ハードディスクの種類と比較

ハードディスクには内蔵タイプのほか、外付けタイプやネットワーク接続タイプといった種類があります。
OSやアプリケーションをインストールできるのは、一般的に内蔵ハードディスクのみですが、外付けタイプでもeSATA(External Serial ATA)インターフェイスモデルの一部ではOSをインストール可能な場合があります。

ハードディスクはどうやって選ぶ?

同じタイプのハードディスクでも、機能や用途によって最適なハードディスクは異なります。
どのハードディスクを選べばいいか迷ったら、やりたいこと、ほしい機能から選んでみましょう。
ハードディスクの選び方

外付けハードディスク

外付けケースの中にハードディスクを収納し、USBやeSATAなどのインターフェイスでパソコンに接続するタイプです。据置型のほか、持ち運びに適した小型のポータブルタイプもあります。
単純にハードディスクを増設する場合に、もっとも用いられやすいタイプです。

最近では、パソコンだけでなくテレビやレコーダーに接続して、番組の録画に対応したタイプも多くなっています。

外付けハードディスク比較表
ポータブルハードディスク比較表

ネットワーク接続ハードディスク(NAS)

図:ネットワーク接続ハードディスク外付ハードディスクの中には、LANインターフェイスを利用してハブやルーターのLANポートに接続するネットワーク接続型のハードディスクがあります。
これらは「NAS」とも呼ばれ、外見こそ外付ハードディスクとよく似ていますが、内部にCPUやOSを搭載するなど、 構造はパソコンに近いものです。

ネットワークでハートディスクを接続することの利点は、複数台のパソコンやスマホ、タブレットで同じハードディスクのデータを利用したい場合に、同じネットワーク内であれば、ハードディスクをつなぎ替えたりする手間なしにデータを共有できることにあります。
写真や動画、音楽データなどの保存・共有に適しているタイプです。

ネットワーク接続ハードディスク比較表
ネットワーク接続ハードディスク「LAN DISK」

内蔵ハードディスク

図:内蔵ハードディスクパソコンやAV機器の本体内部に装着して使用するタイプのハードディスクで、IDEやSATAなどのインターフェイスで接続します。
機器本体に内蔵するため、外付けタイプに比べて場所を取りませんが、そのぶん増設・交換の際に手間はかかってしまいます。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】