マルチディスプレイ活用のススメ 基本ルール編

 How to do“multi-display” マルチディスプレイ活用のススメ
ディスプレイを1台プラスするだけで、会社でも家でも、驚くほど作業効率がアップします。
デスクトップだけでなく、ノートパソコンにも1台プラスすれば、
会社での事務作業時に理想的な作業スペースを確保できます。

これさえわかれば大丈夫! マルチディスプレイの基本ルール パソコンとディスプレイを接続する前に…接続端子の種類と組みあわせを知ろう!

マルチディスプレイは、パソコンと複数のディスプレイケーブルで接続します。
まずは、パソコン側の接続端子とディスプレイ側の接続端子、それぞれの種類を確認します。

接続端子を確認したら、パソコンとディスプレイをケーブルで接続 パソコンとディスプレイの接続可能な組み合わせ もし、パソコン側に接続端子がなくても…USB端子があれば、接続できる!

USBグラフィックアダプターを使ってディスプレイ端子を接続 USBグラフィックアダプターとディスプレイとの接続方法

お使いのディスプレイ端子に合ったUSBグラフィックアダプターを選ぶ USBグラフィック(USB-RGB2) USBグラフィック(USB-RGB/D2) USBグラフィック(USB-RGB3/D) USBグラフィック(USB-RGB3/H) USB-4K/DP
Windowsも、Macも、設定画面を開いて…パソコン側で画面設定しよう。

パソコンとディスプレイを接続したら、次は、パソコン側で画面設定を行います。
Windowsも、Macも、とても簡単にマルチディスプレイに設定できます。

Windowsの場合 デスクトップ画面を右クリック >「画面の解像度(C)」から設定

デスクトップ画面で右クリックし、「画面の解像度(C)」を選択します。
「複数のディスプレイ(M)」を「表示画面を拡張する」を選べば設定完了です♪ (Windows8の場合)

Windowsのパソコン側の設定画面例

Macの場合 システム環境設定 >「ディスプレイ」から設定

アップルマークから「システム環境設定」を起動し、ハードウェアの「ディスプレイ」を選択します。(Mac OS X 10.8以降の場合)
「ディスプレイをミラーリング」のチェックを外し、「ディスプレイ」タブの解像度で「ディスプレイに最適」が選択すれば設定完了です。 Macのパソコン側の設定画面例
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】