IEEE802.11n/a/g/b対応 無線LANアクセスポイントWHG-NAPG/A

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

WHG-NAPG/A

「WHG-NAPG/A」は、IEEE802.11n/a/b/g の全ての無線LAN規格に対応し、2.4GHzと5GHzの同時使用が可能な無線LANアクセスポイントです。
基本的なアクセスポイントの機能に加え、法人ユースで望まれるポートセパレーターやVLAN、IEEE802.1dスパニングツリーといった高度な機能やIEEE802.1x/EAP認証の高度な暗号化にも対応。
お使いの環境にあわせ充実したセキュリティ機能で、企業でも安心してお使いいただけます。

Wireless High Grade products - IEEE802.11n/a plus g/b Access point
直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
WHG-NAPG/A 4957180084435 -   ¥31,700   詳細
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ICT活用授業を支援する「SKYMENU Class」に対応!

「SKYMENU Class」動作確認済み!

ファームウェアバージョン1.06以降に更新してご利用ください。
アップデート方法詳細は当社サポートライブラリをご参照ください。

「SKYMENU Class」とは


ソフトウェア開発会社Sky株式会社による、普通教室でのICT活用を支援するタブレット対応授業支援ソフトウェアです。
2014年6月4日よりWHG-NAPG/AがSKYMENU Class対応無線LANアクセスポイントとなりました。
Sky株式会社  URL: http://www.sky-school-ict.net/
SKYMENU Class  URL:http://www.skymenu-class.net/

SKYMENU、SKYMENU Classは、Sky株式会社の登録商標または商標です。

11nに正式対応!快適な通信が可能

IEEE802.11nに正式対応。高速通信に加え障害物にも強く、柔軟性が求められるオフィス空間でより快適な通信をお使いいただけます。

チャンネルボンディングにより2つのチャンネルを束ねて利用!

チャンネルボンディングにより2つのチャンネルを束ねて利用!

従来は20MHzの帯域幅しか使うことができませんでしたが、2007年6月の電波法の改正に伴い、帯域幅を2倍に使えるようになりました(チャンネルボンディング)。これにより最大300Mbps(規格値)(※)での高速通信が可能となりました。

広くつかわれている11g/bと比較して、大幅に高速化

従来の無線LANでは11g/bが使われることが一般的でしたが、速度的には満足のいくものではありませんでした。11nの無線LANであれば最大300Mbps(規格値)(※)で快適な通信が可能。従来の11b規格と比較して約30倍、11g規格と比較して約6倍のハイスピードをほこります。

広くつかわれている11g/bと比較して、大幅に高速化
※表示の数値は、本製品と同等の構成を持った機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。

電波干渉が少ない5GHz帯(11n/a)と広く普及した2.4GHz帯(11n/g/b)の2つの周波数帯を利用可能

IEEE802.11g/bは2.4GHzの周波数帯を利用しますが、2.4GHzは電子レンジや電話子機、Bluetooth®機器など多数の機器が利用しており、干渉しあって速度低下や安定しないこともしばしば。普及したからこその混雑がおきているIEEE802.11n/g/bに比べ、IEEE802.11n/aは5GHzの周波数帯を利用できるため、干渉する機器が少なく安定した無線LANを使用することができます。
IEEE802.11b/g,IEE802.11a

※5.2/5.3GHz帯(W52、W53)は電波法により屋内使用に限定されます。
※W56の帯域を利用して通信を行うにはW56に対応した子機が必要です。

2本のアンテナで安定性が大幅向上!電波の乱反射も有効利用

2本のアンテナを使って受信した信号を合成して利用するため、安定性が大幅にアップ。また、屋内で発生する電波の乱反射も有効に使えるようになりました。これらを活用して、障害物があっても高精度の通信が可能となります。
2本のアンテナで安定性が大幅向上!電波の乱反射も有効利用

広いオフィスでもこれ1台でカバー

無線LAN実測値で、5GHzの場合「約110.6Mbps」のスループットを発揮します。長さ50mあるワンフロアのオフィスでも、はしからはしまで十分な転送速度を実現します。
広いオフィスでもこれ1台でカバー

