スピードアップのテクノロジー

メモリーをスピードアップさせる機能として、「デュアルチャネル」「トリプルチャネル」があります。
これは、複数のメモリを組み合わせてデータを分散して処理をおこなうことにより、メモリのデータ処理を高速化する技術です。

デュアルチャネル・トリプルチャネルのしくみ

「メモリー = 道路」「データ転送量 = 通行量」とイメージしてください。

通常のパソコン

画像:1車線のイメージ道路が1車線しかないため、1度に少ない台数(データ量)しか通行できません。

デュアルチャネル対応パソコン

画像:2車線のイメージ車線が倍の2車線になり、通行量(データ転送量)が2倍に!

トリプルチャネル対応パソコン

画像:3車線のイメージ車線が3倍に。
3車線になるので通行量(データ転送量)が3倍に!

デュアルチャネルの効果

シングルチャネルとの違い

Read/Write Test スコア比較では、速度が約4割アップ!

【メモリー】I・ODATA:DX533シリーズ(PC2-4200 DDR2-533)
【マザーボード】ASUSTek:P5B
【CPU】Intel:Core 2 Duo E6300
【VGA】nVIDIA:GeForce 6800
【HDD】Seagate:Barracuda 7200.8(SATAⅡ250GB)
【OS】Microsoft:Windows Vista Ultimate RC1
【Software】 HD BENCH Ver3.30
【設定】 C:100MB Read&Write値を5回測定。その平均値を記載。(2006/9 当社調べ) ※測定値はご使用の環境により異なります。

メモリー容量での違い

Windows Vista メモリー増設効果を測定。512MBと2GBでは、データ転送速度が38秒短縮!

【メモリー】アイオーデータ:DX533シリーズ(PC2-4200 DDR2-533)
【マザーボード】ASUSTek:P5B
【CPU】Intel:Core 2 Duo E6300
【VGA】nVIDIA:GeForce 6800
【HDD】Seagate:Barracuda 7200.8(SATAⅡ250GB)
【OS】Microsoft:Windows Vista Ultimate RC1
【Software】 Adobe:Photoshop CS2
【設定】 3MBの写真データを50枚開く時間を5回測定。その平均値を記載。(2006/9当社調べ) ※測定値はご使用の環境により異なります。

デュアルチャネル・トリプルチャネルにするには

自分のパソコンが対応しているか確認する

ご利用のパソコン取扱説明書で、仕様ページの「メモリー」欄をご確認ください。
「デュアルチャネル」「トリプルチャネル」の表記があれば、これらに対応したパソコンです。

お使いのパソコンに対応するメモリーを探すならこちら

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】