USBバスパワー&ハードウェアエンコーダ搭載GV-MVP/TZ 仕様

仕様書印刷
画像

GV-MVP/TZ 製品の写真 斜め前

※商品写真はイメージです。実際の外観とは異なる場合があります。
GV-MVP/TZ ハードウェアMPEG-2エンコーダ搭載のUSBバスパワーモデル。ACアダプターなどの外部電源は不要で、パソコンのUSBポートに接続すれば、簡単・手軽にパソコンでテレビを「見る・録る」を実現します。デジタルチューナーとの接続に対応し、コピーワンス(CGMS-A)番組を録画したりDVDに保存することもできます※1。また、ノートパソコンに最適なコンパクト設計で、どこでもスマートにお使いいただけます。もちろん、使いやすさで定評のあるアイ・オーオリジナルソフト「mAgicTV5」が標準添付。パソコンならではの使い心地と、製品を自由に組み合わせて最大8チャンネル(8チューナー)の同時録画※2を実現します。

※1: 別途 地上/BS/110°CSデジタルチューナーが必要です。
※2: チャンネル数に応じて同時録画対応製品をご用意していただく必要があります。

アナログテレビ放送からデジタルテレビ放送への移行について

GV-MVP/TZ:Graphic Video-mAgicTV Products model TZ

対応機種

対応機種 USB 2.0/1.1搭載 DOS/Vマシン
CPU
(推奨:1.4GHz以上)
Intel Celeron、Pentium III、Pentium4、
AMD Athlon、Duron、AthlonXP Athlon 64
Athlon64X2、 Intel Core Duo、PentiumD
 全て1GHz以上。
メモリー
(推奨512Mバイト以上)
256Mバイト以上
ハードディスク 600Mバイト以上の空き容量 
NTFSファイルシステムでご使用ください。
別途録画保存用として空き容量が必要です。
グラフィック
アクセラレータ
解像度1024x768ドット以上、16ビットハイカラー以上でDirectX 9.0c以上(DirectX 9.0c添付)に対応した環境
Windowsグラフィックアクセラレータの種類やVRAMの容量によって表示条件(解像度、色数、リフレッシュレート等)が制限される場合があります。
サウンド DirectX 9.0c以上(DirectX 9.0c添付)に対応した環境
CD-ROMドライブ アプリケーションのインストール時に必要
USBポートに関しての
注意事項
・USB 2.0ポートでご利用時
Microsoft社が公開している推奨ドライバがインストールされている環境が必要です。
・USB 1.1ポートでご利用時
NEC製のOHCI(Open Host Controller Interface)仕様のUSBコントローラーを搭載した機種およびUSBインターフェイス(弊社製 USB-PCI等)では使用することができません。
複数台同時使用時のご注意

本製品は、USB製品※1同士で組み合わせた場合のみ最大8台までの同時使用が可能です。
また、下記製品を組み合わせた場合では最大6チューナーまでの同時使用が可能です。
【対応製品】

GV-MVP/GX2 GV-MVP/GX
GV-MVP/GX2W GV-MVP/GXW
GV-MVP/RX3 GV-MVP/RX2
GV-MVP/RX2W  
GV-MVP/RX2E  

GV-MVP/RX※2

 
GV-MVP/RZ3 GV-MVP/RZ2
GV-MVP/TZ  
AVLT1/GXW  

※1: GV-MVP/RZ3,RZ2,TZ
※2:

RXを使うには、RX2、RX2W、RX2Eのいずれかが既に環境に組み込まれている必要があります。

複数制品を同時使用する場合は、最新のサポートソフト(ver1.20以降)をインストールした推奨環境でご利用ください。また、環境によっては同時使用できるチューナー数及び表示できる画面数に制限が生じる場合があります。

≪組み合わせ例とチューナーの合計数≫
6チューナーの例
GV-MVP/RX3 2台 2チューナー
GV-MVP/TZ 1枚 1チューナー
GV-MVP/GX2 1枚 1チューナー
GV-MVP/GX2W 1枚 2チューナー
合計 6チューナー

