プレスリリース 2013年

2013年01月16日 13-PR001

世界初 DTCP+技術を利用したリモートアクセス対応ハードディスク

このエントリーをはてなブックマークに追加

〜録画番組を外出先から楽しむ新たなデジタルライフスタイルを提案〜

株式会社アイ・オー・データ機器(本社:石川県金沢市、代表取締役社長:細野 昭雄、以下アイ・オー・データ)は、世界初(※1)となるDTCP+技術を利用したリモートアクセスおよびリモートアクセスサービスに対応したハイビジョンレコーディングHDD RECBOX(レックボックス) 「HVL-Aシリーズ」を2月下旬より発売いたします。
デジタル放送に移行して以来、制限されていた録画番組のリモート視聴を実現する製品です。アイ・オー・データは、デジタルライフスタイルを革新する利便性の高い製品としてRECBOX「HVL-Aシリーズ」を幅広いユーザーに訴求してまいります。

※1 当社調べ(2013年1月16日現在)、DTCP+でインターネット経由のリモート配信が可能なネットワークハードディスク製品として。

詳細
Get ADOBE READER
印刷に適したPDF形式の文書を掲載しています。閲覧するにはAdobe Readerが必要です。

本リリースに記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本リリースに関するマスコミ問い合わせ窓口

アイ・オー・データ機器  事業戦略部 広報販推課
担当:佐藤・渡辺
TEL:03-6859-1054

本製品に関するお客様の問い合わせ窓口

インフォメーションデスク
TEL:0120-777-618

会社概要

株式会社アイ・オー・データ機器
代表取締役社長:細野 昭雄
本社:石川県金沢市
資本金:35億8,807万円
(JASDAQ上場、証券コード:6916)
ホームページ http://www.iodata.jp/

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】