大容量ネットワークハードディスク「LAN DISK Home」 500GBx2HDL4-G/2Dシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDL4-G/2Dシリーズ

「HDL4-G1.0/2D」はLANDISK Home「HDL4-Gシリーズ」の基本機能をそのままに、搭載ハードディスクを2台とすることでお求めやすい価格を実現しました。ハードディスク容量が足りなくなったらご自分で簡単にハードディスクが増設できます。
初期モード(※1)のまま増設すれば、保存したデータや番組はそのままに2倍の容量として利用できます。また、データバックアップ用にRAID 5に変更して使うことも可能(※2)なため、将来性も抜群です。

※1: 追加ハードディスクは当社HDI-SA500H7のみとなっております。
増設は必ず2ドライブ同時に行ってください。4ドライブに増設すると2ドライブ構成に戻すことはできません。
※2: 増設前に保存したデータは初期化され消去されます。
あらかじめUSB端子にハードディスク等を接続してデータ待避を行ってください。

HardDisk LAN 4Drive -Gigabit Ethernet xxxTB / 2 Hard Disk model
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
HDL4-G1.0/2D 4957180077116 1TB   グリーン購入法 ¥53,000   詳細  2008/8/27生産終了  後継品HDL2-A2.0RT
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ハードディスクの増設が自分で簡単にできる!

「HDL4-G1.0/2D」はハードディスクを4台搭載できるところを、2台とすることで、お求めやすい価格を実現したモデルです。元々搭載の2ドライブに加えて、将来必要となったとき2台のハードディスクを増設することが可能です。
初期設定のスパニングモード(複数のハードディスクを合計して1つの大容量ドライブとして利用するモード)でそのままご利用になる場合は、2ドライブでのご利用時に保存したデータを残したままで増設ができます。
しかも、ハードディスクの増設はコインなどで簡単に行えます!

参考:ハードディスク交換手順 (動画)
Windows Media形式(主にWindowsをお使いの方)
QuickTime形式(主にMacintoshをお使いの方)

ハードディスク増設手順は、製品に同梱されております「必ずお読みください」に記載しております。
別売のHDI-SA500H7を2台お買い求めの上、増設してください。
ハードディスク増設手順の詳細はコチラ
2ドライブ時は、スパニング(複数のハードディスクを合計して1つの大容量ドライブとして利用するモード)のみ対応。
4ドライブに増設すると、データを残したまま4ドライブでのスパニングモードで動作します。
( RAID 5モードに変更してご利用頂くことも可能です。この場合データは全て失われます)
4ドライブに増設すると、2ドライブ構成に戻すことはできません。
ドライブ増設は必ず2ドライブ同時に行ってください。1ドライブずつの増設は出来ません。


【RAID 5対応】 4ドライブに増設時のみ対応
大切なデータの保管先として安心してお使いいただけるよう、上位モデルのHDL-GTシリーズで培った高信頼のRAID技術を継承しています。
RAID 5モードの搭載により、万一内蔵ハードディスク4台のうちの1台が故障しても、大切なデータを守ります。また、故障したハードディスクを新しいディスクに交換すると自動的に障害発生前の状態に戻しますので、難しい修復作業は不要です。

拡張USBポートで増設が可能!

容量が足りない場合は、本体前面・背面のUSBポートにハードディスクを接続して容量を増設することも可能です。

テラバイトの大容量!

デジカメで撮った写真や、キャプチャした動画ファイル、音楽ファイルなどパソコンにたまった大量のデータの一括保存先として1TB(テラバイト)の大容量なら、増え続けるデータの保存先に困ることはもうありません。さらに将来、当社「HDI-SA500H7」を2台追加し、2TB(テラバイト)とすることも可能です。

ホームネットワーク新基準「DLNAガイドライン」準拠

DLNAの策定するデジタル機器の相互接続性の標準設計ガイドライン「Home Network Device Interoperability Guidelines v1.0」に準拠したメディアサーバーを搭載。ネットワーク上でDLNA(デジタル リビング ネットワーク アライアンス)に準拠した機器とつなげることによって、テレビやメディアプレーヤー(例:弊社製AVeL LinkPlayer)などでLANDISK Home内のデータを再生することができます。
デジオン社製DiXiMサーバーを採用。

DLNAって何?

DLNA(デジタル リビング ネットワーク アライアンス)はパソコンやデジタル家電などの相互接続性を確保する非営利団体です。ホームネットワークの時代に向け、接続するだけでLANDISK Home内の様々なコンテンツを対応機器で楽しむことができるDLNAは今後の鍵を握る技術として注目されています。

パソコンなしでテレビからも初期設定ができる

リビングでの利用を第一に考え、パソコンを使わなくてもDLNAに対応したテレビからLANDISK Homeとの接続設定ができるように作られています。

東芝<レグザ>のハイビジョン録画に使える

東芝製ハイビジョン液晶テレビ「〈レグザ〉 Z2000,Z3500」シリーズの[ネットワークハイビジョン録画機能]に対応。
LANDISK Homeを接続して、ハイビジョンのデジタル映像をそのままの画質で録画できます。録画・再生操作はテレビのリモコン操作で行います。LANDISK Homeを接続するだけで、より快適なAVライフをお楽しみいただけます。

