LowProfile PCI&PCIバス対応 ビデオキャプチャボードGV-D1VR 仕様

仕様書印刷
GV-D1VR 「GV-D1VR」は、Sビデオ端子とD1入力端子を搭載し、さまざまな高画質化技術を採用したソフトウェア・エンコード・ビデオキャプチャボードです。
3D Y/C分離と3Dノイズリダクションを同時に使用できる「デュアル3Dモード」に対応。画像劣化を極限まで抑えるフル・デジタル・アーキテクチャを採用し、高画質を追求したビデオキャプチャボードです。

対応機種

対応機種(機種名) PCI(2.2以降)バスを搭載する
DOS/V マシン
動作環境 ●必要環境
CPU Intel Celeron600MHz、Pentium III 500MHz以上、Pentium 4、AMD Athlon 600MHz以上、Duron
※上記CPU以外には対応しておりません。
メモリ 128MB以上
ハードディスク 100MB以上の空き容量 (別途、録画データ保存領域が必要)
グラフィック
アクセラレータ
DirectDrawオーバーレイに対応し、解像度1024x768ピクセル以上表示できるもの
サウンド環境 音声取り込み用に必要
CD-ROMドライブ アプリケーションのインストール時に必要
●推奨環境
※ MPEG-2形式での録画やDVDメディアへのリアルタイム録画、タイムシフト再生など、添付ソフトウェアを快適にご利用いただくためには、以下の環境でのご利用を推奨いたします。
CPU Intel Pentium 4 1.8GHz以上
メモリ 256MB以上
ハードディスク NTFSファイルシステムでフォーマットされたもの

対応OS

対応OS
(日本語版のみ)
Windows XP / 2000 Professional

仕様

キャプチャ形式 MPEG-1/2, AVI (非圧縮)
MPEG圧縮 ビデオ画素数 720x480/704x480/640x480/544x480/480x480/352x480/320x240
ビットレート 15Mbps~500kbps (CBR,VBR)
オーディオ
ビットレート
384kbps~64kbps
サンプリング周波数 48KHz/44.1KHz/32KHz
入力端子 ビデオ信号方式 NTSC
D1入力 D1端子×1
Sビデオ入力 ミニDIN 4pin×1
※コンポジットビデオは添付変換アダプタで入力可能。
外形寸法 158.0(W)×64.4(D)×18.0(H) mm(スロットカバー、コネクタ突起部含まず)
質量 約70g
電源電圧定格 DC+3.3V±5%、+5V±5%、+12V±5%
消費電流 DC+3.3V:400mA、+5V:240mA、+12V:55mA
使用温度範囲(℃) 0~35
使用湿度範囲(%) 20~80(結露なきこと)
各種取得規格 VCCI

添付品

添付ソフト サポートソフトCD-ROM(収録ソフトウェア)
  • ビデオ録画・編集ソフト「DigiOnTVR L.E. for I-O DATA」
  • 高速ビデオ圧縮アプリケーション「XVD Encoder plus (機能制限版)」
添付品 コンポジットビデオ→Sビデオ変換アダプタ、ロープロファイル用金具

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】