Samsung SSDSSD 850 EVOシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

SSD 850 EVOシリーズ

SSD 850 EVO予備領域の一部を、超高速化バッファとして活用するターボライトテクノロジーを実装。前モデルSSD 840 EVOより10%以上優れた高速性能に加え、パフォーマンスが出にくかった120GB~250GBの低容量帯モデルでも大容量モデル同等のパフォーマンスが得られます。

更に詳しい情報は、SAMSUNG SSD Online(ITGマーケティング社運営)にてご確認ください。
商品に関するお問い合わせ

本商品は法人のお客様向け専用商品です。

サポートページ
カタログ D/Lページ
商品フォトギャラリー
法人様導入事例

直販プライス
型番 JANコード 仕様 価格 備考
MZ-75E120B/IT 4560441091518 120GB   オープン価格    2016/4/8生産終了
MZ-75E250B/IT 4560441091525 250GB   オープン価格  
MZ-75E500B/IT 4560441091532 500GB   オープン価格  
MZ-75E1T0B/IT 4560441091549 1TB   オープン価格  
MZ-75E2T0B/IT 4560441092454 2TB   オープン価格  

ターボライトテクノロジーによる圧倒的な高速パフォーマンス

SSD 850 EVO予備領域の一部を、超高速化バッファとして活用するターボライトテクノロジーを実装。前モデルSSD 840 EVOより10%以上優れた高速性能に加え、パフォーマンスが出にくかった120GB~250GBの低容量帯モデルでも大容量モデル同等のパフォーマンスが得られます。パソコンでのあらゆる利用を想定したランダム性能の最適化により、ランダム書込み速度は前モデル比最大2.4倍もの高速化を達成。勿論、大容量データの読み書きに必要なシーケンシャルリード・ライト性能も大幅に向上。SATA3インターフェースの実効速度限界値に迫るリード・540MB/s、ライト・520MB/sを実現しました。

ターボライトテクノロジーによる圧倒的な高速パフォーマンス

更に進化した超高速化機能「エンハンストRAPIDモード」

パソコンのメインメモリの空き容量を超高速化キャッシュとして利用することで、ストレージ性能の大幅な向上を実現する「RAPIDモード」がSSD 850 EVOに最適化し、更に進化しました。使用頻度の高いデータやアプリケーションを自動的に選別し優先処理を行う「リードアクセラレーション」と、最大32個までの書込み命令の並列処理を行う「ライトオプティマイゼーション」の基本機能はそのままに、最大メモリ使用量を従来の1GBから最大4GBに拡大(※1)することにより、あらゆるランダム性能において2倍の高速性能(※2)を実現しました。
※1:メインメモリが16GBの場合、4GBまで超高速化キャッシュとして利用可能。
※2:SSD 850 EVO 250GBをPCMARKにて測定(Raw Strage Score)。通常時は7500, RAPID Mode有効時15000。サムスン電子調べ。

更に進化した超高速化機能「エンハンストRAPIDモード」

信頼の5年保証

3D V-NANDメモリを採用したことにより耐久性、信頼性が劇的に向上。2D MLC NAND搭載の最高峰モデルであったSSD 840 PRO同等の5年間保証に加え、総書込みバイト量も120GB/250GBは75TB、500GB/1TB/2TBでは150TBを保証(※1)いたします。合わせて搭載コントローラアルゴリズム最適化により、連続データ書込み等の過酷な状況下でもパフォーマンス低下を最小限に抑制。840 EVOよりも最大30%も長く高速性能を持続させることが出来ます。(※2)
※1:Samsung SSD 850 EVOシリーズの製品保証は期間(5年間)もしくは容量ごとに定められたTBW(Total Byte Written=総書込みバイト量)しきい値(120BG/250GB=75TB、500GB/1TB/2TB=150TB)に達した日のいずれかになります。2015年8月時点。
※2:SSD 850 EVO (250GB)とSSD 840 EVO (250GB)を同条件で12時間連続のランダム書込みテストを行った結果、SSD 850 EVO のランダム性能は4500IOPS、SSD 840 EVOの3300IOPSからの36%向上。サムスン電子調べ。

信頼の5年保証

さらに進化した省エネ設計

SSD 850 EVOは3D V-NANDに最適化されたコントローラによるきめ細やかな使用電力制御とキャッシュメモリに至るまでの省エネ対応品の採用により、低消費電力を実現。これに加え、新たにシステムレスポンスの維持とバッテリー駆動時間の長期化という相反する課題を同時に解決するデバイススリープモード(DevSleep)をサポートし、待機時の消費電力を僅か2mW(※1)に抑えました。
※1:SSD 850 EVO 120/250/500GBの場合。1TBは4mW、2TBは5mW。

さらに進化した省エネ設計

安心のセキュリティ機能

SSD内の全データをAES256bitで暗号化。コントローラによるハードウエア制御のため、暗号化による速度低下がありません。パソコンのBIOSのパスワード設定でセキュリティ有効にする「Class 0」、専用ソフトウエアで高度なセキュリティ設定が可能な「TCG/Opal v2」、Microsoft BitLocker® ドライブ暗号化(※1)に対応した「eDrive(Encrypted Drive)」と3つのセキュリティモードをご用意(※2)。用途に合わせてお選びいただけます。万が一パソコンを紛失した場合でもあなたの大切なデータをしっかり守ります。
※1:Microsoft BitLocker®ドライブ暗号化機能はWindows®8、Windows®8.1およびWindows Server® 2012にてサポートされます。
※2:「Class 0」、「TCG/Opal v2」、「eDrive」を同時に有効にすることは出来ません。

安心のセキュリティ機能

充実の添付ソフトウェア

「ワンストップ インストール ナビゲーター」が、一切の迷いなく簡単にSSDへアップグレードできるよう案内します。専用データ移行ソフトウエア「Samsung Data Migration日本語版」は、便利なカスタムクローニング機能を搭載。インテリジェントに移行データの取捨選択を行えます。
専用ユーティリティソフトウエア「Samsung Magician Software日本語版」は、超高速化機能RAPIDモードをはじめ、SSDのデータを完全に消去できるセキュアイレースなど、きめ細かなコントロール機能を満載。

充実の添付ソフトウェア

ダイナミックサーマルガード

ダイナミックサーマルガード機能により、SSD内部に実装された温度センサーが内部温度を監視。70℃を超える異常高温環境になると転送速度を落とし、過酷な環境下でもSSDの熱暴走とデータ破損を阻止します。

ダイナミックサーマルガード

キーデバイスのすべてを内製し、パフォーマンスと信頼性を両立

SSDのキーデバイスであるNANDフラッシュ、コントローラ、ファームウェア、DRAMのすべてに世界最高水準のテクノロジーを注ぎ込み、自社内で開発から生産までを完結。Samsungは、この4つのキーデバイスすべてを自社で製造している数少ないメーカーの1つです。

キーデバイスのすべてを内製し、 パフォーマンスと信頼性を両立

サポート情報

問い合わせ先

法人向けSSD、SDカードについては、SAMSUNG SSD Online/SAMSUNG Memory Card Online(ITGマーケティング社運営)までお問い合わせください。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】