HOME > 全製品一覧 > メモリー製品 > DX533Eシリーズ  

製品仕様書

名:PC2-4200 ECC対応 増設DDR2メモリーモジュール
弊社型名:DX533E-256M,DX533E-512M,DX533E-1G

株式会社アイ・オー・データ機器

〒920-8513 石川県金沢市桜田町二丁目84番地

発行部署:CS部 サポート課


◎本仕様書は弊社の著作権等に係る内容も含まれていますので、取り扱いには十分ご注意頂くと共に本仕様書の内容を弊社に無断で複製しないようお願い申し上げます。

◎本製品のご使用に際しては本仕様書記載の絶対最大定格や使用上の注意事項等及び以下の注意点を遵守願います。

なお本仕様書記載の絶対最大定格や使用上の注意事項等を逸脱した本製品の使用あるいは、以下の注意点を逸脱した本製品の使用に起因する損害に関して、弊社はその責を負いません。

◎本内容は、予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

(注意点)

@本製品は原則として日本国内における下記の用途に使用する目的で製造された製品です。

・電算機 ・OA機器
なお、上記の用途であっても、AまたはBに記載の機器に該当する場合は、それぞれ該当する注意点を遵守願います。

A機能・精度等において高い信頼性・安全性が必要とさせる下記の用途に本製品を使用される場合は、これらの機器の信頼性、および安全性維持のためにフェールセーフ設計は冗長設計の措置を講じる等、システム・機器全体の安全設計にご配慮頂いた上で本製品をご使用ください。

・運送機器(航空機、列車、自動車等)の制御と各種安全性にかかわるユニット
・工作機器 ・各種安全装置 等

B機能・精度等において極めて高い信頼性・安全性が必要とされる以下の用途にはご使用にならないで下さい。

・宇宙機器 ・通信機器[幹線] ・原子力制御機器
・医療機器 ・等

C上記A、Bのいずれかに逸脱する場合は、本製品による人身事故・火災事故・社会的損害などが生じても弊社ではいかなる責任も負いかねます。

D輸出管理規定
本製品は「外国為替及び外国貿易法」の規程により輸出規制製品に該当する場合があります。国外に持ち出す際には、日本国政府の輸出許可申請などの手続きが必要になる場合があります。

高品位な基板設計で高速・安定動作!サーバーに最適!
PC2-4200 ECC対応 増設DDR2メモリーモジュール
DX533Eシリーズ
ポケットガイド仕様書


製品写真


製品名 容 量 価 格 備 考
DX533E-256M 256MB \15,000 2006年8月30日生産終了
DX533E-512M 512MB \30,000 2008年3月12日生産終了
DX533E-1G 1GB \59,000 2008年3月12日生産終了
※上記価格は、消費税別のメーカー希望小売価格です。 [価格表記について]

DDR2 Type X 533MHz ECC対応 SDRAM採用 Memory Module - xxxMB,1GB
「DX533Eシリーズ」は、PC2-4200(DDR2-533)ECC機能対応メモリーモジュールです。DDR2対応で、データ転送レートはDDR400の約1.3倍となる最大4.3GB/s。大量のデータをより高速に転送できます。また、ECC機能に対応している上に、ノイズを抑える6層基板を採用!安定動作が必要とされるサーバーでのご利用に最適なメモリーです。




 パソコン健康診断ソフト無料ダウンロード!

UP

    W.S.T. LEの詳細はコチラ! 日々安定してパソコンを使うためには、人間と同じようにパソコンにも健康診断が
    必要! アイ・オーのメモリーを購入するとパソコン健康診断ソフト「W.S.T. LE」の無料ダウンロード特典がついてきます!
    一部製品を除く

    W.S.T. LEの詳細はコチラ!

     

 サーバーに最適!ECC機能対応!

UP

    DX533EシリーズはECC機能対応!
    メモリーエラーを検出するだけでなくエラーが発生した箇所を特定して、訂正までを行ってくれます!
    トラブル発生時の影響が大きいサーバーなどに最適です!

    ECCとパリティの違いは?

