待望の新製品に標準搭載された「mAgicTV5」。従来の製品をお使いのユーザ様からのご要望にお応えして、GV-MVP/RX、RXLE、RZユーザーの方へLE版として無償ダウンロードを行います。
多チャンネル同時録画への対応、全自動おまかせ録画など「録りためる」ための「mAgicガイド」はもちろん、大きさも自由自在のTV視聴アプリ「mAgicTV」やマルチビューアに対応した「mAgicPlayer」など新機能が盛りだくさん!新しい「mAgicTV」をゆっくりとご堪能下さい。

〈対象製品 〉
・GV-MVP/RX ・GV-MVP/RXLE ・GV-MVP/RZ をご利用のお客様
 ※mAgicTV5 LEは弊社サポート対象外製品です。
 ※mAgicTV4との併用は出来ません。


■mAgicTV5 LEバージョンアップ情報■
2005/1/19 ご要望の多かった、継続予約に対応しました。
2005/3/2 mAgicTV5 LEが機能アップ!! 以下の機能が追加されました。
・録りまくったらガンガン見る!音声付き早見/遅見再生機能を新搭載。
  ・再生を中断した場面から引き続き再生。レジューム再生機能を新搭載。
  ・録画した番組の管理をますます便利にするプロテクト、チャプタ情報、コラム情報アイコンを新搭載。

mAgicTV5 LEはココが楽しい!


 録りまくるをコンセプトにした新しいTVキャプチャソフト 「I-O DATA mAgicTV5 LE」
●多チャンネルの番組を同時に録画
    スポーツ、ドラマ、バラエティなど、見たい番組が重なった時に便利な多チャンネル同時録画に対応。

    GV-MVP/RX

    RX、RX2、RX2Wとの組み合わせで最大6チューナーまでの同時使用が可能
    RXユーザーの方が複数台同時使用を行う場合は、RX2、RX2Wをご購入いただければ、製品に標準添付の「mAgicTV5」をご利用いただけます。

    GV-MVP/RXLE 同製品との組み合わせで最大6チューナーまで使用可能
    GV-MVP/RZ 同製品との組み合わせで最大8チューナーまで使用可能
    下記動作環境の推奨環境でご利用ください。
    ご利用の環境によっては、複数接続する数及び表示できる画面数に制限が生じる場合があります。

●テレビ番組表「mAgicガイド」で録りためる
    新しい「mAgicTV5 LE」では録画予約がテレビ番組表からマウス1つで行える「mAgicガイド」がさらに使いやすく、便利になりました。
    キーワードを事前に登録しておくだけで自動的に番組を検索してパソコンに録画する「自動おまかせ録画」機能をはじめ「録りためる」ための機能が満載です。
その他、「mAgicガイド」は最新のテレビ番組表をダウンロードできます。検索や録画予約も、パソコンに保存された番組データを利用するので、とってもスピーディです。
●おまかせ録画で、もう見たい番組を逃さない!
    お気に入りのアーティストやキーワードを事前に登録しておくだけで、お好みの番組を自動的に検索して録画することが出来ます。また、録画予約済の番組も、分かりやすく表示されます。

≪自動容量確保機能≫
ハードディスクの残容量を管理して、新規録画に必要容量が足りない場合は自動的に古い番組から自動消去。カンタンにプロテクトをかけることもできるので、大切な番組だけ保存しておくこともできます。
 
●パソコンのスタンバイ状態から録画可能
    予約録画開始時のスタンバイ・休止状態からの自動復帰に対応。また、録画終了後のスタンバイ・休止状態への自動移行にも対応しています。
 

UP
mAgicPlayer

編集/チャプタ関連機能は搭載されておりません。

GVencoder 添付されておりません。そのため携帯ムービー形式に変換することはできません。
DVDオーサリングソフトへのエクスポート機能 各製品へ標準添付されたアプリケーションへのエクスポートとなります。

UP
  GV-MVP/RX、RXLE GV-MVP/RZ
対応機種
PCI(2.2以降)バス搭載 DOS/V マシン USB 2.0/1.1搭載 DOS/V マシン
(推奨USB2.0搭載)
対応OS
(日本語版のみ)
日本語版 Windows XP、Windows 2000 Professional SP3以降
CPU
(推奨:1.4GHz以上)
Intel Celeron1GHz以上、Pentium III1GHz以上、Pentium4、
AMD Athlon1GHz以上、Duron1GHz以上、AthlonXP