GV-MVP/TZ 3台 3チューナー
GV-MVP/GX2 3枚 3チューナー
合計 6チューナー

デジタル放送注意事項 【デジタル放送コピーワンス(CGMS-A)番組録画時のご注意】 詳細はコチラ
コピーワンス信号を検出した際、録画コンテンツに暗号化を行います。暗号化されたコンテンツを再生できる条件は「コンテンツを録画したPC環境上で、mAgicPlayerで再生した場合」のみです。
DVDを作成する場合は、CPRM対応のドライブ・メディア、その他Web接続環境が必要となります。
タビング10には対応していません。
  動作確認済ドライブにつきましては、DVDページをご確認ください。
       
   
外付型はコチラ
内蔵型はコチラ
ポータブル外付型はコチラ

対応OS

対応OS
(日本語版のみ)
Windows 7(32ビット版)※1、Windows Vista™(32ビット版)、Windows XP、Windows 2000 Professional SP3以降
添付のソフトウェアは「ユーザーの切り替え」には対応しておりません。「ユーザーの切り替え」を行う場合は、あらかじめ本製品に添付のソフトウェアをすべて終了させてください。
※1 サポートソフトVer.1.30以降にて対応

仕様

TVチューナー部
(アナログ)
受信TV ch VHF:1~12ch、UHF:13~62ch、CATV:C13~C63ch
TV音声 ステレオ、音声多重出力(EIAJ方式)
TV-RF入力 F型コネクタ×1、75Ω
ビデオ入力部
映像入力方式 NTSC(カラー)
映像調整 明るさ、コントラスト、色合い、鮮やかさ、シャープネス、NR、3D Y/Cの調整が可能。チャンネル周波数の微調整が可能
コンポジットビデオ入力 RCAピン×1
Sビデオ入力 ミニDIN 4ピン×1
オーディオ入力部
外部ライン入力 RCAピン(L/R)×各1
USBポート USB 2.0/1.1対応(Bコネクタ)
録画フォーマット
ビデオ画素数 MPEG-2 Full D1(720×480)、Half D1(352×480)、SIF(352×240)
ビデオ
ビットレート
USB2.0 MPEG-2 Full D1:2~15Mbps(VBR、CBR)
MPEG-2 Half D1:1,2~7Mbps(VBR、CBR)
USB1.1 MPEG-2 Full D1:2~6Mbps(VBR、CBR)
MPEG-2 Half D1:1,2~3Mbps(VBR、CBR)
0.1Mbps単位で設定可能
フレームレート 29.97fps
オーディオビットレート MPEG-1 Layer-2:128、160、192、224、256、320、384kbps
サンプリング周波数 48kHz
静止画 BMP/JPG 720×480
サイズ 約26(W)×114(D)×79(H)mm (スロットカバー及び突起物含まず)
質量 約175g(スタンド含まず)
電源 +5V(USBポートより供給)
消費電力(MAX) 500mA
使用温度範囲 5~35℃
使用湿度範囲 20%~80%(結露なきこと)
保証期間 1年保証
各種取得規格 VCCI Class A
その他の注意事項
本製品で記録した映像、音声を個人の鑑賞以外の目的で使用しないでください。
ハードディスクはあらかじめ最適化ツール(デフラグ)等を使用してハードディスク本来の性能が発揮できる状態にしてください。
ハードディスクのDMA設定はONに設定しておいてください。
他のビデオキャプチャ機能を搭載した環境では併用できません。
最大連続録画は1番組24時間です。24時間経過しましたら強制的に録画を終了します。
著作権保護(コピーガード)信号が含まれた映像は録画いただけません。

添付品

添付ソフト TVアプリケーションソフト 「I-O DATA mAgicTV5」
オリジナルビデオトランスコードソフト「I-O DATA GVencoder」
遠隔録画予約サービスソフト「reserMail」
DVDオーサリング(作成)ソフト CyberLink社製
「PowerProducer 3 CPRM for I-O DATA」
ビデオ編集ソフト CyberLink社製「PowerDirector Express」
ケータイムービー活用ツール Ulead Systems社製「Video ToolBox 2 SE for Memory Stick」
リモート予約ソフト「どこでもmAgicTV予約」 ⇒詳細はこちら
主な添付品 はじめにお読みください、mAgicTVを使ってみよう!、セットアップガイド、保証書、サポートソフト(CD-ROM)1枚、USBケーブル(1.1m)、縦置きスタンド

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】