※表示の数値は、当社の測定環境にて測定した実際のデータ転送速度であり、周囲の環境条件(通信距離、障害物・電子レンジ等の電波環境要素、使用するパソコンの性能、ネットワークの使用状況など)より、実効速度が出ない場合があります。

3モードでワイヤレスネットワークを構築

(1)アクセスポイントモード

通常のアクセスポイントとして動作します。

接続可能な機器:無線LANクライアント
アクセスポイントモード

(2)ユニバーサルリピーターモード

壁などがあり無線通信しにくい場合に、本製品を中継点(リピーター)として接続できます。
エリアに存在するネットワーク(SSID)を選択し、接続することで機能します。
※IEEE802.1x認証ネットワーク内では使用できません。
※タグVLAN機能と同時に使用できません。

接続可能な機器:無線LANクライアント、無線LANアクセスポイント
ユニバーサルリピーターモード

(3)WDSリピーターモード

2つ以上の有線ネットワークなどを無線でブリッジできます。
WDSアクセスポイント(親機)1台に対し、WDSクライアント(子機)4台まで接続できます。
接続する機器(親、子)が互いに相手のMACアドレスを登録することで接続可能になります。
※タグVLAN機能と同時に使用できません。

接続可能な機器:WDSリピーターモードの本製品
WDSリピーターモード

ユニバーサルリピータ WDSリピータの違い

ユニバーサルリピーターを使用したネットワーク構築例、WDSリピーターを使用したネットワーク構築例

※リピーターモードを使用する場合、通信帯域を親機と子機にシェアするため、実行速度が低下することがあります。
  ユニバーサルリピータ WDSリピータ
接続台数   20台 5台
接続できる機器   接続する機器(親)の制限はありません。   WDSリピーターモードの本製品
備考   既存の他社製無線APを拡張することが可能。 ※IEEE802.1x認証ネットワーク内では使用できません。   高度な認証(IEEE802.1x)を用いたネットワークをそのまま拡張することができます。

使用できる組み合わせ

以下の組み合わせで設定できます。
2.4GHz 5GHz
アクセスポイント アクセスポイント
アクセスポイント WDSリピーター
アクセスポイント ユニバーサルリピーター
アクセスポイント 無効
WDSリピーター アクセスポイント
WDSリピーター 無効
ユニバーサルリピーター アクセスポイント
ユニバーサルリピーター 無効
無効 アクセスポイント
無効 WDSリピーター
無効 ユニバーサルリピーター
無効 無効

【ご注意】
●以下の組み合わせでは設定できません。
・ユニバーサルリピーターを両方の周波数で設定する。
・WDSリピーターを両方の周波数で設定する。
・ユニバーサルリピーターとWDSリピーターの組み合わせで設定する。

柔軟かつ高度な暗号化にも対応

IEEE802.1x/EAP認証対応

RADIUS(認証)サーバーとの組み合わせにより、アクセスを許可されたユーザー以外の不正なネットワーク接続を防ぐセキュアなネットワークを構築できます。
IEEE802.1x/EAP認証対応

※認証サーバーは別途ご用意ください。当社サポート窓口では、RADIUSサーバーの設置やRADIUS認証の利用に関するサポートは行っておりません。あらかじめご了承ください。

企業での使用にもマッチする、高いセキュリティ機能

IEEE802.11i準拠の無線LANハイセキュリティ「WPA2-EAP(AES)」など幅広い暗号化方式に対応。「WEP(64/128bit)」、「WPA-PSK(TKIP/AES)」、「WPA2-PSK(AES)」、「WPA-EAP(TKIP/AES)」、「WPA2-EAP(AES)」と、お使いの環境にあわせて適切な方式を使用いただけます。

法人ユースで望まれる機能を搭載

ポートセパレーター

無線LANクライアント同士の通信を制限する機能です。
ホットスポットなど不特定ユーザーに無線を公開する場合に使用します。
「SSIDベース」、「STAベース」のポートセパレーター機能を併用し、クライアント1台ごとに接続を制限することも可能です。
SSIDベース、STAベース、SSID+STA

