HOME > 対応検索 > Windows 7情報サイト > Windows Media Player 12(WMP12)で再生も共有も簡単に

Windows Media Player 12(WMP12)で再生も共有も簡単に

Windows Media Player 12(WMP12)で再生も共有も簡単に

多くのコーデックに標準対応

オーディオではAAC、映像では3GP、DivX、H.264、Xvidなど、数多くのコーデックに標準で対応しており、ファイルの種類を意識せずに多くのメディアを再生できるようになりました。
さらに、GPUの再生支援機能にも対応し、H.264のHDビデオなども低負荷で再生可能です。

HD映像も低負荷で再生

HD映像も低負荷で再生

GPUの再生支援機能に対応しているため、HD映像も低負荷で再生することが可能。AVCHDなどを再生しても数%のCPU負荷ですみます。

リモート再生

Windows 7には、「リモート再生」と呼ばれる遠隔操作機能を搭載しています。
これは、PCに保存されているメディアファイルを、ローカルのネットワーク上のほかのPCやDLNA対応機器に対して再生命令を出す機能です。
WMP12の「プレーや―のリモート制御を許可」を有効にすることで、離れたPCでメディアファイルを再生することができます。

リモート再生

リモート再生

リモート制御を有効にすることで、ネットワーク上のほかのPCで音楽や画像、映像を再生可能。

おすすめのNAS

NAS

メディアコンテンツをNASに一括保存。
リモート再生でNASへのコンテンツも他のPCで再生可能。

HVL1-Gシリーズへ
HVL4-Gシリーズへ

このページのトップへ

I-O DATA

COPYRIGHT (C) I-O DATA, INC.