よくわかるディスプレイの「表示遅延」とは

よけたはずなのに、ゲーム終了!こんな経験はありませんか?

ゲームをしていて、画面上ではコントロールできていたはずなのに、ゲームでは間に合わなかったという経験はありませんか?
ゲーム機の操作とディスプレイの表示にズレが発生していることが原因です。

よけたはずなのに、ゲーム終了!こんな経験はありませんか?

ゲーム機とディスプレイの表示のズレ

これは「表示遅延」によるものです。「表示遅延」とは、ゲーム機器のコントローラーを操作してから、映像がディスプレイに表示されるまでの時間です。
「ゲーム機器・PCなどによる遅延時間」と「ディスプレイの内部遅延時間」と「液晶パネルの応答時間」を合算した時間のことです。
内部遅延の時間が少なく、応答時間が速いほど、表示遅延が小さくなります。

ゲーム機とディスプレイの表示のズレ

表示遅延が大きいと、俊敏な操作が必要とされるゲームでは、ネックとなります。

内部遅延時間

アイ・オーなら高画質化回路を動作させながらわずか「0.1フレーム」。高画質化処理を行い美しい表示で、さらに遅延が少ないので快適です。

内部遅延時間

このページのトップへ
PC版を表示