「XVD」エンコーダー搭載 TVキャプチャボードGV-MVP/XVD 仕様

仕様書印刷
GV-MVP/XVD 「GV-MVP/XVD」は、超圧縮「XVD」エンコーダー搭載のテレビチューナー付きビデオキャプチャボードです。
「XVD」は高い圧縮率でもMPEG-2をしのぐ画質を実現、ディスク容量をセーブしながら美しい映像で記録できます。さらに「ゴーストリデューサ-」「3D Y/C分離」など高画質化回路も搭載、テレビ番組をクリアな映像でどんどん録りためることができます。

対応機種

対応機種
(機種名)
PCIバス(2.2)搭載 DOS/Vマシン
PCIバス(2.1)搭載 DOS/Vマシン (PCIバスに3.3V供給されている必要があります。詳細は、ご使用のパソコンのメーカーにお問い合わせください。)
動作環境 CPU 動作環境 推奨環境
Celeron600MHz以上 / Pentium III 600MHz以上 / Pentium 4 Celeron 1GHz以上 / Pentium III 1GHz以上 / Pentium 4
Athlon600MHz以上 / Duron Athlon 1GHz以上 / Duron 1GHz以上
※ 上記CPU以外には対応しておりません。
メモリ 128MB以上
ハードディスク 500MB以上の空き容量
NTFSファイルシステムでご使用ください。
グラフィック
アクセラレータ
800x600ドット以上、16ビットハイカラー以上、DirectX9以上に対応した環境
※ Windowsグラフィックアクセラレータの種類やVRAMの容量によって表示条件(解像度、色数、リフレッシュレート等)が制限される場合があります。
サウンド 音声再生用に必要
CD-ROMドライブ アプリケーションのインストール時に必要
※ グラフィックチップがSavageシリーズまたは、VIA製KT133など、XX133,XX266シリーズの場合は未対応です。

対応OS

対応OS
(日本語版のみ)
Windows XP / 2000 Professional
  • XVD Playerの再生環境は Windows XP / 2000 Pro/ Me / 98SE
  • DiXiMの再生環境は Windows XP
※ Windows XP SP2でDiXiMを使用される場合は必ず事前にDiGiOn社ホームページをご確認ください。(2004/10/8現在)

仕様

保存形式 XVD形式
注意事項 商用など個人的な目的以外で、XVDフォーマットで圧縮されたファイルを配布する場合は、別途ライセンスが必要です。
ビデオフォーマット 解像度 720×480、640×480、480×480、352×480、352×240
ビットレート 3.0Mbps(MAX)
フレームレート 1~30fps
音声フォーマット 圧縮形式 XVD Audio形式
サンプリング周波数 32KHz、44.1KHz、48KHz
ビットレート 32/48/64/96/128Kbps
TVチューナー 受信TV ch VHF : 1~12ch/UHF : 13~62ch/ CATV : C13~C63ch
TV音声 ステレオ、音声多重(EIAJ方式)
TV-RF入力 F型コネクタ×1
ビデオ入力 ビデオ信号方式 NTSC
コンポジットビデオ端子 RCAピン×1
Sビデオ端子 ミニDIN 4ピン×1
オーディオ入力 外部ライン入力 RCAピン L×1、R×1
外形寸法 170(W)×106.68(D)×18.0(H)mm (スロットカバーおよびコネクタ突起部含まず)
質量 約140g
電源電圧 +3.3V±5%、+5V±5%、+12V±5%
最大消費電流 +3.3V:1700mA、+5V:270mA、+12V:450mA
使用温度範囲 5~35℃
使用湿度範囲 20~80%(結露なきこと)
保証期間 1年保証
各種取得規格 VCCI Class B
輸出管理規定 本製品は「外国為替及び外国貿易法」の規定により戦略物資等輸出規制製品に該当する場合があります。 国外に持ち出す際には、日本国政府の輸出許可申請などの手続きが必要になる場合があります。

添付品

主な添付品 ●サポートソフト(CD-ROM) ●I-O DATA mAgicTV4.2 for GV-MVP/XVD ●B.H.A社製 「超圧縮 XVD plus 製品版」(XVD encoder plus、XVD Editor、XVD Player) ●DigiOn社製 「DiXiM」※4 ●遠隔録画予約サービスソフト「reserMail」●Adobe Reader ●DirectX9

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】