USB Type-C対応 グラフィックアダプター RGB端子搭載モデルUS3C-DA/RGB

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

US3C-DA/RGB

「US3C-DA/RGB」は次世代USB規格Type-C DisplayPort Alt Modeに対応した、グラフィックアダプターです。
USB Type-Cポートを利用し、パソコンやスマホ・タブレットの映像を出力できるので、液晶ディスプレイやプロジェクターを使った会議でのプレゼンに大変便利です。

※本商品をお使いになる場合はDisplayPort Alt Mode に対応したUSB Type-C ポートが必要です。
すべての USB Type-C 搭載端末機器がDisplayPort Alt Mode に対応しているわけではありません。
※音声出力には対応しておりません。
直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
US3C-DA/RGB 4957180122557 ¥4,100   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         
次世代USB規格 Type-Cに対応!グラフィックアダプター RGB端子搭載モデル

「USB Type-C」ポートを使ってカンタン映像出力

次世代USB規格 Type-Cに対応!

本商品は、次世代USB規格「Type-C」ポートを利用し、映像を出力するためのグラフィックアダプターです。
USB Type-Cは、パソコン、スマートフォン、タブレットなど共通のインターフェースとなる次世代USB規格であり、今後、普及が拡大すると予想されます。また、ドライバーレスで映像出力などが可能となるDisplayPort Alt Modeは、WindowsやMac以外のOSでも標準サポートされると考えられています。

※本商品をお使いになる場合はDisplayPort Alt Modeに対応したUSB Type-Cポートが必要です。すべてのUSB Type-C搭載端末機器がDisplayPort Alt Modeに対応しているわけではありません。

最新の対応機器については、USB Type-C対応グラフィックアダプター動作確認済み機器一覧をご覧ください。

次世代USB規格 Type-Cに対応!

表・裏の区別なく挿せるUSB Type-Cコネクター

表・裏の区別なく挿せるUSB Type-Cコネクター

USB Type-Cコネクターは表と裏の区別がないので、向きを気にせず接続することができます。
急いでいる時もサッと挿せて素早く映像を出力することができます。

アナログRGB端子でディスプレイやプロジェクターへ映像出力

会議でのプレゼンテーションで活躍

最大2048×1152ピクセルの解像度に対応し、WUXGA(1920×1200)や、フルHD(1920×1080)といった、大画面を使ったプレゼンの際に活用できます。また、どんな端末機種にも似合うスタイリッシュなデザインと、持ち運びやすいコンパクトなデザインで、外出先での使用にも大変便利です。

アナログRGB端子でディスプレイやプロジェクターへ映像出力

※音声出力には対応しておりません。
※出力できる解像度は、本商品と接続する端末の仕様によって異なります。

マルチディスプレイで作業効率アップ!

複数のファイルやソフトを参照しながらの作業に効果アリ!

複数のファイルやソフトを参照しながらの作業に効果アリ!

表計算ソフトを見ながら業務システムへデータを入力するなど、複数のウィンドウを見比べながら業務を行う場合、2つの画面を使用することで作業効率がアップします。
入力する画面と参照する画面が常に見えているので、ウィンドウを切り替える手間を減らすだけでなく、誤入力によるミスも減らすことができます。

DisplayPort Alt Modeとは?

DisplayPort Alt Modeとは?

ディスプレイ関連の規格策定を行なうVideo Electronics Standards Association(VESA)が策定した「USB Type-C」コネクターでDisplayPortを利用できるようにする拡張仕様です。
USB 3.0/3.1が持ついくつかのレーンを利用し、DisplayPortの映像信号を出力する事が可能となります。
変換アダプターを利用することで HDMIやRGBなどの従来のコネクターを持つ機器への映像出力も可能になります。

USB Type-C Alt ModeはDisplayPortの映像信号を出力する事が可能
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】