ハンズフリー通信、データ通信サービスに対応!BluetoothRアダプターCPBTシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

CPBTシリーズ

CPBTシリーズは、Bluetooth®を搭載していないau製「CDMA 1X、CDMA 1X WIN」およびNTTドコモ製「FOMA」シリーズと接続することで、Bluetooth®搭載 スズキ カーウイングス対応カーナビとワイヤレス通信を行い、ハンズフリー通話・データ通信など様々なサービスの利用が可能になるアダプターです。

※製品の詳しい仕様や対応カーナビゲーション、対応携帯電話機については、仕様ページでご確認ください。

CPBT/CD、FM: Cellular Phone Bluebtooth adapter / CDMA 1X、FOMA
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
CPBT/CD 4957180078823 au CDMA 1X/1X WIN用   オープン価格   詳細  2010/7/14生産終了
CPBT/FM 4957180078816 NTTドコモ FOMA用   オープン価格   詳細 ioPLAZAで今すぐ購入  2011/11/22生産終了
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

お手持ちの携帯電話機でBluetoothR機能を実現!

本製品を対応する携帯電話機に接続することで、BluetoothR通信が可能になります。
これにより、ハンズフリー通話機能、データ通信機能、電話帳転送機能をワイヤレスでご利用いただけます。
携帯電話機はかばんの中に入ったままでも利用可能です。

カーウイングスのサービスが利用可能!

BluetoothRでワイヤレス接続された携帯電話機を介して、カーウイングスの様々なサービスをご利用いただけます。

カーウイングスのサービス

・ オペレータサービス
・ 最速ルート検索

安心・安全 ハンズフリー通話!

本製品を対応する携帯電話機に接続することでハンズフリー通話が利用できます。また、本製品のAボタン(仕様参照)を押すことで、「携帯電話機単体での通話⇔車載ハンズフリーでの通話」と音声パスの切替が可能!
※安全の為、運転中の通話は必ず安全な場所に停車してから行ってください。

携帯電話機から、カーナビに電話帳を転送(※)すれば、カーナビを操作するだけで、簡単に電話をかけることができ、大変便利です。携帯電話機がかばんの中に入ったままでも通話が可能です。
※携帯電話機との組み合わせにより、電話帳転送できない場合がございます。

ラクラク操作でハンズフリー通話!

簡単設定&簡単接続

初期設定で、カーナビと本製品に相互の情報を1度登録すれば、次からは携帯電話機に本製品を接続するだけ。面倒な操作は一切ないので、気軽に使えます。

カンタン設定

アクセサリ(シガーライター)ソケットにつないで充電!

本製品は内蔵Li-ionバッテリーで動作するため、充電が必要です。
充電は、製品添付のDCアダプターを使って、車両で行ないます。
また、充電しながら本製品を使用することができますので、長時間のドライブでもバッテリー切れの心配はありません。

※本製品のみでは携帯電話機本体の充電は行えません。

※本製品の充電は車両のアクセサリ(シガーライター)ソケットから給電して行うため、アクセサリソケットのない車では、家庭内充電用アダプター[別売]を使用して充電を行ってください。

便利なオプションをラインナップ !!

DCアダプター[別売]

CPBT/OPDC
カーナビと通信しながら、CPBTシリーズも充電できます。[車両のアクセサリソケットから充電] (製品添付のDCアダプターの紛失、買い足しに)

ACアダプター[別売]

CPBT/OPAC
CPBTシリーズをご自宅のAC電源から充電できます。

NTTドコモFOMA用 データ通信対応 充電器接続アダプター[別売]

CH-DC/FM
カーナビと通信しながら、FOMA電話機も充電できます。
[車両のアクセサリソケットから充電]

安心のファーム書き換えサービス(有償)

将来にわたってお使いいただけるように、「ファームウェア書き換えサービス(有償)」をご用意。本体のファームウェアの書き換えにより、今後発売される携帯電話端末についても対応が可能になります。

※携帯電話機との対応状況ならびに書き換えサービスの実施については、ホームページにてご案内いたします。

※ファームウェアの書き換えで全ての端末に対応できることを保証するものではありません。また、書き換え無しで対応できる場合もあります。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】