HOME > 全製品一覧 > メモリー(対応一覧表) > メモリー製品一覧 > RM800Eシリーズ
メモリー製品一覧

新技術にも確実に対応をおこないます。
i850などインターリーブ仕様に最適なRM800Eシリーズの2枚組!
RM800Eシリーズ
 
製品写真


製品名 容量 価 格 備 考
RM800-128MX 128MB \11,800 2002/12/25生産終了
RM800-256MX 256MB \19,800 2003/1/14生産終了
RM800E-128MX 128MB \13,800 2002/11/18生産終了
RM800E-256MX 256MB \23,800 2002/8/26生産終了
RM800Eシリーズの2枚組
製品名 容 量 価 格 備 考
RM800E-128Mx2X 128MBx2 \22,000 2002/10/15生産終了
RM800E-256Mx2X 256MBx2 \39,500 2002/8/26生産終了
RM800E-512Mx2X 512MBx2 \148,000 2002/11/18生産終了
上記価格は、消費税別のメーカー希望小売価格です。  [価格表記について]

パソコン本体の機種により、増設方法や使用可能なモジュール・容量が定まっています。必ず対応製品検索エンジン「PIO」でご確認ください。

RIMM増設について一般的な注意事項はこちらをご覧ください。→ メモリー増設上の注意
RIMMモジュールについて、こちらも参考にしてください。→【特集】まめ知識 RIMMモジュールのナゼ?ナニ

製品特長  
関連リンク 取扱説明書ドライバQ&A

パソコン健康診断ソフト
無料ダウンロード!
当社製128MB以上のメモリーで、
ラムファントム LE版が無料!
 

 パソコン健康診断ソフト無料ダウンロード

UP

    W.S.T. LEの詳細はコチラ! 日々安定してパソコンを使うためには、人間と同じようにパソコンにも健康診断が
    必要! アイ・オーのメモリーを購入するとパソコン健康診断ソフト「W.S.T. LE」の無料ダウンロード特典がついてきます!
    一部製品を除く

    W.S.T. LEの詳細はコチラ!

     

 I・O DATA製 ラムバス(R)メモリー「RM800シリーズ」の特徴 UP
  1. 厳しい基準のRambus(R)社Validationを取得。安心してご使用いただけるRIMMです。
  2. クロック周波数 800MHz/データ転送速度 1.6GB/Secで駆動する超高速性を実現。
  3. 当社では実機検証による確実な対応案内を行います。
RIMMはその仕様についてRambus(R)社の厳格な認定をパスする必要性があります。
アイ・オーのRIMMはその認定基準(RIMM Validation)をクリアし、仕様はPC800'45(RAS Access Time 45ns)です。
製品を安心してご使用いただくためにも、動作確認を確実に行い、お客さまに対応機種の案内をしています。信頼性と品質を最重要テーマにしたアイ・オーの「RM800シリーズ」をお求めください。
  • Rambus(R)準拠184pin RIMM
  • PC800'45(RAS Access Time 45ns)
  • Direct Rambus(TM)DRAM搭載
  • SPD (Serial Presense Detect)対応
<メモリー増設上の注意>※1
 RIMM(TM)とは? UP
RIMMはこれまでのSIMM、DIMMに続く、新しいメモリーモジュールアーキテクチャです。400MHzのクロックの両エッジを利用することにより、800MHzという高速な動作を実現します。また、2バイト幅のデータチャネルを利用することにより、最大で毎秒1.6Gbyteの転送速度が可能です。
転送バスには、高クロックでも高い信号精度を維持できる専用の伝送路を使用。ヒートスプレッダーと呼ばれる専用の放熱板を採用し、データエラーを防止します。

●Rambus(R)準拠RIMM
  • Rambus(R)社RIMM Validation取得済みで信頼のモジュール設計
●PC800対応DRDRAM搭載
  • 1.6GB/sの高速パフォーマンスを可能にする800MHz対応のDirect Rambus(TM)DRAM搭載
●万全の品質管理
  • ライン上の選別検査・拡大鏡による肉眼での検査・全ビット通電検査
まめ知識 [RIMMモジュールのナゼ?ナニ?]

※1 <メモリー増設上の注意>
・パソコン本体の空きメモリーソケットには、C-RIMMと呼ばれるメモリーモジュールが搭載されていない基盤が装着されています。メモリー増設時にはC-RIMMを取り外してから、RIMMを取り付けます。
・ 空きメモリーソケットには、そのままC-RIMM (ContinutyRIMM)を装着しておく必要があります。
・ECC機能を必要とするパソコンには、「RM800Eシリーズ」を使用してください。
・RIMMを取り付ける場合、デバイス(DRAM)数の合計がお使いのパソコンで定められた値を超えないようにしてください。パソコン本体の仕様により、デバイス数の制限を超えてしまうとパソコンが正常に動作しません。詳しくはパソコン本体の取扱説明書等のRIMM取り付けに関する説明をご覧ください。
・Validation未取得のモジュールとの混在使用はできません。
RM800シリーズ
RM800シリーズ
RM800Eシリーズ
RM800Eシリーズ
RM800E 2枚組 シリーズ
RM800E 2枚組 シリーズ


I-O DATA

COPYRIGHT (C) I-O DATA, INC.