Windows Storage Server 2008 R2 Standard Edition 搭載モデルHDL-Z4WTCRシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDL-Z4WTCRシリーズはWindows Storage Server 2008 R2 Standard Editionを搭載した1UラックマウントNASです。搭載しているStandard EditionはOSによる接続ユーザー数に制限がないため、Workgroup Edition搭載製品と比べてより大規模なオフィスに導入いただけます。
CPUにIntel Atom D2700 2.13GHz デュアルコアプロセッサー、4GBメモリーを搭載し、ハイパフォーマンスを実現。インストールされたソフトウェアを快適に動作させることが可能なほか、大量のサーバーデータのバックアップも高速に行えます。
ストレージ仮想化ソフト「VVAULT Professional OEM(1年)」を搭載し、NASやUSB HDDなどのストレージを統合することが可能。また、サーバーラックに取り付ける際に欠かせないラックマウントレールを標準添付しています。

※HDDを4基搭載。使用モードにより利用可能容量は異なります。表記容量はストライピングモード(RAID 0)利用時。

本商品に関するホワイトペーパーをご用意しています。

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
HDL-Z4WT4.0CR 4957180105888 4TB   グリーン購入法 ¥238,000   詳細  2014/4/9生産終了  後継品HDL-Z4WL4CR2
HDL-Z4WT8.0CR 4957180105895 8TB   グリーン購入法 ¥260,000   詳細  2014/8/29生産終了  後継品HDL-Z4WL8CR2
HDL-Z4WT12CR 4957180105901 12TB   グリーン購入法 ¥328,000   詳細  2014/8/29生産終了  後継品HDL-Z4WL12CR2
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

接続ユーザー数無制限のStandard Editionを搭載

Windows Storage Server 2008 R2 Standard Editionを搭載しています。Workgroup Edition搭載製品と比較して、接続ユーザー数に制限がない(※)ため、より大規模なオフィスでお使いいただけます。
※ご利用いただくユーザー数(クライアントの数)としては制限がありませんが、同時にアクセス可能な最大同時接続台数は推奨50台となります。

 
Windows Storage Server 2008 R2
Edition
Workgroup Edition
Standard Edition
同時接続ユーザー数
50
無制限
Single Instance Storage
-
主な搭載製品
HDL-Z4WSCRシリーズ
HDL-Z4WSAシリーズ
HDL-Z2WSAシリーズ
など
HDL-Z4WTCRシリーズ
(本製品)
 HDL-Z4WSCRシリーズ/HDL-Z4WSAシリーズ/HDL-Z2WSAシリーズなど
 HDL-Z4WTCRシリーズ

高速データ転送を実現するハイパフォーマンス

Atom D2700 2.13GHzデュアルコア/4GBメモリー
CPUにAtom D2700(2.13GHzデュアルコア)、メモリーを4GB(従来製品※の2倍)搭載したハイパフォーマンスモデル。複数ユーザーからの同時アクセスにも強い他、バックアップソフトやウィルス対策ソフトをインストールした際も快適に動作可能です。
HDL-Z4WSAシリーズと比較した場合

スペースに困らない1Uラックマウントモデル

ラックマウント
米国EIA(米国電子工業会)の規格に準拠した19インチ 1Uラックマウント対応モデルです。ラックで関連機器を集約すれば、ケーブルの接続が良くなり盗難防止も役立ちます。
また、ラックマウントレールを標準添付していますので、ご購入後どなたでも簡単に取り付けが可能です。

取り付け手順

取り付け手順イメージ
クリップナット
※取りつけに際しては、ご使用のラックに対応したクリップナット(前面6個、背面4個)が別途必要です。(M5x8ネジ対応の物が8個、M5x15ネジ対応の物が2個)

ストレージ仮想化ソフトを搭載

USB HDDやNASなど複数のストレージを接続し、1つのドライブとして統合可能なストレージ仮想化ソフト株式会社オレガ「VVAULT® Professional OEM」が添付されています。VVAULTを使ったストレージの管理で、資産を有効に活用することが可能になります。

既存のストレージを無駄にしない

統合した1つの仮想ドライブとして利用可能
接続されたUSB HDDやネットワーク上のNASを本製品に搭載されたHDDと統合して一つの仮想記憶領域として利用することが可能です。すでにUSB HDDやNASをご利用でデータを本製品に移行する場合にも、既存のストレージ製品を無駄にすることなく利用できます。

<最大99台まで接続可能な「VVAULT Professional OEM」をインストール済>
接続できるストレージ台数が99台まで可能な「VVAULT Professional OEM」を添付しています。

