Bluetooth®対応ポータブルスピーカーCPSPK/BT

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

CPSPK/BT

「CPSPK/BT」はBluetooth®に対応しワイヤレス接続できるポータブルスピーカーです。Bluetooth®機能を搭載した携帯電話やポータブルオーディオなどで 、手軽に音楽やワンセグ音声などを楽しめます。再生や音量調節をスピーカー本体からコントロールでき、ワイヤレスを活かし快適にスピーカーサウンドを楽しめます。

携帯電話やポータブルオーディオなどと一緒に使っても違和感のない、スタイリッシュでコンパクトなボディデザインを採用。また、ハンズフリー機能も搭載し、携帯電話とハンズフリーユニットとしてもお使いいただけます。

CPSPK/BT:Cellular Phone SPeaKer / BlueTooth
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
CPSPK/BT 4957180082639 オープン価格   詳細  2011/6/15生産終了
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

Bluetooth®携帯やポータブルオーディオで高音質なスピーカーサウンドを楽しめる!

Bluetooth(R)携帯やポータブルオーディオで高音質なスピーカーサウンドを楽しめる!
Bluetooth®接続によるワイヤレス接続に対応。モバイル用途にも最適なスピーカーシステムです。携帯電話やポータブルオーディオでの音楽再生はイヤホンを使うことが多いですが、「CPSPK/BT」を使うとワイヤレスで手軽に高音質なスピーカーサウンドを楽しむことができます。また電池内蔵により、いつでもどこでもお使いいただけます。

iPhoneの最新OS「iPhone OS 3.0」で動作確認済み

アップル社製iPhoneの最新OS「iPhone OS 3.0」で動作確認済み。最新のiPhone環境でもご活用いただけます。

例えばこんな使い方

プライベートではケータイのオトモに。
プライベートではケータイのオトモに
ビジネスでも活躍。
ビジネスでも活躍

スピーカーから音楽プレーヤーをコントロール可能

「CPSPK/BT」はスピーカー本体に便利な操作ボタンを搭載。手元で再生、ワンセグ選局、音量調節をすることができます。音量をちょっとだけ大きくしたい、ケータイワンセグの放送局を変えたい、そんなときはスピーカーで手軽に変更できます。
スピーカーから音楽プレーヤーをコントロール可能

軽量/コンパクトにしてスタイリッシュなデザイン

携帯電話大の同サイズのコンパクトかつスタイリッシュなデザインを採用。軽量なので携帯電話やポータブルオーディオと一緒に持ち運びも簡単で、ポータブルデバイスとの併用にも最適です。また、着脱可能なフロントネットを添付し、お好みに応じてデザインの変更が可能です。
コンパクト&スタイリッシュデザイン、フロントネットはワンタンチで脱着可能

リチウムイオン電池を内蔵し、繰り返し充電して使用可能

リチウムイオン電池を内蔵し、連続約10時間使用可能。携帯電話や携帯ゲーム機のように繰り返し充電してお使いいただけます。また、ACアダプターによる充電とPCからのUSB充電に対応。使用環境に応じて充電方法の使い分けが可能です。
2種類の充電方法に対応!

ハンズフリー機能搭載

Bluetooth®携帯電話のハンズフリー通話に対応。本体にマイクを内蔵し、リダイヤルや音声認識発信など多彩なハンズフリー通話が利用できます。また、Skypeなどパソコンでの音声認識通話にもお使いいただけます。
音楽再生中でも着信があれば音楽が一時停止し、通話できます。また通話が終われば自動で音楽再生に戻ります。手が離せない状況でもハンズフリーを使うことにより、手軽に通話できます。
ハンズフリー機能搭載

市販のオーディオケーブルでも接続可能

オーディオケーブルで接続
外部入力端子(3.5Ф3極タイプ)を搭載。オーディオケーブルを繋げば、通常のスピーカーとして使うことも可能。状況に応じて幅広い用途にお使いいただけます。(※オーディオケーブルは付属しておりません。別途ご用意ください。)

商品レビュー

ユーザーレビュー

実際に製品をお使いいただいた方の製品レビューを一部ご紹介。
レビューの一覧は「I-O DATA Review Challenge」でご覧いただけます。

小型だけど十分な音量と音質

とっても小さい♪ポータブルスピーカー 接続も簡単!

ワイヤレスって便利!!

ハンズフリーに便利

今後気軽に使えそうです

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】