WiMAXに関するよくある質問

WiMAXについて、よくある疑問・質問を集めました。

WiMAXには何が必要?

WiMAXに対応したデータ通信カード、またはモバイルルーターが必要です。
最近では、一部のパソコンやスマートフォンで、WiMAXがあらかじめ搭載されているものもあります。

IODATAのWiMAX製品一覧

従来のデータカードと何が違う?

従来のデータ通信カードは、携帯電話回線にダイヤルアップ接続して認証する仕組みでした。
これに対し、WiMAXは移動体通信を想定した技術で、サービスエリア内であればダイヤルアップの必要なく、自動でインターネットに接続できます。屋外で広範囲に無線LANが使えるイメージで、下り最大40Mbps(理論値)の高速スピードをご利用いただけます。

WiMAXとは

パソコンにCDドライブがないけど大丈夫?

USBタイプのデータカードの場合、デバイスドライバ等の必要なソフトウェアは本体のメモリーに内蔵済みのため、インストールのためにCDドライブは必要ありません。
パソコンのUSBポートに挿すだけで、自動インストールされます。

どうすれば使える?

USBタイプのデータカードの場合は、製品ご購入後、パソコンのUSBポートに挿すと、オートインストールが始まります。
インストール後に自動でポータルサイトが表示されますので、そこでお好きなMVNO(サービス事業者)とご契約いただけばOK。オンラインサインアップにも対応しているので、その場でモバイルインターネットをお使いいただけます。

サービスエリアは?

2011年9月現在、47都道府県までサービスエリアが拡がっており、今後もサービスエリアは順次拡大する予定です。
詳しいサービスエリアについては、UQコミュニケーションズのWEBページをご確認ください。

UQコミュニケーションズのWEBページでは、サービスエリアマップの確認や、住所を入力してピンポイントエリア判定ができます。

屋内では使える?

電波状況によっては、屋外と比較して通信が安定しない場合があります。

自宅でWiMAX回線を利用する場合は、WiMAX対応モバイルルーターを使って、電波感度のいい場所(窓際など)にルーターを設置し、無線LANで利用するのがオススメです。

なお、自宅やよく行く場所など普段自分が生活しているエリアでWiMAXが使えるかどうかを実際に確認したい場合は、UQコミュニケーションズが実施しているレンタルサービス「Try WiMAX」が利用できます。

料金はいくらかかる?

完全定額プランや1日利用プランなど、利用スタイルに合わせて複数の料金体系が用意されています。
詳しくはUQコミュニケーションズのWEBページをご確認ください。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】