録画した地デジ番組の編集に対応した PCI Express x1接続TVキャプチャボードGV-MVP/HS2

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

GV-MVP/HS2

「GV-MVP/HS2」は、地上デジタル放送のハイビジョン映像をパソコンで視聴・録画して楽しめる、地上デジタル対応TVキャプチャボードのPCI Express x1モデルです。
ハイビジョン映像の美しさをありのままパソコンで再現する高品質&高画質設計。使いやすさと検索性にこだわったオリジナルTVキャプチャソフト「mAgicTV Digital」を添付し、使い勝手も抜群です。また、チャンネル数に応じて対応製品を組合わせることで、多チャンネル同時録画にも対応しています。
録画した地デジ番組の編集機能(※)に加え、CPU負荷を低減する「Netbookモード」や、外出先からの録画予約、追っかけ再生などに新対応し、地デジをもっと楽しめるようになりました。
※弊社ホームページより最新のサポートソフトをダウンロードのうえアップデートしていただく必要があります。

GV-MVP/HS2:Graphic and Video - mAgic TV Products / model HS 2nd
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
GV-MVP/HS2 4957180079660 ¥15,700   詳細  2010/4/7生産終了  後継品GV-MVP/HS3
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

感動高画質!ハイビジョン映像をパソコンで「観る」「録る」 !!


超高画質な地上デジタル放送のハイビジョン映像をパソコンで楽しめます。 もちろん「ハイビジョン画質そのまま」で地デジをパソコンに録画可能!最大1920×1080のフルHD解像度(※1)での録画にも対応しているので、ハイビジョンならではの高精細で迫力のある映像をパソコンのディスプレイでそのまま楽しめます(※2)。 あなたのお部屋で競技場や劇場のリアル感が何度もよみがえります。
※1: 解像度は、放送している番組に依存します。(地上デジタル放送の番組は、最大1440×1080のHD解像度で放送されています。[2008年12月現在])
※2: ハイビジョン環境の構築方法はこちらをご覧ください。対応機種は仕様をご確認ください。お持ちのパソコンの対応状況は「地デジ相性チェッカー」でラクラク判定できます。

地上デジタル放送の魅力


地上デジタル放送は、ゴーストのない鮮明な映像・高音質が特長です。横縦比16:9のワイド画面、劣化のないきめ細かなハイビジョンの高画質映像と音声で、まるでその場にいるかのような臨場感と迫力を楽しむことができます。また、データ放送や字幕放送など、様々なサービスでより快適なTV視聴を実現します。地上デジタル放送の詳細については、社団法人デジタル放送推進協会のホームページを参照ください。

地デジの高画質映像を映し出す妥協のない高品質設計


地デジの美しさや迫力を余すことなく楽しんでいただくため、アナログTVキャプチャ開発で培ってきた7年連続シェアNo.1(※)の技術とノウハウを活かし、「高品質」「高画質」「高機能」を実現した地上デジタル対応TVキャプチャボードを創り上げました。
※BCNランキング「映像関連」2004~2010受賞

パソコンや基板上の不要なノイズをカット

高画質モジュールを採用した独自の回路設計により、受信性能に影響の大きいパソコンや基板上の不要なノイズを極限までカットしました。

高感度シリコンチューナー搭載


従来のCANチューナー(テレビチューナーモジュール)と同等の性能を発揮する、高感度シリコンチューナーを搭載。 RFトラッキングフィルタを内蔵しているため、コンパクトながらも最適なチャンネルチューニングを実現します。

受信感度を重視したF型コネクタを厳選して採用

ハイビジョン放送波を確実に取り込むために、接続性を重視し、ご自宅のアンテナ線から直接接続できるF型コネクタを搭載しました。

自作派に最適なコンパクト設計

地デジチューナー基板は、約125mmのコンパクト設計。省スペースパソコンにもスマートに増設できます。また、地デジチューナー基板とB-CASカード基板を1スロット機構におさめる「B-CASスマートスロット構造」を採用。複数のスロットを占有しないので、スロットの空きが少ないパソコンや、筐体内部のスペースが狭いパソコンでも安心してお使いいただけます。

ハイビジョンを美しく再現する「Super Live Creation Engine」搭載

より美しく映像を再現するため、オリジナルデコードアルゴリズムを用いた高品質動画再生エンジン「Super Live Creation エンジン」を搭載。高精細な色の再現、シャープな映像表現を高画質にリアル再生します。
同時に、デコードアルゴリズムの最適化によりパソコン本体の負荷を低減します。

PCI Express x1インターフェイスを採用

パソコンとの接続には、これからの標準インターフェイスである「PCI Express x1」を採用しました。

PCI Expressとは


PCIバスに代わる次世代インターフェイスとしてマザーボードやメーカー製PCで採用が進んでいる規格です。従来のPCIバスやAGPバスとは形状が異なるため、PCI Express用ボードはPCI Expressに対応した拡張スロット専用となります。

CPU負荷を低減する「Netbookモード」搭載 [NEW]


パソコンで地デジを楽しむにはパソコン側に高い処理性能とデジタル映像出力が必要でした。
しかし、アイ・オーの地デジキャプチャは、地デジ放送の解像度を下げて圧縮するなどの映像劣化をともなう低負荷処理を行わず、ハイビジョン映像のままCPU負荷を低減する「Netbookモード」を搭載。
通常では地デジ映像が観られないような、低スペックPCでも快適にお使いいただけます。ながら見に最適です。

※「Netbookモード」時は、以下の機能が制限されます。
番組情報・番組表の取得、予約録画の番組追従、TV視聴録画の自動終了、データ放送・字幕放送の表示。

⇒「Netbookモード」時の動作環境の詳細は、仕様をご確認ください。

低消費電力を実現

ハイビジョンの視聴・録画を実現する高性能にも関わらず、当社アナログチューナー製品に比べて、通常使用時の消費電力を約30%削減しました。
※当社仕様値より算出。

最大8チャンネル同時録画に対応!

