法人向け Windows Storage Server搭載モデル(2ドライブラックマウント)HDLM3-GWINシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

HDLM3-GWINシリーズ

HDLM3-GWINシリーズは信頼の自社設計ハードウェアRAIDコントローラー「DELTA2」を搭載した高信頼ビジネスNASです。CPUにIntel Atom デュアルコアプロセッサー、および大容量4GBメモリーを搭載したハイパフォーマンスモデル。また、OSとしてWindows Storage Server 2008 R2を搭載しています。
さらに、2台のハードディスクを搭載し、RAID1(ミラーリング)を構成していますので、万が一のハードディスクの故障時にもデータを守ることが可能です。

本商品に関するホワイトペーパーをご用意しています。掲載ページはこちら

型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
HDLM3-G1.0WIN 4957180104164 1.0TB   ¥218,000   詳細  2013/5/29生産終了  後継品HDLM3-G2.0WIN
HDLM3-G2.0WIN 4957180104171 2.0TB   ¥268,000   詳細  2015/1/21生産終了
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ハードウェアRAIDによる信頼性の高いミラーリング

2台のハードディスクを搭載しミラーリング。万が一のハードディスク故障の場合もデータを守ることが可能です。

故障時も、運用したままディスク交換(ホットスワップ)

・内蔵する2台のハードディスクに、同じ内容を記録します。
・どちらか一方のハードディスクにトラブルが生じると、自動的に障害ドライブを切り離し、警告メッセージを表示。障害ドライブが交換されるまで、正常ドライブのみで運用を継続できます。
・故障したディスクドライブは、電源をいれたままで簡単に取り外して交換できます。ディスククラッシュ時にも本製品を停止することなく障害ディスクを交換できます。
2台同時に記録してトラブルに備える/ドライブ交換もカンタン!

システムに負荷の少ないハードウェアRAID採用

ハードウェアRAID搭載
2台のハードディスクによるミラーリングを行うにあたり、ソフトウェアRAIDよりもメリットの多いハードウェアRAIDを採用しました。

○ソフトウェアRAIDとは?
多くのRAID NAS製品で採用されているRAID実現方式です。OSの処理と同様に汎用のCPUがRAID機能の処理を行います。
Software RAIDの仕組み
○ハードウェアRAIDとは?
専用のモジュールによって、CPUを使うことなくRAID機能の処理を行います。
Hardware RAIDの仕組み
専用RAIDコントローラーDELTA2
専用RAIDコントローラーDELTA2
○万が一の際の信頼性で選べばハードウェアRAID
OSの状態と関係なく、安定した動作が可能なハードウェアRAIDなら安心して動作が可能です。

<ソフトウェアRAIDとハードウェアRAIDの比較表>
項目
Software RAID
Hardware RAID
初期コスト
CPUへの負荷
OS依存
障害対応

面倒な設定作業なく、自動復帰

リビルド終了後は、特別な操作を行うことなく自動的にミラーリング状態に戻ります。

Windows Storage Server 2008 R2を搭載

Windwos Storage Server 2008 R2
HDLM3-GWINシリーズは、NASにインストールして使うことを想定して作られた「Windows Storage Server 2008 R2」OSを搭載しています。Windowsサーバー環境との親和性が高いため、既存のサーバー環境に容易に追加・運用が可能なほか、低コストで手軽にファイルサーバーを導入することが可能です。

SMB2.1対応でWindows 7と相性抜群

ファイル共有プロトコルとして最新の「SMB2.1」に対応。
Windows 7などのクライアントOSとの組み合わせで抜群のパフォーマンスを発揮します。

※SMB2.1を有効にするためには、パソコンやサーバーのOSがWindows Vista以降のものを利用する必要があります。
Windows Storage Server 2008 R2・Windows Storage Server 2008、Windows 7と組み合わせた時は高速なSMB2.1が適用されます。

 
Windows Storage Server
2008 R2
Windows Storage Server
2008
Windows Storage Server
2003以前
Windows 7
Windows Server 2008 R2
SMB2.1
SMB2.0
SMB1.0
Windows Vista
Windows Server 2008
SMB2.0
SMB2.0
SMB1.0
Windows XP以前
Windows Server 2003以前
SMB1.0
SMB1.0
SMB1.0

