旅レコをブログ形式でご紹介!

旅レコをブログ形式でご紹介!


「旅レコ」って?
GPSシステムを使って「歩いた道のり」と「時刻」を記録してくれる機器です。添付のソフトで撮影した旅の写真と、道のりを地図上に表示してくれるのであなただけの旅の思い出アルバムがデジタルで鮮明に残せます。
持ち歩くだけで「旅レコ」が思い出の記録をしてくれます。

「旅レコ」紹介の第一弾『金沢小旅行編』
実際に金沢旅行へ行った雰囲気でご覧いただければ、と思います。


はじめて歩く秋の金沢、日帰り小旅行!
旅のお供はコレ!GPSロガー「旅レコ」。
さっそくカバンにぶら下げて、旅行スタートです

旅行スタート


朝9時半すぎに金沢駅到着!
金沢駅正面に出ると、とても大きな伝統的な木の門とガラスとアルミの現代的な駅の建築がそびえてました。
伝統と近代が融合した迫力満点の金沢の玄関口に、まずはびっくり

「鼓門」と「もてなしドーム」をバックに
「鼓門」と「もてなしドーム」をバックに。

天気もよくて、絶好の旅行日和
天気もよくて、絶好の旅行日和。
はじめて見る景色にどんどん写真を撮っちゃいました

旅レコを持ち歩けば、旅の記録も安心
旅レコを持ち歩けば、旅の記録も安心


続いて、バスでひがし茶屋街へ

ひがし茶屋街
金沢にはおとこがわ(犀川)とおんながわ(浅野川)が流れていて、ひがし茶屋街そばに流れるのはおんながわ
浅野川に架かる「梅の橋は」金沢の静かな街並みが見えました。
しっとりした風がそよそよ吹いて、水のせせらぎがさらさら聞こえ、さらに水面がキラキラ輝いて・・・本当に心地よい
このままずーっと、この景色を眺めていたいなぁ~。

茶屋街

梅の橋から茶屋街の方へ移動。
この風情のある街並みが、まさに金沢!!って感じがします。
芸子さんともすれ違いました!お琴の練習する音とかも聞こえたり、なんだか別の世界に来たみたいです

通りでパチリ

ひがし茶屋街のいちばん奥にある和雑貨のお店「今日香」にお邪魔しました。

今日香
暖簾をくぐると、きれいでカワイイお箸や手拭いがズラッと並んでいました。
こういうの、女の子は好きなんですよね。
「どれにする~?」なんて、自然とワクワクしちゃいました。

今日香
選ぶ目は真剣そのもの

和雑貨「今日香」
金沢市東山1-24-6 TEL 076-252-2830
休み 火・水曜(年末年始休)
時間 10:00~夕暮れまで


そろそろお昼。歩き疲れて、おなかもペコペコ
バスに乗り、兼六園の横にある加賀料理のお店「兼見御亭」(けんけんおちん)へ

兼見御亭
落ち着いたインテリア。窓から見える兼六園。うん、いい感じ!

加賀治部煮御膳
注文したのは金沢名物の加賀治部煮御膳!
お腹も心も満たされて、超リッチな気分になれました

超おいしい
超おいしい

兼見御亭(けんけんおちん)
〒920-0933 石川県金沢市東兼六町2-37
[電 話] 076-222-1600
http://www.kenrokuen.jp/


兼見御亭から歩いて兼六園へ。
日本三名園だけあって、この日もたくさんの観光客で溢れていました。
そんな中、スペインの方々の団体と遭遇!
カタコトの英語で聞いたところ、バルセロナ(?)から来たんだそう。
きれいなものは世界共通なんですね~

兼六園

兼六園で忘れちゃいけないのが、そう「ことじ灯籠」!
ちょっとだけ色づいている紅葉と一緒に、何枚も何枚もパチパチ撮っちゃいました


ことじ灯籠

楽しかった日帰り小旅行も、ここで時間切れ
まだまだ見たいところや食べたいものがあったのになぁ・・・と。
ボヤきながら、金沢を後にしました。
残念だけど、それはまた次回のお楽しみということにします



さて、家に帰ると現実に戻ったようで、ちょっと切なくなりましたが、早速PC専用ソフト”旅レコプレーヤー”に写真データとルートを読み込ませてみました。

USBでつなぎます
USBでつなぎます

すると・・・・

地図を表示

私たちが歩いた道のりと、写真の撮った場所が地図にドーンと表示!
旅行後に「これ、どこで撮った写真だったかな?」と思っても、地図を見るだけで一目瞭然
これなら不慣れな土地に旅行に行っても、安心して写真が撮れます!
あー、楽しかった金沢旅行が鮮明に蘇ってくるな~

そうだ!今からこのデータを家族に見せながら、金沢旅行のお土産話をしよーっと
「旅レコ」があると、旅行そのものを思う存分楽しめますね。

ルートと写真を取り込んだデータは、htmlファイルに書き出しが可能!
メールで友達に送ることもできますよ。

このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】