<VVAULT利用時に最適なマルチディスクモードを搭載>
VVAULTを使った場合に容量を効率よく利用可能な「マルチディスクモード」を搭載しています。

VVAULT®を使ったデータ移行

例えば本製品に接続したUSB HDDのデータを統合する際、中のデータはよりアクセス処理の速いハードディスクに自動的に移行されます。移行作業の開始と同時に仮想ドライブから接続したUSB HDDのデータの参照が可能となり、実際のデータ移行はバックグラウンドで行われますので、業務を止めずに統合が可能です。
VVAULTを使ったデータ移行の手順

VVAULT®を使ったバックアップ

追加したストレージをバックアップドライブとして仮想ドライブのデータを随時またはスケジュールに合わせてバックアップすることが可能です。
VVAULTを使ったバックアップの手順

更新ライセンス

添付の「VVAULT Professional OEM」のライセンスのご利用可能期間は1年です。1年以降ご利用になる場合の更新ライセンスをご用意しています。
型番 ライセンス期間 価格
VVAULT-OEM-1Y 1年 ¥50,000
VVAULT-OEM-2Y 2年 ¥95,000
VVAULT-OEM-4Y 4年 ¥180,000

VVAULTの機能を動画でご紹介

VVAULTについて詳しくはコチラ

Windows Storage Server 2008 R2 を搭載

HDL-Z4WTCRシリーズは、NASにインストールして使うことを想定して作られた「Windows Storage Server 2008 R2」OSを搭載したネットワークハードディスクです。Windowsサーバー環境との親和性が高いため、既存のサーバー環境に容易に追加・運用が可能な他、低コストで手軽にファイルサーバーを導入することが可能です。
Windows Storage Server 2008 R2 を搭載

Windows Storage Serverが選ばれる3つのポイント

■ポイント1:低コスト
通常のWindows Server OSの場合、アクセスするクライアントの分だけCAL(Client Access License)が必要ですが、Windows Storage Serverの場合はCALが不要なので低コストに導入が可能です。
■ポイント2:Active Directoryを利用可能
Active Directoryドメイン環境の場合、登録されているユーザー情報を利用してファイル・フォルダへのアクセス権限を設定可能。ユーザー情報を新たに設定する必要がなく、更新・管理の工数が少なくできる他、複数台を導入した際も同じユーザー情報を各々に登録する必要がありません。
Active Directoryの利用イメージ
さらに、NTFSベースのアクセス許可を利用することで、ディスクやフォルダごとにアクセスを許可するユーザーを指定したうえで、ユーザーごとに読み取りや書き込み、変更などの操作制限を設定できるので、より細やかなアクセス権限の管理が可能です。
ウイルス対策ソフトがインストール可能
■ポイント3:ウイルス対策ソフトがインストール可能
ウイルス対策ソフトをインストールすることによりネットワークを介して感染するウイルスからNASを自身で守ることが可能です。
バックアップソフトがインストール可能
また、バックアップソフトをインストールしてWindowsサーバーのバックアップ先として利用することも可能です。
※一部ソフトウェアは本体内にインストールすることができません。
●ウィルス対策ソフトのパターンファイルの配信が可能
LAN DISKをウィルス定義パターンファイルの配信サーバーにすることで、クライアントPCのウィルス対策の負荷を減らしながらNASだけでなくネットワーク環境全体を最新のセキュリティ状態に保つことができます。
最新のパターンファイルをネットワーク環境全体に配信が可能
ハードディスク対応各種ソフトウェア一覧
各種ソフトウェアとの動作確認結果について、詳しくは「ハードディスク対応 各種ソフトウェア一覧」をご確認ください。

RAID機能で万一のHDD故障に備える

4台のハードディスクを搭載し、RAID 0(ストライピング)およびRAID 5(出荷時設定)を構成可能です。RAID 5を構成時には、4台のうち1台のハードディスクが故障した場合にも、ハードディスクを交換することでデータを損失することなく復旧が可能です。
  RAID 0 RAID 5
(出荷時設定)
交換用カートリッジ
利用可能な容量 4TBモデル 4TB 3TB HDLZ-OP1.0
8TBモデル 8TB 6TB HDLZ-OP2.0
12TBモデル 12TB 9TB HDLZ-OP3.0
万が一の事態にもシステムの安全な運用が可能なよう、ハードディスクのOS領域とデータ保存領域が別々のパーティションに分かれています。また、OS領域についてはデータ領域のRAID設定にかかわらずRAID 1が設定され、冗長性が確保されています。
RAID機能で万一のHDD故障に備える

