WDSブリッジ・リピーター機能搭載 マルチSSID&QoS対応 IEEE802.11a/g/b 無線LANアクセスポイントWN-WAG/A

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

WN-WAG/A

「WN-WAG/A」は、IEEE802.11aと802.11g,bのデュアルバンド対応の無線LANアクセスポイントです。
WDSブリッジ・リピーター機能を搭載。さらにマルチSSIDによる無線帯域の振り分け(QoS)にも対応し、AVデータ向けに優先的に無線帯域を割り当てるといった使い方も可能。パソコン無線LANだけでなく、デジタルAV機器の無線接続にも適したインテリジェントなアクセスポイントです。

Wireless Network products - Wide IEEE802.11a or g / Access point
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
WN-WAG/A 4957180060750 ¥11,500   詳細  2011/7/20生産終了 2009/1/21価格改定  後継品WHG-NAPG/A
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

デュアルバンド対応!高速通信モード「Super AG?」、伝送距離延長技術「XR」対応

デュアルバンド対応

電波の混雑が少なく快適に使用できるIEEE802.11a (5GHz)と、普及率が高いIEEE802.11g,b (2.4GHz)を切替えて使用できます。

IEEE802.11a ? 電波の混雑が少ない高速無線LAN
アクセスポイントとの間に電波の遮蔽物が少ない場合や、802.11gを使ってもあまり速度が出ない場合には802.11aがオススメです。 802.11aは電波の混雑が少ないため、ストリーミングなど大容量のコンテンツを安定して楽しめます。

IEEE802.11g ? 電波の到達距離の長い高速無線LAN
一戸建ての1階-2階間など、802.11aでは電波の届きにくい場所でも802.11gなら電波が届きやすいのでオススメです。また、802.11b無線LAN機器とも相互通信が可能です。

チャンネル数が4→8に増え、さらに便利になった新チャンネル11aに対応!

省令の改正により、IEEE802.11a無線LANの周波数が従来の5.2GHz(J52)帯から5.2GHz~5.3GHz帯(W52/W53)に拡大され、利用できるチャンネル数が4個から8個になりました。
チャンネル数拡大により電波干渉が減少し、より快適な無線LANネットワークが構築できます。

Super AG?対応

伝送スループットを向上する「Super AG」対応。
従来の IEEE802.11a、11g の転送速度に比較し、最大で約2倍ものスループット向上を実現。

無線LANの通信距離を大幅に拡大する「XR機能」に対応!

アセロス社が開発した、無線LANの通信距離を大幅に拡大する「XR(eXtended Range)」機能に対応しています。これまで電波が微弱で接続できなかった遠い場所や、障害物に遮られて死角となっていた場所でも、安定して接続できるようになります。

※XR機能を利用するためには、無線LANの親機(アクセスポイント)と無線LAN子機(カード)の双方がXR機能に対応している必要があります。

安心のWi-Fi認証取得

安心のWi-Fi認証を取得。
WPAセキュリティ方式テストにも合格しています。

無線帯域の優先度を振り分けできる「QoS」機能搭載

1つのアクセスポイントに4つのSSIDを登録可能。
※暗号化設定は全て同一の設定でのご利用となります。
SSID毎に優先度設定を行う、QoS (Quality of Service) 機能を搭載。
帯域を優先したい映像ストリーミングなどに最適です。

3ポートスイッチングハブを内蔵

100BASE-TX/10BASE-T、 Auto-MDI/MDI-X対応の3ポートスイッチングハブを内蔵。
複数のLAN機器をまとめて接続できます。

有線LAN相互の接続ができる豊富なアクセスポイント機能

WDS対応により、「ブリッジ接続」や「リピーター」機能を実現。
有線ネットワークを無線LANで相互接続できます。詳しくはこちらをご覧ください。≫
データの無限ループを自動的に回避する「スパニングツリー」機能を搭載。
同時アクセス数制御による、「ロードバランシング」機能を搭載。

無線LANに欠かせないセキュリティ機能を装備

WPA、IEEE802.1x/EAP認証対応

最新の無線LANセキュリティ規格「WPA-EAP(TKIP/AES)」「WPA-PSK(TKIP/AES)」「WPA2-EAP(AES)」「WPA2-PSK(AES)」に対応。
IEEE802.1x認証(EAP-TLS)に対応。 ユーザー認証とWEPキーの自動配布等の方法でセキュリティを向上します。
WEPは一般的な64/128ビットに加えて152ビットもサポート。

RADIUS認証に対応※1

RADIUSサーバーを設置することにより、RADIUS認証を利用できるようになります。

※1 認証サーバーは別途ご用意ください。当社サポート窓口では、RADIUSサーバーの設置やRADIUS認証の利用に関するサポートは行っておりません。あらかじめご了承ください。

第三者のパソコンからの接続を防ぐ「ポートセパレーター」機能

無線LANクライアント同士の接続をブロックし、第三者が無線経由でパソコンに接続することを防ぐ「ポートセパレーター」機能を搭載。無線スポットなど、公開用のアクセスポイントとして安心して利用できます。

複数台のアクセスポイントを集中管理する「AirPort Administrator」

AirPort Administratorは、複数台の無線LANアクセスポイント「WN-WAPG/A」、「WN-WAG/A」「WN-APG/A」「WN-AG/A」を一括で設定・管理できるツールです。
多数の無線LANアクセスポイントを設置する際に、管理工数を大幅に低減します。

リモートでIPアドレスの初期設定が可能

IPアドレス設定ツール「AirPort Finder」を添付。初期導入時のアドレス設定をリモートから行うことができます。
ネットワーク経由で「WN-WAPG/A」、「WN-WAG/A」「WN-WAG/C」「WN-APG/A」「WN-AG/A」「WN-AG/C」を検索し、IPアドレスを設定できます。

SNMP対応

「MIB-II」や「IEEE802.11MIB」のSNMP仕様に準拠し、市販のSNMPマネージャーを使った監視が可能です。
「SNMPトラップ送信機能」をサポート。トラップ(Trap)と呼ばれるイベント通知機能により、SNMPマネージャーは定期的に本製品の状態変化を検知できます。

Macintoshからも便利に利用できます。

「Bonjour」に対応し、Mac OS XのWebブラウザ「Safari」からの自動認識が可能です。
AirMac、AirMac Extremeからのアクセスに対応します。

PoEアダプター&外部アンテナ対応

Power over Ethernet 受電アダプター「POE-PR(生産終了)」に対応。
電源の配線ができない場所でも、LANケーブルを経由して給電を受けることができます。
オプションの指向性アンテナ「WNO-AG/DF(生産終了)」、
無指向性アンテナ「WNO-AG/NDP(生産終了)」(2.4/5GHz両用)、「WNO-G/NDP(生産終了)」(2.4GHz専用)に対応。
外付アンテナを電波状況が良好な場所に設置できます。

耐久性にすぐれた薄型アルミボディ

アルミ押し出し成型の金属ボディを採用。強度・耐久性・放熱性に優れています。
アルミメタル仕上げのボディは、デジタルAV機器などのデザインにもマッチします。
壁掛用キット・縦置きスタンドを添付。

ヒトと地球に優しい製品づくりを目指します!

使用部材への指定有害物質の使用を抑制する「RoHS指令」準拠モデル。EU圏において策定された「RoHS指令」に準拠した、安全な製品作りに取り組んでいます。
RoHS指令
Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electric equipmentの略。 EC95条に準拠した電気器具に含有する(1)鉛 (2)水銀 (3)カドミウム (4)六価クロム (5)ポリ臭化ビフェニル類(PBB類) (6)ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)の6物質の使用禁止の指令。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】