• 無線LANアクセスポイントを公開すると、誰でも無線で相互接続できてしまいます。「ポートセパレーター」を設定すると、こうした相互接続をブロックできます。
  • 来客のあるロビーや応接室、宿泊施設などで、無線LANアクセスポイントを公開設置する際に、外来のお客様が安心して無線LANを利用できます。