※ OS領域は約100GBとなります。

VVAULT利用時に有効なマルチディスクモード

4つのドライブを独立管理し、各ドライブにドライブレターを割り付けするモードです。ドライブ破損時は該当ドライブ内のデータ消失が起こりますが、VVAULTのライブバックアップを組み合わせることで、冗長性を確保可能です。
<VVAULTのライブバックアップと組み合わせた例>
マルチディスクモードを使った場合、例えば3本のドライブは仮想ドライブとして、残り1本はバックアップ用のドライブとして統合が可能です。
マルチディスクモード

ホットスワップに対応

RAID5で運用中に故障したハードディスクは、ファイルサーバーの運用を停止することなく通電したままHDD交換が可能。専用のカートリッジ式HDD(HDLZ-OPシリーズ)を採用し、どなたでも簡単かつ安全にハードディスクの交換が可能です。
ハードディスクの交換作業

充実した拡張機能

(1)2つのLANポートを搭載

2つのLANポートを搭載しているので、セグメントの異なるネットワークの間で共有利用することが可能です。
2つのLANポートを搭載

(2)eSATA、USBポートに外付HDDを増設可能

eSATA、USBポートに外付ハードディスクを接続することで、保存容量を増設し共有ファイルを保存したり、本体のデータのバックアップ先として利用が可能です。
eSATA、USBポートに外付HDDを増設可能
バックアップ・増設用ハードディスク一覧
USB 3.0に対応
<USB 3.0に対応>
USBポートはUSB 3.0に対応していますので、USB 3.0に対応した増設用HDDを利用することで、より高速にバックアップが可能です。
<Windows Server Backupが利用可能>
また、Windows Storage Server 2008 R2の標準機能である“Windows Server Backup”で毎日の本体のバックアップを自動で行うことが可能です。
※Windows Server Backupの仕様により、2TB を超える容量のデータをバックアップすることはできません。また、ボリューム容量が2TBを超える場合、ボリューム全体ではなくバックアップ対象のフォルダを個別に指定する必要があります。
毎日決まった時刻に、もしくは1日のうちに複数回数のバックアップの設定が可能です。
●バックアップデータにもセキュリティ対策を!
LAN DISK Zシリーズに保存した大切なデータ。せっかく外付けハードディスクにバックアップしても、その外付けハードディスクを持ち去られてしまっては、情報漏えいにつながりかねません。
LAN DISK Zシリーズと暗号化機能搭載ハードディスク「HDJ-HSUシリーズ」を組み合わせて使用することで、バックアップデータを暗号化して守ることができるので安心です。

※「SHGate Service」というソフトウェアをLAN DISK Zシリーズにインストールする必要があります。
「SHGate Service」のダウンロード(サポートライブラリ)
HDJ-HSUシリーズ
バックアップデータをハードウェア暗号化!

管理者向けの機能も充実

(1)クラウド管理機能「NarSuS」搭載

お客様に代わってクラウドサーバーがNASの状態を把握することで、NAS管理者の負担軽減や情報機器の管理が苦手な方でも安心して運用が可能になる機能です。
NarSuSの説明を動画でチェック!
NarSuSについて詳しくはこちらをご覧ください

※本機能は専用アプリ(NarSuSアプリ)をインストールすることにより対応いたします。サポートライブラリからダウンロードして適応ください。
※クラウドサーバーの利用料は無料です。
NarSuSのイメージ図

(2)リモートデスクトップ接続または本体にディスプレイを接続して管理可能

HDL-Z4WTCRシリーズに対する設定は2つの方法で行えます。

<リモートデスクトップ接続>
本体を直接操作することなく、ネットワークを経由して遠隔操作を行うことが可能です(リモートデスクトップ接続)。設置場所に液晶ディスプレイやキーボードなどの入力機器を設置する必要がなく、管理者にとって便利な機能です。
設置場所にディスプレイやキーボードなどを持ち込まなくて良い
本体にディスプレイと入力機器を接続して設定する
<本体にディスプレイと入力機器を接続して設定する>
本体背面のVGAコネクターおよび、USBポートにそれぞれディスプレイとUSBキーボード・マウスなどを接続することで、各種の設定が可能です。ネットワークに接続する前や、ネットワークの障害などでリモートデスクトップ接続が利用できない場合に有効な設定方法です。