ポートセパレーターの使用例
通常時、ポートセパレーター使用時


ポートセパレーター機能により、ワイヤレス機器間の通信を遮断しつつ、NASやインターネットとの通信が可能となります。
SSID+SATポートセパレーター

タグVLAN

バーチャルLAN(仮想LAN)の方式のひとつで、送信フレームのヘッダ部分に識別番号を記すことでグループ分けします。
異なるグループにデータを送らないことで、負荷軽減とセキュリティに役立ちます。
※WPSリピーター、ユニバーサルリピーター機能使用時には利用できません。
VLAN

WMM

無線でのQoS(Quality of Service)を有効にします。
動画、音声など特定のパケットに対して優先的に帯域を確保します。

電波出力調整機能

電波送信出力レベルを抑えることにより、各アクセスポイントの電波到達エリアを小さくし、電波干渉リスクを低減します。
※10%、25%、50%、75%、90%、100%から選択いただけます。

管理に役立つ機能も充実

ログ管理

ログ管理
クリックすると大きな画像が表示されます
本製品設定画面でのログ表示だけでなく、Syslogサーバーへの送信、アクセスログのE-mail添付送信、イベントログのメール通知など管理者が自席に居ながら情報を得る方法を複数用意しています。

スケジュール動作

無線のオン・オフ、再起動、ログメールの送信設定をスケジュール動作で実行できます。
スケジュール動作

省電力モード

一定時間無線通信がない場合に、無線の休止間隔を自動で設け、消費電力を抑えます。
無線LANクライアント側から接続があった場合には、自動的に無線オンに復帰します。

簡単設定ユーティリティ「Magical Finder」を標準添付

IPアドレス設定ツール「Magical Finder」を標準添付。ネットワーク上の本製品を検出します。
既設のネットワークにあわせたIPアドレス設定が簡単に行えます。
簡単設定ユーティリティ「Magical Finder」を標準添付

複数の無線アクセスポイントを一括で管理!

一括設定ツールでできること

無線LAN一括設定ツールは1台のパソコンから複数の無線アクセスポイントを一括で設定・管理することができるソフトウェアです。

<機能一覧>

一括設定 複数のアクセスポイントのSSIDや、暗号キー、MACアドレスフィルターの設定ができます。また、死活情報の表示もできます。
IPアドレス設定 アクセスポイントのIPアドレスを設定できます。
スケジュール機能 スケジュールを設定してSSIDや暗号キーの変更を行う機能です。
ブラウザー アクセスポイントの設定画面を表示できます。
無線LAN設定キー作成 USBメモリーに無線LAN接続のための設定情報を出力する機能です。
QRコード表示・印刷 QRコネクトで設定するためのQRコードを生成し表示します。

一括設定ツールはこちらよりダウンロードいただけます。

複数のアクセスポイントを一括設定

ホテルや企業など、複数階にアクセスポイントを設置している場合でも管理パソコンから一括で設定の変更が可能です。管理者の工数を大幅に軽減できます。

商品購入に応じて無線LANサービスの提供を行える


自動で定期的にSSIDや暗号キーを変更できるスケジュール機能を使えば、ホテルやカフェなどの利用日に限定した、無線LANサービスの提供が可能になり、サービスの購入を促すことができます。

QRコードで管理者の手間なくSSIDや暗号キー変更が運用可能


液晶ディスプレイに「QRコネクト」用のQRコードを表示できるので、スマートフォンやタブレットでも簡単に接続ができる無線LANサービスを手軽に運用することができます。
 (QRコネクトが利用できないパソコン用に、QRコードと合わせてSSIDと暗号キーを表示することもできます)
 また、QRコードの印刷も可能ですので館内や店内での掲示も容易です。
 スケジュール機能を使用する場合でも、液晶ディスプレイに自動的に新しいQRコード、SSID、暗号キーを表示しますので、管理の手間をかけない運用が可能です。

パソコン大量導入の無線LAN設定が容易に!


