HOME > 対応検索 > Windows 7情報サイト > 64ビットOSをフル活用

64ビットOSをフル活用

64ビットOSをフル活用

Windows 7でブレイクする64bitの世界

Windows 7での64bit版の扱いは、もはや過去のWindowsのように特別な存在ではなくなりました。
Windows 7のパッケージ版には32bit版と64bit版の両方が同梱され、いずれも同じライセンスで利用できます(使用できるのは1ライセンスのみ。DSP版は購入時に選択)。
つまり、ユーザーは自ら、自由に32bit版と64bit版を選べるのです。

64bit版を利用するメリットは4GB以上のメモリを有効に利用できる点。
画像や映像処理などはもちろん、Windows XP Modeのような仮想環境にメモリを割り当てることができるので、大容量メモリの恩恵を受けられるでしょう。
不安は互換性ですが、Windows Vistaで64bit版が浸透したことで、ドライバやアプリケーションの対応もかなり進んでいます。

※当社のWindows 7対応表には、64bit版/32bi版それぞれの対応状況を記載しておりますので、ご購入の前にご確認ください。

64bit版IE8がインストールされる   仮想環境との組み合わせに最適

64bit版IE8がインストールされる

64bit版アプリケーションとしてInternet Explorer 8が標準でインストールされています。

仮想環境との組み合わせに最適

Windows XP Modeなどの仮想環境を利用する場合、4GB以上のメモリが使える64bit版が有利。豊富にメモリを割り当てられます。

64bit版Windows 7のパフォーマンスは?

Windows 7では32bit版と64bit版のいずれかが選択できるとなると、はたしてどちらをインストールすべきか?と悩む人も多いと思います。

前述したように、64bit版のメリットは4GB以上のメモリを利用できる点です。
このため、現状、4GB以上のメモリがPCに搭載されており、周辺機器も64bit版に対応するのであれば、迷うことなく64bit版を選びたいところ。

では、現状4GB未満のメモリの場合はというと、ムリせず32bit版というのが通常の選択ですが、後からメモリを増設した場合、64bit版にするにはOSを再インストールしなければならないため、それなら最初から、将来のメモリ増を見越して64bit版をインストールしておくのも手です。
なぜなら、同一メモリ容量で比較した場合でも、アプリケーションによっては32bit版より64bit版のほうがパフォーマンスが高い場合があるからです。

たとえば、右のグラフはAdobe SystemsのPhotoshop CS4を利用し、1枚の画像に複数の画像処理を実行した場合の時間の比較。
32bit版と64bit版を純粋に比較するために、2GBのメモリを搭載したPCでテストしてみたところ、同じ処理でも約11秒、64bit版のほうが高速に処理を行なうことができています。

64bit版の場合、単純に利用できる最大メモリが多いだけでなく、アプリケーションなどに割り当てられるメモリも拡張されます(64bit版対応アプリが必要)。
もちろん、最大メモリが増えれば、その分、さらに処理速度に差が出ることが予想され、処理すべきデータ量が多くなればなるほど64bit版のアドバンテージが活きてくることになります。

Photoshop CS4の バッチ処理速度を比較

Photoshop画面

1枚の高解像度画像に、「CMYK変換」や「ぼかし(詳細)」といった10種類の操作を設定したアクションを適用し、タイムを計測。

【検証環境】CPU:Intel Core 2 Duo E6550(2.33GHz)、マザーボード:ASUSTeK P5Q(Intel P45+ICH10R)、メモリ:ノーブランド PC2-6400 DDR2 SDRAM(CL=5) 1GB×2、ビデオカード:ATI Radeon HD 4830リファレンスカード、HDD:Western Digital WD Caviar Black WD1001FALS(Serial ATA 2.5、7,200rpm、1TB)

64bit版に対応する周辺機器は300製品以上

Windows 7対応表公開中

Windows 7対応表には、64bit版/32bi版それぞれの対応状況を 記載しておりますので、ご購入の前にご確認ください。

このページのトップへ

I-O DATA

COPYRIGHT (C) I-O DATA, INC.