2.5インチカセットHDD「REC-iN」RHDMシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

RHDMシリーズ

RHDMシリーズ「REC-iN(レックイン)」は手軽に使える2.5インチのカセットHDDです。
「REC-iN」スロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク RECBOX「HVL-AVSシリーズ」に対応。容量がいっぱいになれば、「REC-iN」を交換するだけ。録画したいジャンルごとに「REC-iN」を用意して番組ライブラリを作ることができます。
また「RHDM-U500B」付属アダプターと組み合わせて、東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉の外付USBハードディスクとして利用可能。ハイビジョン番組をカセット感覚でたっぷりと録画できます。
もちろん、通常のポータブルハードディスクとしてPCに接続して利用することも可能です。
コンパクトで大容量なメディアとして増え続けるデータの整理に活用できます。
型番 JANコード 仕様 価格 サポート 備考
カセットHDD
RHDM-500B 4957180101224 500GB   ¥10,600    2014/11/5生産終了
アダプターセットモデル
RHDM-U500B 4957180101231 500GB   ¥13,600    2014/11/5生産終了
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の をクリックしてご覧ください。
  •                         

カセットHDD「REC-iN」

2.5インチカセットHDD「REC-iN」
2.5インチカセットHDD「REC-iN」
「REC-iN(レックイン)」はアイ・オー・データ機器が独自に開発した録画向けカセットHDDです。
※カセットHDD(iVDR-S)との互換性はありません。

「REC-iN」の特長

2.5インチハードディスクを採用したコンパクトなカセットHDD。
コンパクトで大容量なメディアとして増え続けるデータの整理に活用できます。

HVL-AVSシリーズの容量をかんたん増設

HVL-AVSシリーズの容量をかんたん増設
REC-iNスロット搭載ハイビジョンレコーディングハードディスク RECBOX 「HVL-AVSシリーズ」に、カセットHDD「REC-iN(RHDMシリーズ)」が対応。
HVL-AVSシリーズの内蔵ハードディスクの容量がいっぱいになった時も、REC-iNを買い足すことでさらにたくさんのテレビ番組を録画できます。

東芝〈レグザ〉の録画に最適

東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉でハイビジョン録画&再生!
「RHDMシリーズ」はカセット感覚で使える2.5インチハードディスク。アダプターと併用することにより、USB接続の外付けハードディスクとして使えます。
更に、USB外付けハードディスクへの録画が可能な東芝ハイビジョン液晶テレビ〈レグザ〉と組み合わせて使うことで、手軽にハイビジョン録画が可能。カセットHDD式の利点を活かして、いっぱいになったら次々にカセットHDDを取り替えることができ、容量に悩まされることなくハイビジョン録画を楽しむことができます。

※REC-iNに録画された番組は、録画を行った〈レグザ〉以外の〈レグザ〉で再生することはできません。
※〈レグザ〉に新しくREC-iNおよびアダプターを接続する際は、新規に登録が必要となります。その際に、REC-iN内に既に録画されていた番組がある場合は全て消去されます。
テレビとハードディスクでハイビジョン録画
画質モード:TS(算出用レート) 320GB  500GB
TS 地上デジタルHDレート:最大20Mbps  約34時間 約53時間
BSデジタルHDレート:最大24Mbps  約28時間 約44時間
SDレート:最大8Mbps  約84時間 約131時間

カセットHDDなら、ハードディスクもカセット感覚!

増設ハードディスクをカセットHDD式にすれば、容量が一杯になった時も安心。カセットHDDを買い足すだけで、さらに沢山のテレビ番組を録画できます。
カセットHDDなら、ハードディスクもカセット感覚!
※東芝〈レグザ〉には、REC-iNを最大8枚まで登録可能です。

ポータブルハードディスクとしても使える

ポータブルハードディスクとしても使える
アダプターを使ってパソコンにUSB接続すれば、カセットHDD式のポータブルハードディスクとして利用可能。持ち運びに便利なカセットHDD式だから、データの受け渡しや保存にも最適です。

場所に併せて設置できる2WAYスタイル

専用アダプターは、立てた状態で設置できる「Dockモード」と平置きの「Compactモード」の二つの形態で利用可能。設置場所や利用方法にあわせてお使いいただけます。
Dockモード
(1)Dockモード
アダプターのカバーを開いて、斜め縦置きにした状態です。カセットHDD「REC-iN」を頻繁に交換する際に便利なモードです。
Compactモード
(2)Compactモード
アダプターのカバーを閉じた状態で利用するモードです。アダプターと「REC-iN」が一体となり、一つのUSBハードディスクとして利用できるので、アダプターを丸ごと持ち運んで使う際に便利です。

バスパワーで利用可能

バスパワー対応
PCとの接続時にも、東芝〈レグザ〉との接続時にもバスパワーでの動作が可能。USBケーブル1本でACアダプターなどの電源不要で手軽に使えます。
もちろんPCとの接続時にも、バスパワーでの動作が可能です。(※)

※機種によってはACアダプター(別売「USB-ACADP3」)が必要な場合があります。

パソコンで保存したコンテンツを再生可能

iV Player対応!

動画や音楽、写真データなどを保存して、当社のマルチメディアプレイヤー「iV Player」に挿入すれば、テレビの大画面で楽しむことが出来ます。
※「RHDMシリーズ」を日立WoooなどのiVDR-S対応機器の録画用カセットHDDとして使うことはできません。
パソコンで保存したコンテンツをiV Playerで再生可能

「AV家電向け製品専用サポート窓口」対象製品

AV家電向け製品専用サポート窓口

月曜日から日曜日(年末年始及び当社夏期休業日を除く)
9:00~17:00

このページのトップへ
PC版を表示