上記CPU以外には対応しておりません。
メモリー
(推奨512Mバイト以上)
256Mバイト以上
ハードディスク
500Mバイト以上の空き容量 
NTFSファイルシステムでご使用ください。
別途録画保存用として空き容量が必要です。
グラフィック
アクセラレータ
1024x768ドット以上、16ビットハイカラー以上でDirectX 9.0b以上(マイクロソフト社のホームページより最新版をダウンロードしてください。)に対応した環境
Windowsグラフィックアクセラレータの種類やVRAMの容量によって表示条件(解像度、色数、リフレッシュレート等)が制限される場合があります。
サウンド DirectX 9.0b以上に対応した環境
マイクロソフト社のホームページより最新版をダウンロードしてください。
CD-ROMドライブ アプリケーションのインストール時に必要
USBポートに関しての
注意事項
- ・USB 2.0ポートでご利用時
Microsoft社が公開している推奨ドライバがインストールされている環境が必要です。
・USB 1.1ポートでご利用時
NEC製のOHCI(Open Host Controller Interface)仕様のUSBコントローラーを搭載した機種およびUSBインターフェイス(弊社製 USB-PCI等)では使用することができません。
複数台同時使用時のご注意 GV-MVP/RXは下記製品との組み合わせで6チャンネル(6チューナー)まで同時使用可能です。
・GV-MVP/RX2
・GV-MVP/RX2W(2チューナー)
・GV-MVP/RX
GV-MVP/RXLEは同製品との組み合わせで6チャンネル(6チューナー)まで同時使用可能です。
推奨環境でご利用ください。
ご利用の環境によっては同時使用できるチューナー数及び表示できる画面数に制限が生じる場合があります。
GV-MVP/RXLEとGV-MVP/RX、RX2、RX2Wの同時使用は出来ません。

≪組み合わせ例とチューナーの合計数≫

6チューナーの例
GV-MVP/RX 1枚 1チューナー
GV-MVP/RX2 1枚 1チューナー
GV-MVP/RX2W 2枚 4チューナー
合計 6チューナー

GV-MVP/RX 3枚 3チューナー
GV-MVP/RX2 3枚 3チューナー
合計 6チューナー

GV-MVP/RXLE 6枚 6チューナー
合計 6チューナー
GV-MVP/RZは同製品との組み合わせで8台まで同時使用可能です。
推奨環境でご使用ください。
ご利用の環境によっては複数台接続する台数及び表示できる画面数に制限が生じる場合があります。
GV-MVP/RZとGV-MVP/RZ2の併用は出来ません。


≪マルチチャンネル時の混在利用対応表≫
  RX RX2 RX2W RXLE RZ RZ2
RX      
RX2      
RX2W      
RXLE          
RZ          
RZ2          
ご注意
上記を満たす環境であっても、グラフィックアクセラレータやハードディスクの性能によっては、コマ落ちなどが発生する場合があります。
本製品で記録した映像、音声を個人の鑑賞以外の目的で使用しないでください。
ハードディスクはあらかじめ最適化ツール(デフラグ)等を使用してハードディスク本来の性能が発揮できる状態にしてください。
ハードディスクのDMA設定はONに設定しておいてください。
他のビデオキャプチャ機能を搭載した環境では併用できません。
最大連続録画は1番組あたり24時間です。24時間経過しましたら強制的に録画を終了します。
著作権保護(コピーガード)信号が含まれた映像は録画いただけません。
地上デジタル/衛星放送には対応しておりません。

≪リモコンとmAgicTVのバージョン≫
  mAgicTVのバージョン
  4.2 5 5LE
GV-MVP/RCkit × ×
GV-RCkit2 ×
リモコンの対応はハードには依存せず、mAgicTVのバージョンに依存します。
したがって、GV-MVP/RCkitをお使いのユーザー様がmAgicTV5 LEをインストールした場合は、リモコンは使用できなくなります。


 ※mAgicTV5 LEは弊社サポート対象外製品です。
 ※mAgicTV4との併用は出来ません。