法人でのPC入れ替えなど、一括導入の際、「無線LAN一括設定ツール」からUSBメモリーに無線LANの設定情報ファイルを保存、設定するパソコンで読み込むだけで無線LANの設定を完了することができます。
 
SSID、暗号キーなどの入力・設定が不要となるため、作業効率がアップします。
 

相互接続性を保証「Wi-Fi CERTIFIED」認証取得

相互接続性を保証「Wi-Fi CERTIFIED」認証取得

Wi-Fi Allianceの認定ロゴプログラムは、相互接続性などを検証しテストをクリアした製品のみ認定するプログラムです。メーカーが異なる製品でも同認証ロゴを取得した製品同士の相互接続性を保証するものなので安心してご利用いただけます。

iPhone、iPadなど動作確認済み


iPhone、iPadなど多彩な機器との動作確認済み!
iPhone接続ガイド
動作確認済み機器の詳細は仕様ページをご確認ください。

さまざまな環境に設置が可能

壁掛け/天井設置

天井取り付け用の取り付けキットを標準添付。壁掛け、天井取り付け、平置きなどご使用の環境にあわせて設置できます。
また、IEEE802.3af/IEEE802.3at準拠のPoE(Power over Ethernet)対応回路を搭載しているので、電源の確保しにくい場所や、より電波環境の良さそうな見通しの良い高所に設置する際も、PoE給電対応製品と組み合わせて使用できます。
当社製PoE給電商品「PoE-PS1F」はこちら
※その他動作確認済みPoE給電スイッチは仕様ページをご確認ください。
※その他別途下図のようなネジをご用意ください。
壁掛け/天井設置

セキュリティボックスをオプションでご用意

本商品には専用のセキュリティボックス(鍵付き)をオプション(別売)でご用意しております。
セキュリティボックスを使用することで、壁や天井に取り付けでき、盗難・イタズラ防止にも役立ちます。
※ 11ac対応無線LANアクセスポイント「WHG-AC1750AL」にもご利用いただけます。
(WHG-AC1750Aでは標準添付)

 セキュリティボックスをオプションでご用意
 
内容 型番 価格
セキュリティボックス(鍵付き) WHG-OPSB こちらをご確認ください。

作業を効率化するパッケージ設計

箱に入ったままで設定ができます

SIer様や設置業者様で基本設定を行い顧客へ発送する場合など、個装箱を開けた状態でACアダプタ、LANケーブルの取り付けができるよう内装材の設計を行っています。SIer様や設置業者様のキッティング作業を効率化できます。

導入前の安心!無線LANの環境調査はおまかせ!

 アイ・オーが今までに培ってきた無線LAN製品技術と豊富なノウハウを元に、無線LANを快適にご利用いただくため、オフィスや工場の電波環境を事前に調査して環境にふさわしい設定や位置を確認します。
導入予定の環境に問題がないか、導入後トラブルなく通信できるか不安、というお客様の悩みを解決します!

本サービス(有料)の詳細は、「
無線LAN環境調査サービス」のホームページにてご確認ください。


安心の3年保証

3年保証

より長い期間安心して当社製品をお使いいただくために、3年間の長期保証を実現しております。

アイオー・セーフティ・サービス対象製品(有償保守サービス)

信頼の3年保証に加え、さらにサポート体制を厚くする専用有償サービスも別途ご用意。
製品添付のセンドバックサービスを最長5年に延長するセンドバック保守延長サービスと、製品添付のセンドバックサービスをデリバリィ保守サービスに切り替えるアップグレードパスをご用意しました。
アイオー・セーフティ・サービス

●お客様のご要望にフレキシブルに対応するサービス・料金プラン
・ISS-WHG-ST(デリバリィ保守サービス)
・ISS-LIGHT(センドバック保守延長サービス)

アイオー・セーフティ・サービス 詳細

おすすめ無線LAN子機

WHG-NAPG/Aには、IEEE802.11n/a/g/bと全ての無線LAN規格に対応し、WPA2-EAPおよびIEEE802.1x認証にも対応したハイセキュリティな無線LAN子機がおすすめです。
CardBus接続、USB接続

ヒトと地球に優しい製品づくりを目指します!

ヒトと地球に優しい製品づくりを目指します!

使用部材への指定有害物質の使用を抑制する「RoHS指令」準拠モデル。EU圏において策定された「RoHS指令」に準拠した、安全な製品作りに取り組んでいます。
RoHS指令

RoHS指令
Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electric equipmentの略。
EC95条に準拠した電気器具に含有する(1)鉛(2)水銀(3)カドミウム(4)六価クロム(5)ポリ臭化ビフェニル(6)ポリ臭化ジフェニルエーテルの6物質の使用禁止の指令。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】