビジネスシーンに多い縦長文書。多くの方はワード文書などの作成・閲覧するとき、ワイド液晶ディスプレイ付属のスタンドを使用して、横長の画面で作業をしているのではないでしょうか。
横長の画面だと、縦幅が狭くなるので全体表示をした時に文字が小さく見にくくなり、また、拡大すると画面をスクロールをしなければならず全体を把握するのに手間がかかります。

そんな問題を解消するのに、本製品はおすすめ。このスタンドを使えば簡単にディスプレイを90度回転させ、縦長表示にすることが可能なのでワード文書などの作成時、全体を見渡しながらレイアウト調整ができるほか、文書やWEBの閲覧もほとんど画面をスクロールすることなくページを確認頂けます。

縦長表示で全体を見渡せ、効率的!

画面回転アプリ「クルッとな」を使えば、手軽に画面を縦表示に

通常、スタンド等でディスプレイを回転させて設置するだけでは、画面表示は回転せず、パソコン側で設定変更する必要がありますが、画面回転アプリ「クルッとな」をダウンロードすれば、面倒な操作不要で、簡単に画面表示を回転できます。

「クルッとな」のダウンロード

※本アプリでなくOS等での設定方法については、パソコンメーカーまたはグラフィックボードメーカーにご確認ください。

【「クルッとな」対応OS】
Windows 8(32・62ビット)、Windows 7(32・62ビット)

スイベル・高さ調整対応で、ディスプレイの位置を調整可能

左右70°のスイベルと80㎜の高さ調整に対応。
これにより、ユーザーの姿勢に合わせて画面位置を調整できます。
また、本製品を取り付ければ、スイベル・高さ調整ができなかったディスプレイ製品も、好みの位置に調整いただけるようになります。
※任意の高さ調整(80mm)が可能な質量は、3.8kg〜4.2kgとなります。3.8kg未満の場合は、高さが最大もしくは最小の位置にてご使用頂けます。

ネック角度・ネック高さ調整対応

取り付けも簡単

ネジで4カ所固定するだけ!

本製品とのディスプレイの取り付けには、付属のネジ4本のみを使用。どなたでも簡単に取り付け可能です。

耐荷重最大4.2kg。幅広いディスプレイに対応

VESA規格100mmに準拠したディスプレイを取り付け可能です。また、最大4.2kgの重さまで取り付けでき、幅広いサイズのディスプレイに対応可能です。
※お持ちのディスプレイの質量は、事前にご確認ください。

当社推奨ディスプレイ「LCD-MF222Eシリーズ」スタンドなし質量2.9kg、「LCD-MF242Eシリーズ」スタンドなし質量4.1kg

仕様

型番 DA-STAND1
取り付け可能重量
(耐荷重)
4.2kgまで
対応ディスプレイ VESAマウント 100x100mm 対応ディスプレイ
チルト角 上20°、下1°
スイベル角 左35°、右35°
高さ調整 80㎜
※任意の高さ調整(80mm範囲)が可能な質量は、3.8~4.2kgとなります。
3.8㎏未満の場合は、高さが最大もしくは最小の位置にてご使用いただけます。
回転(ピボット) 90°
本体質量 1.4kg
添付品 スタンド本体、ディスプレイ取り付けねじ(M4×10 4個)、固定ピン、取扱説明書
各種取得規格 RoHS指令準拠

■「クルッとな」対応OS
Windows 8(32・62ビット)、Windows 7(32・62ビット)

添付品

添付品 スタンド本体、ディスプレイ取り付けネジ(M4×10 4個)、固定ピン、取扱説明書

このページの情報は発表時点の内容です。仕様・価格・外観・動作環境などが変更されることがあります。 本ページ内の記載価格はメーカー希望小売価格であり、消費税は含まれておりません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】