ソフトウェアがインストール可能

ウイルス対策ソフトをインストールしてNASを守ることができる!
ウイルス対策ソフトをインストールすることによりネットワークを介して感染するウイルスからNASを自身で守ることが可能です。さらに、対応するソフトを利用すればウイルスパターン配信サーバーとしても利用可能です。また、バックアップソフトをインストールしてWindowsサーバーのバックアップ先として利用することが可能です。

※一部ソフトウェアは本体内にインストールすることができません。

ハードディスク対応各種ソフトウェア一覧

iSCSIのストレージとして使える

HDDなどの記憶装置の接続で利用されるSCSIコマンドを、ネットワーク上で受け流しができるようになるiSCSIターゲット機能を利用可能です。
SCSIコマンドをネットワーク上で受け渡しができるiSCSIターゲットを利用可能!
iSCSIターゲット機能により、本製品上で作成した仮想ディスク(VHD)をiSCSIストレージとして提供することができます。

※iSCSIストレージを利用するには、iSCSIイニシエータが必要です。
※iSCSIイニシエータは次のOS標準でサポートされています。(Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008以降)
※次のOSでiSCSIイニシエータを利用するにはMicrosoftダウンロードセンターより「Microsoft iSCSI イニシエータ」をダンロードしてインストールする必要があります。(Windows XP、Windows Server 2003)

IPv6に標準対応

IPv6ネットワークで使用可能!
今後普及が見込まれるIPv6ネットワーク上でもお使いいただくことが可能です。

デュアルコア Atom&大容量メモリー搭載

デュアルコアと大容量メモリーでパフォーマンスを損なわない
CPUには、Intel® Atom™ Processor D525(1.8GHz)Dual Coreを搭載していますので、卓越したパフォーマンスでファイル転送処理を高速で行えるのはもちろんのこと、メモリーも4GBも搭載していますので、ウイルス対策ソフトや、バックアップソフトを本体内にインストールした場合でもパフォーマンスを損なうことなく運用可能です。

UPSで停電や電源トラブルに備える

停電や雷、電圧変動といった電源障害から機器を守る無停電電源装置(UPS)との連動に対応しています。
電源障害から守るUPSとの連動に対応!
ハードディスク対応UPS一覧

その他の特長

ユーザーに代わりNASを見守るサービス「NarSuS」に対応

NarSuS

お客様に代わってNASの状態をネットワーク経由で監視するクラウド管理サービス「NarSuS(ナーサス)」を無償提供。設置場所を問わず複数台のNASを一括管理できるので、管理者の負担を大幅に削減できます。


■トラブル時の正常復帰をサポート

NarSuS

「NarSuS」の詳細はこちら

さらに、インターネットに接続できない環境下に設置されたNASも管理できる「NarSuS リンク」も利用可能。
「NarSuSリンク」の詳細はこちら

ステータス管理を容易にする専用ユーティリティを添付

機能状態や設定などをカンタンに見られる専用ユーティリティ
・ミラーリングの機能状態をリモートでモニターできます。
・システム温度センサーを内蔵し、温度が異常に上昇したとき自動でシャットダウンするよう設定できます。
・RAID部の状態が変化した時や、ディスクの異常が発生した時にメールで通知できます。送信メールアドレスは複数設定することも可能です。

アクティブリペア機能による不良セクタの自動修復

バックグラウンド動作で、ディスク全体をスキャンし、ディスクにエラーが発生していないかを確認します。エラーセクタを発見した場合には、正常なディスクのデータを利用してエラーセクタ部分に局所的な修復を自動的に行い、データを失うリスクを飛躍的に低減しています。
不良セクタを自動的に修復してデータロストのリスク削減!

USBポートにハードディスクを2台増設可能

バックアップ・増設用ハードディスク一覧
背面に2つのUSB 2.0/1.1ポートを搭載。ここにUSBハードディスク、USBプリンター、UPSなどを接続できます。
ネットワーク経由で、USB接続で共有できます(Windowsのみ)

安心の定額保守サービス「アイオー・セーフティー・サービス(ISS)」をご用意

アイ・オーではご導入から運用までをトータルにサポートする保守サービス「アイオー・セーフティー・サービス(ISS)」をご提供することで、お客様の継続的な事業運営を応援します。
安心の定額保守サービス「アイオー・セーフティー・サービス(ISS)」をご用意

アイオー・セーフティー・サービス(ISS)について詳しくはコチラをご確認ください

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】