地上/BS/110度CS/CATVデジタル放送対応 ハードディスクレコーダーRec-POT EX 仕様

仕様書印刷
画像

Rec-POT EX 1TB 正面

※商品写真はイメージです。実際の外観とは異なる場合があります。
Rec-POT EX e2 by スカパー!(旧サービス名称:スカパー!110)もWOWOWデジタルも、もちろん地デジもまるごとハイビジョン画質&5.1chサラウンドで録画できる「Rec-POT」シリーズ。新機能「番組ソート」が搭載された大容量1TB(テラバイト)モデルが登場しました。
地上デジタル放送、BSハイビジョン放送、110度CSデジタル放送、CATVハイビジョン放送を思いのまま録画できるので、スタジアムの興奮が、ライブの感動が、あなたのお部屋で何度でもよみがえります。
Rec-POTなら、ハイビジョンテレビにi.LINKケーブル1本でカンタンに接続。電子番組表(EPG)からリモコンひとつで録画予約できます。

HVR-HD1000EX:Hi-Vision video Recorder - HD drive xxxGB model R / EX

添付品

主な添付品 専用リモコン、i.LINKケーブル(1.2m)、取扱説明書、保証書、単3形乾電池(動作確認用)

対応機種

対応機種
対応チューナー
動作確認済み一覧リストはこちら

仕様

型番 HVR-HD1000EX HVR-HD800R HVR-HD500R HVR-HD400R HVR-HD250R
録画できる放送 地上デジタル放送、BSデジタル放送、110度CSデジタル放送、CATVデジタル放送
ハードディスク容量
【パナソニック製
AV専用ハードディスク
「AVHDD」採用】
1TB(1000GB) 800GB 500GB 400GB 250GB
録画可能
時間
地上
デジタル放送
(ハイビジョン)
約102時間 約82時間 約52時間 約41時間 約26時間
BS
デジタル放送
(ハイビジョン)
約82時間 約66時間 約42時間 約33時間 約21時間
デジタル
標準画質

約250時間

約200時間 約130時間 約100時間 約65時間
録画可能番組数※1 最大 511 最大 255 最大 127
ビデオ録画形式 MPEG2-TS(最大28.3Mbps)
ビデオ録画機能※2 EPG予約録画
ビデオ再生機能
番組ソート/プログラム再生
(リピート再生対応)※3
早送り/巻き戻し(3倍/6倍/12倍/24倍/100倍)※3
プログラム再生(リピート再生対応)※3
早送り/巻き戻し(3倍/6倍/12倍/24倍/100倍)※3
その他機能
録画番組のロック
プログラム保存※3
プログラム移動※3
TVプリセット機能
対応TVメーカー
・エプソン ・日本ビクター ・三洋 ・パイオニア
・シャープ ・日立 ・ソニー ・松下
・東芝 ・三菱    
テレビによっては、操作できないことや一部ボタンを使えないことがあります。
著作権 DTCP著作権保護対応
ムーブ機能対応
対応動作モード D-VHSモード/ディスクモード
入出力端子 i.LINK×2
外形寸法 約430(W)×267(D)×50(H)mm
(脚部・突起部除く)
約280(W)×204(D)×35(H)mm
(脚部・突起部除く)
環境への配慮 RoHS指令準拠 -
質量 約3.8kg 約1.9kg
質量(梱包時) 約5.0kg 約2.8kg
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 動作時 21W
(待機時7W)
動作時21W
(待機時8W)
動作時13W
(待機時5W)
動作時12W
(待機時5W)

i.LINKは商標です。
※1: 録画時間や画質によるハードディスクの容量にも依存します。
※2: 本機能は接続するチューナーの機能となります。
※3: D-VHSモードのみ。ディスクモードでは接続するチューナーの機能により異なります。

【使用上のご注意】
ご使用いただく前に・・・
? 必ず事前に試し録画をして、正常に録画されていることを確認してください。
本製品を使用中、万一これらの故障や不具合により録画されなかった場合の録画内容の保証については、ご容赦ください。
本製品の動作中に停電などが発生すると、場合により録画された内容が消去されてしまうことがあります。
録画された番組の互換性について・・・
? 本製品に記録された番組は、記録したチューナー(内蔵テレビ)でご覧ください。他のチューナー(内蔵テレビ)では再生できない場合があります。また、本製品に記録された番組はすべてのチューナー(内蔵テレビ)で再生できることを保証するものではありません。
機能制限について・・・
? 接続するチューナー(内蔵テレビ)やD-VHSなどの機器により、一部機能に制限が生じる場合がございます。機能制限の詳細はこちらをご覧ください。
ハードディスクについて・・・
? 本製品はハードディスクに映像を記録しています。ハードディスクは衝撃や振動、温度などの環境の変化の影響により、記録された映像が損なわれる場合がありますので、次の点にご注意ください。
・衝撃を与えないでください。
・録画や再生中は電源プラグおよびi.LINKケーブルを抜かないでください。
・電源を切り、動作が完全に終了してから、電源プラグを抜いてください。
著作権保護のための録画防止機能について・・・
? 著作権保護のための信号が付加されている放送や映像を録画することはできない場合もあります。
著作権について本製品で録画、録音したものは、個人として楽しむほかは、著作権上、権利者に無断で使用できません。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】