USB 2.0/1.1対応 フラッシュメモリー「EasyDiskSecure2/A」シリーズED-S2/Aシリーズ

仕様書印刷
このエントリーをはてなブックマークに追加

ED-S2/Aシリーズ

ED-S2/Aシリーズは、簡単・強固なパスワードロック「SUGate」と、ハードウェア自動暗号化機能(AES256bit)を搭載したセキュリティUSBメモリーです。
リムーバブルの全領域を強制的にパスワードで保護し、正しいパスワードを入力しない限りアクセスすることはできません。同時搭載の「QuickSecurePlus」を使えばさらにファイル単位での暗号化をかけることもできます。
また、オプションの管理者用ソフトウェア「SUManager」を使用することによって、管理者による一元管理や一部仕様のカスタマイズも可能です。

EasyDisk for Security2 - xxxMB/xGB A
型番 JANコード 仕様 価格 サポート/
取扱説明書
備考
ED-S2/512A 4957180078441 512MB   ¥7,000   詳細  2010/5/9生産終了 2008/11/1価格改定  後継品ED-S4/2G
ED-S2/1GA 4957180077680 1GB   ¥8,000   詳細  2011/1/26生産終了 2008/11/1価格改定  後継品ED-S4/2G
ED-S2/2GA 4957180077697 2GB   ¥13,800   詳細  2011/11/22生産終了 2009/4/8価格改定  後継品ED-S4/2G
ED-S2/4GA 4957180077703 4GB   ¥18,800   詳細  2010/12/8生産終了 2009/4/8価格改定  後継品ED-S4/4G
  • ※価格、仕様については「表示価格と商品全般について」をご確認ください。
  • ※取扱説明書、ソフトウェアダウンロードおよびQ&Aの検索は、上記サポート欄の 詳細をクリックしてご覧ください。
  •                         

ログイン画面を自動起動!

ED-S2/AをPCに挿すだけで、ログイン画面が自動起動(※)。わずらわしいアイコンのクリック等は必要ありません。
パスワード入力によってリムーバブル領域にアクセスが可能となります。

※Windows VistaではOSの仕様上、挿したUSBメモリーに対してどのような動作を行うか選択するウィンドウが出てきます(次回より自動起動するよう設定可能)

ハードウェアレベルのパスワードロック!

ログインするまではデバイスへアクセスできないので、内容の解析は非常に困難です。

パスワードミスは5回まで!

パスワードを連続5回間違えると、ロックがかかり使用できなくなります。パスワードを解析されるリスクを最小限に抑えます。

データは全てハードウェア暗号化!(AES256bit)

リムーバブル領域に書き込まれるデータは、コントローラーがAES256bitで全て自動暗号化。フラッシュメモリーをはがして別基板に載せてもデータの閲覧はできません。

高信頼のSLCフラッシュメモリー採用!

通常製品に使用されているMLCフラッシュメモリーと比較して10倍以上の書き込み回数を誇る、高品質SLCフラッシュメモリーを採用しています。

アクションログ保存機能搭載

ログイン・ログアウト・パスワード変更の履歴を、秘匿領域に保存。管理者ソフトウェア「SUManager」(別売)でユーザーの使用履歴を監視できます。
※閲覧は管理者プログラム「SUManager」(別売)でのみ可能。

ユーザー権限動作対応!

Windows Vista®/XP/2000 SP4のユーザー権限でも使用できます。(ソフトウェアのインストールは不要です)

英語表示対応!

日本語以外のOSでも、英語表示で使用可能。
※サポートは日本語のみです。

デバイスの初期化には専用プログラムを使用

標準添付の「SUReset」か別売の管理者プログラム「SUManager」で出荷状態への初期化が可能です。
パスワードミスロックがかかった場合、初期化すれば再度利用できます。
※内部のデータは削除されます。

ファイル暗号化ソフトウェア「QuickSecurePlus」搭載

リムーバブル領域に搭載されたQuickSecurePlusのアイコンにフォルダやファイルをドラッグ&ドロップすることでパスワード設定によるファイルの暗号化ができます。さらにQuickSecureEraseを使えばファイルの復元不可削除も可能です。

ToteBagシリーズ対応のQuickSecureとの違い

1. 暗号化したデバイスでのみ復元可能
 ファイルのみ盗まれたとしても、復元される心配がありません。

2. 元ファイル名を、暗号化時にランダムな文字列へ変更可
 暗号化する際にファイル名をランダムに書き換えることができるので、ファイル名自体の漏洩も防げます。

3.ファイルごとにパスワード設定可能
 一度に複数のファイルをドラッグ&ドロップした時にも、1つ1つのファイルに異なったパスワードが設定できます。万が一、1つのパスワードが解析されたとしても他のファイルを守ります。

4.実行ファイル自動復元!
 リムーバブル領域にあるQuickSecurePlusのアイコンを削除しても、次回ログイン時に自動で復元されます。暗号化したファイルを出先で復元できないという事態を防ぎます。

離席時の不正操作防止に!パソコンロック対応

USBメモリーを抜くことでパソコンの操作を不可能にするパソコンロックソフトウェア「パソコンロック」に対応。席を離れた際の、他人による不正操作を防ぎます。
※ 管理者(Administrator)権限をもち、且つ、本ソフトウェアをインストールしたアカウントでのみ使用可能。

各種ソフトとの動作確認済み

デバイス制御ソフトウェア「DeviceLock」

デバイス制御ソフトウェア「DeviceLock」
ラネクシー社「DeviceLock」は、企業や学校、官公庁などの組織内部からの情報漏えいを阻止するために開発された、デバイスのアクセス制御を行うためのソフトウェアです。クライアントPCごとにアクセス許可を設定することにより、フロッピードライブ、CD/DVD-ROMドライブ、USBポートなどのデバイスへのアクセスをコントロールできます。それに加えてローカルPC上での特定のデバイスタイプに対するユーザの行為の監視が可能です。

DeviceLockの充実した機能によって、個人情報や社外秘データなどの情報資産の不正な持ち出しや、盗難などによる情報漏えいを強力に阻止します。

※「DeviceLock」についての詳細はラネクシー社にお問い合わせください。

Sky株式会社製「SKYSEA Client View」

Sky株式会社製「SKYSEA Client View」
本製品はSky株式会社のクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」で動作確認済みです。「SKYSEA Client View」は使いやすさをコンセプトに資産管理・ログ管理をはじめとする情報セキュリティ対策に必要な機能が一つになったソフトウェアです。

ソフトウェア詳細および対応バージョン情報は下記リンクをご参照ください。
SKYSEA Client View詳細(Sky社ホームページ)
対応USBメモリー詳細

ヒトと地球に優しい製品づくりを目指します!

使用部材への指定有害物質の使用を抑制する「RoHS指令」準拠モデル。EU圏において策定された「RoHS指令」に準拠した、安全な製品作りに取り組んでいます。 ⇒詳しくはこちら

RoHS指令

Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electric equipmentの略。
EC95条に準拠した電気器具に含有する(1)鉛(2)水銀(3)カドミウム(4)六価クロム(5)ポリ臭化ビフェニル類(PBB類)(6)ポリ臭化ジフェニルエーテル類(PBDE類)の6物質の使用禁止の指令。
このページのトップへ
PC版を表示
注目コンテンツ続々【IOカタログアプリ】