【地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ】
東芝 57Z3500・52Z3500・46Z3500・42Z3500・37Z3500・47Z2000・42Z2000・37Z2000・32Z2000

デジタル新頭脳「メタブレイン プロ」による、高画質化機能・ネットワークハイビジョン録画機能などを搭載。
LANDISKにデジタル放送を録画できます。
地上・BS・110度CSデジタル放送が録画可能です。
ハブを接続することで、 LANDISKは8台まで接続可能。
容量1TBのハードディスクなら、地上デジタル放送のHDモードで、約106時間の録画が可能。
※ スパニングモード使用時

東芝REGZAのサイト

iTunesサーバー機能搭載。LANDISKが巨大なミュージックサーバーに

LANDISK Homeにネットワークでつながっているパソコンで起動したiTunesが、LANDISK Home内の音楽ファイルを自動で発見。離れた場所から再生することが可能です。

デジカメコピー機能搭載。写真を簡単とりこみ

前面のUSBポートにデジカメやUSBメモリーをつなぎ、コピーボタンを押すと写真やデータを手軽にLANDISK Homeに取り込むことができます。パソコンを介さず、大量の写真データを安全に保管できるので、すぐいっぱいになりがちなデジカメデータの保存先として使い勝手が抜群!しかも、DLNAに対応したテレビや当社LinkPlayerと接続すれば、テレビの大画面で写真を鑑賞することができます。

デジカメコピー機能対応機種

新しく撮った写真ファイルだけが保存されます

デジカメを接続するたびに中のデータを全てLANDISK Homeの中にコピーしていたのでは、同じファイルを何度も保存してしまい、無駄な容量を浪費することになりかねません。 LANDISK Homeは前回保存時にはなかった、新しい写真ファイルのみが保存されるように、デジカメ内のデータフォルダとLANDISK Home内のフォルダを同期させてファイルを保存します。

多くのデジカメでコピー機能が使える「PTP&マスストレージ」に対応

マスストレージクラスに加え、デジカメの画像転送における標準プロトコルPTPにも対応することにより、多くのデジタルカメラでデジカメコピー機能をご利用いただけるようになります。

取り込んだ写真はフォトアルバム機能で整理

WEBブラウザで写真の管理ができる“フォトアルバム機能”に対応。パソコンはもちろん、Webブラウザを機能を搭載したゲーム機などからも、取り込んだ写真の確認やアルバム整理、スライドショー再生を行うことができます。

デジカメプリントに便利な書き戻し機能を搭載

別売のリーダー・ライターを利用すれば、フォトアルバム機能で作成し写真を登録したアルバムを、お使いのメモリーカードに書き戻すことができます。

使用可能なリーダー・ライター
プリントアウトしたい画像をフォトアルバム機能を使ってお家でゆっくり選択し、書き出したメモリーカードをお店に持っていくことでスピーディーにプリントが依頼できます。

HDDを巨大なCDチェンジャーとして使える!

本製品の前面のUSBポートにDVD/CDドライブを接続すれば、パソコンを使わず本製品のボタン操作だけでDVD/CDメディアのISOイメージを本製品に取り込むことができます。
取り込んだISOイメージは「CD革命/Virtual Client for LANDISK」をインストールしたパソコンから、LANDISK Homeを巨大なCDチェンジャーとして利用することができます。

本ソフトウェアは、株式会社アーク情報システム DVD/CD仮想化ユーティリティ「CD革命/Virtual」のLANDISK用カスタマイズ版です。
Windows Vista/XP/2000のみ対応。
HDL4-G1.0/2D 1台につき、パソコン3台までインストールしてご利用いただけます。
市販のコピープロテクトされているメディアには対応しません。
音楽CDはISO取り込みできません。
使用可能な外付DVDドライブ:DVR-UN18GLV、DVR-UH18GT、DVR-UN18GS、DVR-UN18E、DVRP-UN8LX*、DVRP-UN8PL2*、DVRP-UN8PS*
*バスパワーでは使用できません。DVDドライブに添付のACアダプターをご利用の上、使用してください。

2つのフォルダを同期して簡単バックアップ!"Sync with"

登録した2つのフォルダの内容を同期できるソフトウェア"Sync with"を添付
パソコンの中のフォルダを「HDL4-G1.0/2D」の中のフォルダと同期させておけば、面倒なデータのバックアップを自動で行うことができます。マウスでファイルのコピーをする手間がないぶん、お使いのお客様は目の前の作業にのみ集中することができます。

UPS電源連動で運用可能

APC社製のUPSに対応。UPSをモニタリングし、電源状況によって安全にシャットダウンができる機能を搭載しています。
Webブラウザを使った設定画面で、UPSの接続状況、バッテリー残量を確認できます。
電源停止があったとき、情報をログに記録することができます。
UPS電源連動で運用可能
LAN DISK対応UPS一覧
※ HDL4-G/2Dシリーズを接続するイーサーネットハブも、UPSのバックアップ電源に接続する必要があります。
※ UPS1台につきHDL4-G/2D 1台がシャットダウン機能に対応します。USBケーブルはUPSに付属の専用ケーブルをご利用ください。

RoHS指令対応

弊社では、地球に優しい製品を目指し、有害物質削減に取り組んで来ました。その結果、欧州RoHS指令に準拠した製品ができました。

RoHS指令準拠製品一覧
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】