    パリティ機能ではエラーの検出はできても訂正までは行いません。場合によってはエラーを検出するとシステムを停止させます。
    その点ECC機能はエラーの訂正までを行うので、システムが停止することがありません。

 次世代のスタンダードメモリー「DDR2」

UP

    「DDR2」とは、従来のDDRメモリー以上の高速性能を目指し、なおかつ消費電力を抑えた次世代メモリー規格です。現在DDRメモリーの規格での最高スピードはDDR-400ですが、DDR2ではDDR2-800まで規格化されています。 ハイエンドから入門機まで、次世代のメモリーとして幅広く利用されることが期待されます。

    <高品位の信号波形を保つ、アイ・オーの6層基板>
    メモリーの動作クロックが上がると、ノイズの影響を受けたり、信号波形を保つのが難しくなります。「DDR2」では、低消費電力化(=発熱量の減少)を図り、従来のDDRから動作電圧を引き下げているため、よりいっそう動作がシビアになりました。よって「DDR2」ではノイズを抑え、高品位の信号波形を保つ基板設計が必須といえます。
    アイ・オーでは対ノイズ性能に優れ、入出力信号レベルの安定化に不可欠なハイクオリティ6層基板を採用しているので、データの信頼性が違います。

安定動作を実現する「6層基板」(イメージ)

 デュアル・チャネルでさらに高速転送!

UP
    ベンチマーク デュアル・チャネルは、チップセット内部のメモリーコントローラーと同容量・同仕様2枚1組のメモリーを使い、シングルチャネルの2倍のメモリーバンド幅を実現する技術です。
    DX533Eシリーズは533MHz駆動で4.3GB/sのメモリー帯域となります。 デュアル・チャネルではなんと8.6GB/sのメモリー帯域を誇ります。

 超高速仮想ハードディスク作成ソフト無料ダウンロード

UP
    本製品をお買い上げいただくと、超高速仮想HDD(RAMディスク)作成ソフト「RamPhantom LE」を無料ダウンロード可能!
    ※128MB以上のメモリーが対象となります。

    RamPhantom LEの詳細はコチラ!

 確実な検証に基づき対応案内。

UP
    ●対応機種 最新の対応機種は下記でご確認ください。
    ・対応製品検索エンジン「PIO」 http://www.iodata.jp/pio/

    パソコンの機種から対応製品を案内!

五年間保証

対応製品検索エンジンPIO

 高信頼性の証!安心の無期限保証

UP
  • 初回導入機器において保証期間を無期限といたします。
    無期限保証について詳しくは、こちらをご覧ください。
無期限保証

 SPD対応で安心

UP
  • SPDとは、メモリーの構成やDRAMのスペックなどが書かれているデータのことです。パソコンがSPDを読み出し、最適設定を行うことによって、安定動作が可能となります。

DDR2メモリー
豆知識
DDR2-533は搭載されているDRAM 単体のスピードを表します。
メモリーモジュールとしてはデータ転送速度が、4.264GB/s≒4200MB/s(端数切捨)であるため、PC2-4200と表記します。
PC2-4200はJEDECでの標準表記となっています。

Double Data Rate 2 SDRAM

コンピュータ内で各回路間の同期を取るためのクロック信号の立ち上がり時と立ち下がり時の両方でデータの読み書きが行なえるようにしたダブルデータレート(DDR)モードという高速なデータ転送機能を持った従来のDDR SDRAM メモリーのデータプリフェッチを2倍の4bitに拡張。

DRAMコアの2倍のクロック周波数を生成 「4bitプリフェッチ」
「DDR2」では、従来のDDRが2bitプリフェッチだったのを4bitに改良。DRAMコアの周波数はクロック周波数の1/2で動作。

「DDR2」と「DDR」との比較
規格
クロック

帯域
( )内は2枚一組デュアル・チャネル時

DDR2-533
533MHz 4.3GB/s (8.6GB/s)
DDR2-400
400MHz 3.2GB/s (6.4GB/s)
DDR400
400MHz 3.2GB/s (6.4GB/s)
DDR333
333MHz 2.7GB/s (5.4GB/s)

対応機種 UP
対応機種 デスクトップパソコン

仕様 UP
型番 DX533E-256M DX533E-512M DX533E-1G
容量 256MB 512MB 1GB
メモリータイプ DDR2 SDRAM
チェック機能 ECC
ピン数 240PIN DIMM
メモリー速度 533MHz,CL=4
JEDEC JEDEC準拠
SPD 対応
電源電圧定格 1.8V
消費電流 2040mA 2475mA 3105mA
使用温度範囲(℃) 5〜40
使用湿度範囲(%) 0〜93
幅(mm) 133.35 133.35 133.35
奥行(mm) 3.8 3.8 3.8
高さ(mm) 30 30 30
質量 約16g 約19g 約16g
保証期間 無期限

I-O DATA

COPYRIGHT (C) I-O DATA, INC.