ディスクアクセス高速化ソフトウェアマッハドライブ 仕様

仕様書印刷
マッハドライブ マッハドライブは、メモリーの一部を利用してディスクアクセスを高速化するソフトウェアです。マッハドライブをインストールすることで、データの読み書きを高速化し、パソコンをさらに快適に利用することができます。ハードディスクはもちろん、高速なSSDを搭載したパソコンにも効果を発揮します。
インストールするだけで自動で設定してくれるから、難しい操作不要で簡単にパソコンを高速化できます。

Mach-Drive

対応機種

動作環境 CPU 各OSの必須環境
メモリー 512MB必須(1GB以上推奨)
インストールに必要な
ハードディスク空き容量
約16MB
備考 マッハドライブは、メインメモリーの一部を利用しデータの読み書きを効率よく処理しています。
そのため、画面上の書き込み処理の進捗と実際のディスクへの書き込みのタイミングが異なる場合があります。
マッハドライブは、アーク情報システム社の「HD革命/BackUp」Ver.9以降とは共存できません。

対応OS

対応OS(日本語版のみ)

Windows 8.1/Windows 8(64/32ビット)/Windows 7(64/32ビット)/Vista(64/32ビット)/XP SP2以降(32ビット)
対応OS備考 インストール、アンインストールには管理者(Administrator)権限が必要です。
設定は、標準ユーザーでも行えます。

仕様

対応ドライブ

パソコン本体のSATA、ATA、USB、IEEE1394などに接続したハードディスクドライブやSSD
※RAIDでの設定はIntel ICH、NVIDIAのチップセットで動作確認をしています。
※ダイナミックディスクとして使用されているドライブには、対応しておりません。
※マッハUSBと併用する場合、マッハUSBのバージョンは1.12以降を使用してください。
対応ドライブ備考 ・メモリー確保容量:8MB~(全ドライブ合計)
※搭載しているメインメモリー量により、設定できる最大メモリー確保容量の上限は増減します。
・メモリー確保容量:8MB~(全ドライブ合計)1ドライブあたり、最大約4GBまで割り当て可能。
設定できる最大確保容量の上限 32ビットOS 搭載しているメモリー量が
1GB未満の場合:128MB
2GB未満の場合:256MB
4GB未満の場合:512MB
64ビットOS 搭載しているメモリー量が
1GB未満の場合:128MB
2GB未満の場合:256MB
4GB未満の場合:512MB
4GB以上の場合:搭載しているメモリー容量から2GBひいた容量。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】