(3)専用管理ソフトで一括して設定を変更可能

専用管理ソフトで一括して設定を変更可能
添付の管理ソフト“ZWSマネージャー”で各種の設定を変更することが可能です。
<ZWSマネージャーで設定可能な項目>
設定可能項目 備考
RAIDモードの変更 データボリュームのRAIDモードを変更できます。
本体ファン回転数と内部温度 本体ファン回転数と内部温度が確認できます。
メール設定 本体の情報を発信するメール通知の設定が行えます。
<温度異常の通知>
温度異常の通知
Func.ボタン設定 本体前面のFunc.ボタンにアプリケーションを割り当てられます。
<Func.ボタン>
Func.ボタン
HDDアンプラグ設定 HDDの故障時に、故障HDDの取り外し処理を行うことができます。

(4)リカバリーDVD付属

リカバリーDVDを添付していますので、DVD-ROMドライブを接続してリカバリーDVDが起動することにより、簡単にシステムリカバリーが可能です。リカバリーはVVAULTも組み込んだ状態で復旧します。

サーバー環境と連携する様々な機能

Windows Storage Server 2008 R2は、Windowsサーバー環境と連携することで様々な機能を利用することが可能です。

(1)iSCSIのストレージとして使う

HDDなどの記憶装置の接続で利用されるSCSIコマンドを、ネットワーク上で受け渡しができるようになるiSCSIターゲット機能を利用可能。
サーバーからiSCSIターゲットとして設定することにより、既存サーバーの容量増設、バックアップ先ストレージとして利用も可能です。
iSCSIのストレージとして使う
iSCSIターゲット機能により、本製品上に作成した仮想ディスク(VHD)をiSCSIストレージとして提供することができます。
※iSCSIストレージを利用するには、iSCSIイニシエーターが必要です。
※iSCSIイニシエーターは次のOSで標準サポートされています。(Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008以降)
※次のOSでiSCSIイニシエーターを利用するにはMicrosoftダウンロードセンターより「Microsoft iSCSIイニシエーター」をダウンロードしてインストール必要があります。(Windows XP、Windows Server 2003)

(2)共有フォルダのシャドウコピー機能を搭載

管理者が設定したスケジュールに基づいて、自動で本製品の共有フォルダのシャドウコピーが作成できます。これにより、ユーザーが誤ってファイルを削除してしまった場合などに、履歴をさかのぼって削除したファイルをエクスプローラーやMicrosoft Office 2003の主要なアプリケーションから自分で直接復元できます(※)。
※共有フォルダのシャドウコピー機能を利用する場合にはクライアントパソコンにWindows XP SP2以降が必要です。仮想ドライブには利用できません。
共有フォルダのシャドウコピー機能を搭載

(3)DFSレプリケーション機能

DFSレプリケーション機能
専用のソフトウェアを使わず、LAN DISK2台だけでレプリケーションが可能な「DFSレプリケーション」に対応。
WAN回線を使った遠隔地でのレプリケーションも可能、災害発生時も大切なデータを守ることができます。
※遠隔地のレプリケーションを行う際は、別途VPNルーターを使ったWAN回線が必要です。
※DFSレプリケーションを利用するには、LAN DISKがActive Directoryに参加している必要があります。また、2台のLAN DISKが同一フォレストにある必要があります

(4)ファイル分類管理機能

LAN DISKが自動でファイルを管理
従来のファイルサーバーは、保存されたファイルの整理を手動で行っていましたが、Windows Storage Server 2008 R2では『ファイルの分類管理機能』により移動、削除、圧縮、暗号化などを自動的に行えるようになりました。
これにより、例えば1年間アクセスのなかったファイルを自動的に圧縮・削除するなどのタスクをスケジュールできるようになります。

(5)Single Instance Storage機能

サーバー内に散在している同一ファイルを自動検索し、ファイル実体一つ残して、他は全てリンク情報として登録します。ファイル重複を残さないので、効率的にストレージの利用が可能になります。(Windows Storage Server Workgroup Editionには搭載されていない機能です。)
同一ファイルを自動で置き換え、効率的にストレージを使える!

UPSで停電や電源トラブルに備える

停電や雷、電圧変動といった電源障害から機器を守る無停電電源装置(UPS)との連動に対応しています。
UPSで停電や電源トラブルに備える
ハードディスク対応 UPS一覧

安心の定額保守サービス「アイオー・セーフティー・サービス(ISS)」をご用意

アイオーではご導入から運用までをトータルにサポートする保守サービス「アイオー・セーフティー・サービス(ISS)」をご提供することで、お客様の継続的な事業運営を応援します。
安心の定額保守サービス「アイオー・セーフティー・サービス(ISS)」をご用意
アイオー・セーフティーサービス(ISS)について詳しくはコチラをご覧ください

お知らせ

2014/09/30
本商品は供給元との契約終了につき2014年9月30日(火)をもって販売を終了させていただきます。詳細はこちら

 

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】