HOME > 対応検索 > Windows 7情報サイト > Windows 7のインストール手順

Windows 7のインストール手順

Windows 7をインストールしよう

インストール方法

インストール方法

Windows 7のインストール方法は従来どおり、クリーンインストール(新規)とアップグレードインストールの2種類が用意されています。
Windows Vistaと比べ、Windows 7では選択肢が整理され、インストールにかかる時間も短くなっているのが特徴です。

STEP1 ブートデバイスの設定

STEP1 ブートデバイスの設定

BIOS設定のブートデバイス(起動順序)設定でインストールディスクを挿入したドライブが1番目になるよう設定します。
この設定を忘れた場合、Windows 7のインストールディスクをドライブにセットしてもインストーラが立ち上がらないことがあるので注意が必要です。
マザーボードによってはキーボードによるブートデバイス設定呼び出しキーが用意されており、起動順序が設定できるものもあるのでこちらを利用することも可能です。
設定後、ディスクを読み込むと「Press any key to boot from CD or DVD」と表示されるので、数秒以内にキーボードのいずれかのキーを押します。

STEP2  言語とキーボードの選択

STEP2  言語とキーボードの選択

インストーラが起動すると右のような画面が表示され、普段使用する言語、キーボードなどの種類が選択できます。
自分のキーボードが日本語モデルなのか英語モデルなのか、もしくは別のものであればそれを選択します。選択後に「次へ」をクリックすると、 「ようこそ」と表示された画面が登場し、「今すぐインストール」を選ぶとインストールが開始されます。次に表示されるライセンス条約に同意をするとSTEP3の「インストールの種類」が表示されます。

STEP3 インストールの種類の選択

STEP3 インストールの種類の選択

インストールの種類を選ぶ画面が登場したら、アップグレードもしくは新規インストールから選択します。
Windows Vistaがインストールされた古い環境の設定やアプリケーションを引き継ぐ場合はアップグレードを、それ以外のOSでクリーンインストールする場合は新規インストールを選択します。

新規インストールを選択した場合は、STEP4のインストール先の選択へ進みます。

アップグレードを選択した場合

アップグレードを選択した場合

アップグレードインストールを選択するとまず、使用しているWindows上からアップグレードするように促されます。
OS上でインストーラを実行すると互換性のレポートが実行され、現在インストールされている環境のうち、Windows 7で動作がサポートされない機能やアプリケーションが表示されるのでチェックします。
「次へ」をクリックするとSTEP7のプロダクトキーの入力に移るので、あとの手順は新規インストールと同様です。

STEP4 インストール先の選択

STEP4 インストール先の選択

購入後、初めて利用するHDDやSSDは「ディスク0 未割り当て領域」と認識されていると思います。 HDDを一つのパーティションで使用したい場合は「次へ」をクリックすればよいのですが、複数のパーティションに分割して使いたい場合は、「ドライブオプション(詳細)」をクリックすると現われる「新規」をクリックし、Cドライブの容量を設定してから適用を押します。「ディスク0 パーティション 2」をクリックして選択し、「次へ」で先に進みます。

STEP5 ユーザー名の設定

STEP5 ユーザー名の設定

インストールディスクからファイルがHDDにコピーされ、何度か再起動を繰り返すと右のような画面が表示されます。ここからはWindows 7の基本的な設定を行ないます。
「ユーザー名」を入力すると、合わせて自動的に「コンピューター名」も入力されるので、会社などでドメインに登録する場合はルールに沿った名前にします。

STEP6 パスワードの設定

STEP6 パスワードの設定

ここではログインに必要なパスワードを設定できます。
パスワードを登録しなくても「次へ」をクリックすることができますが、セキュリティを高める上でも設定しておいた方がよいでしょう。
パスワードを設定した場合、パスワードのヒントの入力が必須となっているので、他人が類推できず、自分だけが分かるものを設定します。

STEP7 プロダクトキーの入力

STEP7 プロダクトキーの入力

Windows 7のライセンス認証に必要なプロダクトキーは購入したパッケージにラベルが貼り付けられているので、 それを見ながら入力します。
「オンラインになったとき、自動的にWindowsのライセンス認証の手続きを行なう」にチェックが入っていると、 OSインストール完了後に自動的にインターネットを通じてライセンス認証が行なわれます。

STEP8 セキュリティの設定

STEP8 セキュリティの設定

Windowsのアップデートに関するレベルを設定できます。
「推奨設定を使用します」では、重要なセキュリティアップデートに加えて細かな問題を解消するプログラムや推奨されるドライバなどのインストールが行なわれ、「重要な更新プログラムのみインストールします」では、セキュリティ上大きな問題のあるファイルのみ更新されます。
「後で確認します」は一切アップデートが実行されないためオススメしません。通常は「推奨設定を使用します」を選ぶのがよいでしょう。

STEP9 日付と時刻の設定

STEP9 日付と時刻の設定

現在の日付と時刻を設定します。
日本在住であれば「タイムゾーン」の設定は標準の「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」です。また、インターネットに接続していれば自動的に正しい時刻に修正されますので、ここでの設定をあまり気にすることはありません。
なお、誤って設定してしまった場合でも、インストール完了後にタスクトレイの時計を右クリックして 「日付と時刻の調整」から手動で変更することが可能です。

STEP10 ネットワークの設定

STEP10 ネットワークの設定

いよいよOSのインストールに必要な最後の設定です。
ここでは、同じネットワーク上のPCからアクセスできるレベルを設定します。
「ホームネットワーク」、「社内ネットワーク」、「パブリックネットワーク」の中から使用する環境に近いものを選び、分からない場合は「パブリックネットワーク」を選びましょう。
なお、ネットワークケーブルをPCに接続していなければこの画面は表示されませんが、OSのインストールが終わった後にネットワークケーブルを接続すると、同じ画面が現われるのでそこで設定できます。

ココが変わったWindows 7のインストール

ココが変わったWindows 7のインストール

Windows Vistaと比べ、手順が整理され、時間が短縮されたWindows 7のインストールですが、そのほかにいくつか異なる点もあります。
インストール先のHDDを選び、フォーマットした際にUltimateなどの一部のエディションで登場する「システムで予約済み」という領域の存在です。
これはWindows 7からOSの完全バックアップや差分バックアップなどが行なえる「Complete PCバックアップ」機能の一部で、システムの復元の際に使われるもの。誤って削除しないように注意しましょう。

このページのトップへ

I-O DATA

COPYRIGHT (C) I-O DATA, INC.