録りたい番組が重なっても安心!対応製品を自由に組み合わせることで、最大8チャンネルの番組を同時録画できます。これなら、主要テレビ局の放送を全チャンネル余すことなくすべて録画することも可能。好きな番組を好きな時に再生して楽しめる最強のメディアサーバーが、自宅のパソコンで実現します。
※チャンネル数に応じて対応製品をご用意いただく必要があります。

また、「GV-MVP/HS」「GV-MVP/HX」「GV-MVP/HZ」いずれかを搭載するパソコンに、本製品を新たに搭載した場合、すべて本製品と同等の新機能をご利用いただけるようになります。([NEW]のマークが新機能の目印です。)

対応製品、複数同時使用時の推奨環境は仕様をご確認ください。

アイ・オーのアナログTVキャプチャ製品とも組み合わせて使える!

mAgicTV5搭載アナログTVキャプチャ「GV-MVPシリーズ」との併用もOK!
「mAgicTV5」と「mAgicTV Digital」の2つのソフトウェアを切り替えて使用することで、裏番組も録画することができます。絶対キレイに残したい番組は「デジタル」で録画、とりあえず見たい番組は「アナログ」で録画、と使い分けることもできます。

対応製品、複数同時使用時の推奨環境は仕様をご確認ください。

信頼の国内設計

「信頼」と「高品質」そして「使いやすさ」をお客様にお届けするために、開発から製造まで一貫した国内生産を行っております。

デジタル放送をフルに愉しめるTVアプリケーション「mAgicTV Digital」 [NEW]


直感的な使いやすさに定評のあるTVキャプチャソフト「mAgicTV5」をさらに進化させ、地上デジタル放送に対応した「mAgicTV Digital」を添付。クオリティの高いハイビジョン映像の美しさをさらに引き立てる、黒を基調としたシックなデザインを採用しました。
パソコンにどんどん録りためて、好きなときに観る—テレビキャプチャを知り尽くしたアイ・オーが自信を持っておすすめする、「パソコンで地デジ」生活をご提案します。


・CPU負荷を低減する「Netbookモード」
・録画番組の編集(最新のサポートソフトをダウンロードのうえアップデートが必要)
・外出先からの録画予約「どこでもmAgicTV予約」
・録画中の「追っかけ再生」
・視聴の際の「画面のみ表示」
・観たいシーンからすぐに再生できる「チャプター機能」
・録画した地デジを家の中でどこでも楽しめる!(最新のサポートソフトをダウンロードのうえアップデートが必要)

 

外付けハードディスクへの録画が可能


たくさん録画しすぎて、お持ちの内蔵ハードディスクがいっぱいになっても大丈夫!
パソコンならではのテレビ録画のメリットは、ハードディスクを増設できること。
アイ・オーなら、デジタル放送の録画に最適な大容量のハードディスク(※)を多数ラインナンップしているので、1時間で約7.1GB使用する地上デジタル放送も、安心してたっぷり録画できます。

録画時間の目安は仕様をご確認ください。

BD・DVDへダビングして家庭用プレーヤーで再生可能


録画した番組はBD・DVDにダビングして家庭用プレーヤーで再生可能です。
ダビング10番組のコピー/ムーブはもちろん、コピーワンス番組のムーブにも対応しています。

BDへコピー/ムーブする場合、BD-RまたはBD-RE対応ドライブ、メディアが必要です。
DVDメディアへコピー/ムーブしたデータはSD画質になります。また、CPRM対応のDVD-RWまたはDVD-RAMドライブ、メディアが必要です。
コピー/ムーブした番組をさらにコピー/ムーブすることはできません。
ブルーレイディスクへのダビング/ムーブの機能は「AACSキー」の有効期限の終了後はお使いいただくことができなくなります。※有効期限はこちらをご確認ください。


離れた場所からリモコンで操作!

ご家庭のテレビやレコーダーを操作する感覚で、「mAgicTV Digital」をリモコン操作できる別売リモコンをラインナップ。視聴・録画はもちろん、画面サイズの変更や早送り・巻戻し、データ放送などの操作ができます。

対応リモコン


GV-RCKIT3GV-RCkit2(※)
※「GV-RCkit2」には、データ放送などの操作で使用する「青」「赤」「緑」「黄」のカラーボタンを搭載しておりませんが、それぞれの機能を持つボタンを搭載しておりこれらで操作できます。
※mAgicTV5と併用する場合は切換が必要です。

高解像度のハイビジョン環境を実現する豊富なラインナップ

ハイビジョンライフをもっとお楽しみいただける周辺機器を豊富にラインナップ!HDCP対応製品はもちろん、どんどん録りためるための「外付ハードディスク」や、お気に入りをずっと残しておくための「ブルーレイドライブ」「DVDドライブ」など、目的に合った組み合わせ方で使うことができます。
地デジのハイビジョンをお楽しみいただくためには、著作権保護機能HDCPに対応した液晶ディスプレイとグラフィックボードが必要です。アイ・オーなら、HDCP対応製品のトータルソリューションが可能!

パソコンの対応状況をラクラク判定!「地デジ相性チェッカー」無料配布中

⇒地デジ相性チェッカー
パソコンの対応状況を3ステップでラクラク判定することができます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】