マルチディスプレイ活用のススメ ノートパソコン編

 How to do“multi-display” マルチディスプレイ活用のススメ
ディスプレイを1台プラスするだけで、会社でも家でも、驚くほど作業効率がアップします。
デスクトップだけでなく、ノートパソコンにも1台プラスすれば、
会社での事務作業時に理想的な作業スペースを確保できます。

ノートパソコンでの作業時にこんな悩みありませんか?
ノートパソコンに、プラス1台 マルチディスプレイで解決 早速、あなたのノートパソコンを「マルチディスプレイ」へ

マルチディスプレイは、基本ルールを知れば、誰でも簡単に設定ができます!!
パソコンとディスプレイの接続端子を確認したら、いざ「マルチディスプレイ」へ

接続端子を確認して、パソコンとディスプレイを接続 基本ルール「接続端子の確認」へ

Windowsも、Macも、パソコン側に設定 基本ルール「パソコン設定」へ

活用ススメ1 大画面で事務作業も効率化 マルチディスプレイモード

ディスプレイを1枚プラスして、作業スペースを拡張するモード。
最も一般的に使われています。2画面で平行して作業したり、別の画面でインターネットを立ちあげたりすることができます。

活用ススメ2 プレゼンテーションに最適 モニターオフモード

会議室で行うプレゼンテーションなどで、持参したノートパソコンに大画面ディスプレイを接続して使用します。ノートパソコン側の表示をオフに、ディスプレイ側のみ表示します。

あなたのノートパソコンにプラス1枚選ぶなら…
限られた机上スペースでも… マルチディスプレイで作業効率UP

BEFOREでは、限られたノートパソコンのディスプレイ内に、いくつも画面を重ねて表示していました。
AFTERでは、大画面に作業資料を表示し、デスクトップも変わらない作業スペースを展開しています。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】